05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

夢高き同士達と協力

挫けそうになった時、気持ちが焦っている時、ふとした瞬間にでも決断が鈍り始めている時にビジネスパートナーがいるということは大きな力となる。僕が目標を見失いかけている時に、僕のパートナーが冷静に分析し、その問題点を鋭く指摘してくれた。「今は資金面、税方面でたとえ話が中断していても、いずれやらねばならない問題を今の内に解決させ、よりネットワークを広げる時間を得たんだからチャンスだよ」と言ってくれた。経営者とて神の様に優秀でない限り、失敗なく、プラス思考で常にいることはできない。この3日間で僕のネットワークが格段に広がるチャンスを得たことはたしかだ。

今ある時間の中で、ボランティアメンバーとのコミュニケーションや、彼らが担当する営業面の確認をしながら、話がどんどん発展していき、今一番問題となっていた未使用の部屋の運用を手助けしてもらうことが決まった。新たに紹介してくれたメンバーやお友達がさらにアイディアを提供してくれ、それが僕のエネルギー充電にもなった。完璧~☆


そして、僕の起業のコンセプトには、「マネージャー、アーティスト達にとってビジネス経験を得、またアーティストの作品の宣伝など、様々な分野での活躍に向けて、大きなステップアップになれればよい」というのが狙いとしてあります。

企業がバックアップしてくれることによって、僕達は決して素人感覚で会社を運営しようというのではなく、もう1人前の仕事をしなければならない。逆に言えば、企業からの指示が僕達を一流としての仕事をさせてくれるチャンスを得ているということなのだ。企業と一緒にビジネスをし、税理士、弁護士、その他事業には欠かすことができないネットワークを手に入れた。これを今後NYで起業しようと思っている若者に提供することが次の僕の使命でもあると思う。アイディアはあるのに投資がなくて困っている人には、僕の知り合った限りでしかサポートできないけど、包み隠さず話そうと思う。

より多く起業をしようと思っている方と会いたいとも思います。彼らは同じように熱い想いをもち、ただ資金やネットワークだけ不足しているというケースが多いからです。もちろんタダというわけではなく、将来的な相互レベルアップを図ったものにします。世の中、タダほど怖いものはないですからね・・・
[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-20 09:16 | ビジネス会議・交渉