05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

一難去ってまた一難

素人が考えるような過信だけの起業は所詮ほとんど成功しないなぁ・・とここ最近実感中

どんなに情報を手に入れ、自分では完璧と思う仕事をしても、専門家から言わせれば穴だらけ。失敗するには必ず原因があると言われるが、言われてみて初めて気づいてからではもう遅すぎる。問題があると気づいていながらも、考えたくない問題が山ほどある。でもそれは最後に結局失敗という結果を招く大きな要因となってしまう。

最近、僕の仕事が無駄の多い動きをしていることに気づいた。確認作業を怠っているからかなとも思ったが、僕が知らないでは済まされない問題が多くなってきているので、僕の経験不足という新たな要因が浮上したのだろう。

起業とは「私がやりたいと思う仕事を実現化させるものだ」と思っている人がだいたいの認識だが、現実は忍耐と妥協をどれだけして、どれだけ元のビジネスのアイディアを保ち続けるかということだ。自分では10のことをやったら絶対に儲かる!と思っても、10のうち6は何かしらの問題を抱えており、こっから粘って2,3の問題点を解決させて起業という形になる。

僕が作ったビジネスプランには一応沿っているが、昨日は銀行口座開設で問題がおきた。法人の銀行口座の開設は1週間もあればできると人から言われていたが、足を運んでみれば、僕のビジネスカテゴリーは「投資」なので色々な審査を経て1ヶ月かかるかもしれない。今日はデザイナーとの契約におけるお金の流れとして、銀行口座がなきゃすべての計画を先延ばしした方がよいという決定が決まりそうなので、これも想定外の問題。

来週は税理士や弁護士と再確認の打ち合わせ、そして広告会社兼コンサルタントとのミーティング・・・すべて確認作業だ。あれだけ確認しているのに話せば話すほど問題点が考えられる。起業ってのはこんなもんかねぇ・・
[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-26 06:54 | ビジネス会議・交渉