05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

第一回総会議

コンサルタント兼広告担当の方が先日NY入りし、ここ2日急ピッチで僕のビジネスの総確認をしました。穴といえる穴をすべて埋める為に弁護士、税理士とみっちり合法性について話し合い、その都度計画に修正を加えながらよりよき戦略を練る。地道だが、会社というものがある以上、個人レベルで考えるだけではもはや成り立たない。恥ずかながら、僕の穴だらけの計画書をすべて埋めてくれました。

昨日はついに2大ビック企業の引き合わせを果たしました。どちらもやり手の実業家で、年は30前後、どちらも名古屋出身という面白い組み合わせでした。1人はNYで活躍するインテリアデザイナーY氏。日本で言うインテリアデザイナーのレベルとは全く違う、建築も空間デザインもすべてこなす超一流のデザイナーです。一方はマスコミ業界に精通した実力派。巷で有名なIT関連会社の繋がりがあり、TV,雑誌社と幅広く仕事をしている広告会社。その他、僕のビジネスパートナーで若手起業家の方、Web担当でもありこちらも若手起業を目指す方、インテリアデザイナーの最強パートナーが加わり、メインプロジェクトメンバーを集めたビックプロジェクト!?が実現したのだ。

会話レベルはさすがに高く、日本の名だたる企業と仕事をしてきた実績と経験が広告レベルの高さを伺わせる。一方で、Wホテルのメキシコやソウルをはじめ、世界で仕事をしているインテリアデザイナーの質の高さとコンセプトがこのプロジェクトの大きな力となることが分かる。それで経営者が僕・・というのは恐れ多すぎる。もちろん僕の後ろには父の存在があり、僕だけの信用力で彼らをひきつけることは不可能であったけど、これだけは自信にしたい!ということがある。プロジェクトをしっかり練って、計画書を何回も書き直し、何度もスピーチを繰り返して営業力を高め、観察力を磨き、間違いをしてもへこたれないで彼らと向き合ってみた・・と。う~ん、ただバカ並みにポジティブってのが前にくるけど、引け目があったらビジネスは絶対にできないと今は確信できた。

そして、何より僕は彼らと気がめっちゃ合うな~って思うのが所見なのだ。日本スタイルな真面目くさった建前だけの仕事は嫌い。仕事は仕事だけの付き合いにしとけという方も多いけど、彼らを見ているととっても楽しんでビジネスをしているように感じる。仕事とプライベートの区分けがはっきりしているってのがカッコいいなぁ。

Web担当のMさんが言った中で、「女性が起業する」ということについても、すべては実力という言葉が物語るんでしょう。インテリアデザイナー、ボランティアメンバー、Web、アロマセラピスト、石鹸部門、僕のプロジェクトには半分以上女性がいるというのも新しい風となるのではないかという期待があります。女性は結構自分の趣味を仕事にして起業するケースがあり、その多くが失敗します。それで女性が仕事に向いていないという見解が通ってしまうのが非常に残念でもある。つまり、どんな商品を売るにも、金を管理する人がいて、営業かける人がいて、人事を管理する人が必要になるからです。男女が仕事を分担することが最強の経営法であると僕は思っています。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-30 02:19 | ビジネス会議・交渉