05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

自分の無力さと経営の実力

今朝、広告営業兼コンサルタントのK氏がNY入りした
僕は今回少々ミスを犯したことで、逆の意味で僕の実力をみんなに分かっていただけただろうと思っている。むしろこのまま僕が順調に事が進みすぎていたら、営業開始後に多大な損失を生むところだった。どんなに情熱を傾け、自分なりの企画書に自信を持って仕事をしてきた所で、起業1年目という壁は誰もが通る困難の始まりだということを身をもって味わった。つまり、穴だ!経営に失敗することは専門家から言わせれば「必然的に失敗すべきビジネススキームであった」というのは悲しいことだが現実だろう。つくづく勉強させられました。


ビジネススキーム(ビジネスの骨格)経営の5P
経営の合法性(企業の信用力、他企業と合法的にパートナーを結ぶ)
ターゲット・マーケティングの確認(実際の広告戦略においてはっきりしたセグメント獲得を狙う)
ビジネスプラン計画日程表(いつ誰が関わって、どう動くか)
会計の勘定確認(損益分岐点計算、すべての収入予測、支出をエクセルに出す)
差別化(同じ業種の情報をすべて調査し、競合企業を特定する)

内部の経営(パートナーに誰がいて、どう利益分与し、どう今後の経営を行うか)
内部報告(投資家やコンサルタントにすべての計画プラン、情報を協議し、戦略につなげる)
法人化への有効性(法人化することの有利・不利を検証)


そして一番企業として存続する為に必要なのが訴訟対象、従業員との関係を協議することだ。

日本帰国時にすべてを新たに調べ、一つ一つ形にしていくという面で、すぐにGOサインは出せない。この企画で儲かるか儲からないかは、時の運にもかかるが、すべてできることをせずに起業してしまうのは余りにも損かな。

我思う、無力。。だが、無力を認め、きちんとアドバイスを受け取り、一流の経営を模索することも楽しいと思わねばいかんかも。無意味な自信は破滅だなぁ・・・
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-14 11:17 | ビジネス会議・交渉