05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

覚悟と吹っ切れ

このブログを毎回読んでくださる方、どうもありがとうございます
このストーリーは常に最前線でビジネスを始める僕の気持ちを余すことなく書いていこうと思っています。このビジネスが成功するかどうかは皆さんの興味あるところでしょうけど、もはや金銭的な成功がビジネスではないことを伝えていきたいです。この3日、コンサルタントK氏がNYにいる間、もはや書ききれない程学んだことは多く、最前線で戦う一流ビジネスマンの本音を身をもって味わいました。僕に一番足らなかったもの・・・・それは覚悟でした。

精神的になんとか正常に戻りつつある僕ですが、これから俄然やる気になっていることはビジネスパートナーとの結びつきの強化です。以前はボランティアで仕事をやってくれる仲間が仕事のコストパフォーマンスと信頼を強化するものであると思っていました。今は金銭的な享受を通して、僕はパートナーの仕事を認め、対価を交換し、裏切りのない関係を築くものであると思っています。パートナーが僕のためにやってくれるすべての事をきちんと理解し、すべて箇条書きにあげた上で値段交渉をします。金銭的な価値以上に本当のパートナーとして頑張ってくれることに男の感動を覚えました。所詮タダほど怖いものはないということでしょうか・・・。

次にパートナーとの結びつきの確認も大切です。友人の紹介というだけではまだ仕事を一緒にすることに大きな危険があります。つまりその人の都合でやっぱ止めたと言った時に僕は何の保障もできないからです。逆にパートナーが、僕以外にも様々な仕事で僕と関わりがあり、裏切ったらその人のビジネス生命まで失うというものが伴ったとき、人は真剣に自分の仕事をするということです。金銭的な享受は責任と義務を見える形にするので、今後僕の運営スタッフとなる方々にはしっかりと金銭を渡します。これは経営者とパートナー、スタッフの信頼関係を一番理解できるものだからです。

そして、金を惜しむべからず。信頼できるパートナーには信頼の価値だけ対価の提示をすること。価格は最終的にお互いの合意によって成り立つが、ビジネスを立ち上げた以上後ろめたい気持ちが少しでもあるとよいものはできません。

最後に、僕が今回感じたもっとも為になったこと、それは「起業の先輩を見習え」です。目から鱗ですよ。つまり、起業はよい部分だけを聞けというわけじゃありません。逆に「なんでこんなにしつこく些細な問題をくどくど挙げるんだろう?」と疑問がわくものに対してとにかく注意して耳を傾けることです。違法経営をとことん注意されました。僕は「まぁお客にも安いホテルはいいし、こっちも税金や諸経費にかかりすぎる経営は収益がでない」と思っていたことがありました。だが、コンサルタントはとにかく「保証、規約、合法、従業員への保証」等等、福利厚生費を充実させよといいました。つまりこうです、会社の基本は「資産を守ること」です。違法経営ではお金を稼ぐことが第一となる為、何かトラブルがあるとオーナーは何も対処できません。またお客が訴えるとオーナーは自分の今まで稼いだお金をすべて失う危険性にさらされます。よって違法経営では危険性がかなり高いといえるでしょう。合法性にさせる為に当初の諸経費の倍近くになりました、、これが経営なんでしょう。

僕は疑問に思いました。なんでこの方は@@にこだわるのだろうか?答えは「一度失敗した経験に対して同じ間違いは二度としないという覚悟」です。一つの違法性があった為、外交問題に発展するくらいの規模の事件となった日系企業のケースがたくさんあります。それを教訓にして堅実に稼ぐことが精神的にも堂々としていられる。「不動産屋と契約するときは一人でいくな!」。次僕がいうとしたら、これを「おめぇ~ひつこいよ!」って言われるくらいに注意するでしょう。僕は不動産屋とのトラブルで必ず契約書への必要以上の注意、レシートのコピーを必ずもらう、相手に飲まれない!これで僕がどんな失敗したか皆さんには分かるでしょうが、失敗は成功の素ということですかね。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-16 22:12 | 僕について