05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

起業丸秘業務・7月総まとめ

久しぶりに5月の頃のブログを読み返してみて、改めて過去と現在で得たものがすごくたくさんあることが分かりました。何気なくこう書くブログが僕の起業過程そのものであり、理想と実践の狭間の中で苦労しているものが何なのか分かります。特に僕のような起業1年生にとって、決して独りよがりで会社運営などできないし、法律や秩序を守る為にお金も色々かかります。予想外の出費に戸惑う時もあったし、パートナーたちと意思疎通が足らなくて失敗したこともありました。今日久しぶりに会ったパートナーの一人から「なんかやり手になってきたね~」と言われて少し嬉しかった☆だとしても、今はお金以上の強いパートナーや、一流企業からの投資と信頼、アイディアと法的ガードの強化が何なのか曲がりなりにも経験しています。

営業開始延期の理由に会社内部での意思疎通確認という問題が一つありました。パートナー、広告会社コンサルタント、デザイナー、現地広告、写真家・・等などが主に経営陣と呼ばれています。正直これだけの関わりある人のしっかりとした意思疎通、営業確認、状況把握をしっかりせずに仕事を開始しようとしていました。自分なりに何回もも文書化し直し、計画表を随時更新しながら確認していたので、誰もがある意味ほったらかしというありがた迷惑な問題がありました。また、自分で何もかもしすぎて、他人の力を借りなかったという問題もありました。要は代表だからって何でもでしゃばってやったり、できる作業をすべてやろうと思うと他人が入り込む余地がなくなります。お山の大将が動きすぎてはダメということを始めて知りました。すべての決定権を持つが自ら交渉の場に立つのではなく、横にマネージャーを置いてコンビネーションとして動かねばならないのです。つまり、若手刑事と親分刑事の強弱つけた交渉というんでしょうか、これが非常に大事でしょう。要は相手に自分の弱みを直接握られないようにする、王将を守るという金の役目を認識して連携し、対価を分配して、パートナーの動きをしっかり評価することです。

営業開始第二の遅延理由にお金の流れの把握です。つまりお金は賢く動かせば大きな節税対策と、お金以上の仲間の信頼を手に入れられる・・と思います。パートナーへの給与額は、それ以上に活躍の場を設けておき、情報をできるだけ集めることです。お金を使う時に使う、これは非常に難しい、、これには何回も失敗しました。しかし、良作はいくらでも転がっていますね・・自分の財産から投資していると必要以上に痛手と精神的苦痛を感じてしまう。僕がいえること、それは同じ100万円があるとしても、一方は実費で100万円同価の札を払い、一方は50万円を実際に払うだけで済む・・投資の種類によって同じ起業でも少し楽な起業に持っていけるんでしょう。

第三に宣伝広報をたくさん集めておくことです。すべて宣伝も広報もロジック(論理的)があります。マーケティング専門の広告会社があるかないかで売れるものも売れない、モームスの保田圭でも売れるんです(いいすぎ!?あら笑)。これは今後のブログの中で、僕が体験した広告如何を自分の目で見て書いていきたいと思う。企業秘密はあるかもしれないけど、それを抜いてでも十分価値のある報告にできればと思います。

第四に足並みを揃えた計画表の作成と収益目標の提示、未来予想をしっかり想定することです。ビジネスは株のように一発儲けの仕事ではありません。ビジネスパートナーと信頼をつないで次のビジネスに繋げるのが何よりも大きいものであると気づかされました。損益分岐点はまだまだ厳しい、少し間違えばまだまだ撤収の可能性もあります。十分色々学んだとはいえ、みなにいい形で次へつなげたい・・・これは誰もが望むこと。

アイディアが生まれればまた新しいビジネスだってできる。有能なパートナー陣がいれば次ができる!弁護士、税理士を含めて、誰もが僕のビジネスの他にも関わりあるので裏切りを必ずしない人を選ぶ必要があります。これは経営陣から最近厳しくいわれています。。皆、一回り離れた人たちばかりなので敬う気持ちを常にもっていきます。たとえ社長とよばれようが現状は厳しいもんです、、はい。

最後に、マーケティング調査を繰り返し、企画書を何回も繰り返し書いてきている僕は忙しいとは言いながらもしっかり楽しみもあるし、お金で買えない経験と学校以上に教えてくれる先輩たちによって支えられています。アイディアはたくさんあるけど、経営陣に法的問題や信頼の問題でぶっつぶされまくっています。悔しいとは思うけど、もっといろんな企画を取り入れてダメなことは絶対にありません。僕の余裕が生まれたら、色んな企画をサポートし、次のアパートメント企画に参入させる仕組みも考えていきます。アイディアは無限にみんな持っていますし、会社の運営さえ伝授すれば大きな信頼関係を結べると思っています。がんばっていきます!!

これからもいいものを書いていきたいし、このブログを見てくれた人が将来ニューヨークに会いに来てくれたりしたらすごく嬉しいと思っています。いずれ何かの雑誌や広告、もしくはウェブサイトでお会いできる日を楽しみにしています!
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-23 12:09 | ビジネス会議・交渉