05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

夢がある人は幸せだ。それを叶える為の道を探せるのだから・・

僕は夢を持っている人が好きです。

自分の夢さえ持っていれば、それを叶える為の道を探せるのだから人生すごく楽しいはずだ。夢を実現する為に何時間も我を忘れて情報を探し、成功例を見つけ、明確な道順を自分で計画する。何もないなかから自分の生き方を見つけるほど苦しいことはなかったと僕は記憶しています。もちろん僕も21歳の時から自分探しを始め、大学卒業22歳まではとにかく人の生き方を本で読んだり、調べたりしました。

僕は元々経営者の家系でしたが、そのまま平凡に継いで、幸せに事業を続ける自信がありませんでした。この混沌とした日本の世の中、やること何も失敗なくすべて成功でよかったね~なんて語れる人は本当のインチキだと僕は思っているし、自分が気がつかないだけで周りは哀れに思っているケースが多いのだろうと思います。むろん、それでも事業を継承すれば、決まったことを続けていけばお金には困らなくなるのかもしれません。しかし、逆に自分の人生見直して、自分が本当に幸せで、満足だ~って思う人は多いだろうか?皆、無いものネダリです。

金があるやつはいいなぁ~、彼女いるやつはいいなぁ~、なんて自分に無いものを人が持っていると羨ましいものです。僕は逆に親の事業をすぐに継いだら、自由に遊んでみたかった、恋愛結婚したかった、違う自分を発掘してみたかった、きっと後悔だらけかもしれません。自分にとって、僕が妬まれる理由のものは何もありません。やりたいことをやる、夢を持ってそれを探してみる、それができるように周りを説得したりする、そのすべてが膨大な時間と努力の結晶となるんだと思います。

確かにそうだなぁ~と思った方はたぶん、次にじゃあどうやって叶えるの?ってなります。答えは「すべて時間の管理」でしょう。毎日忙しくて考える時間がないという方、週末一日喫茶店に篭って10時間くらい座ってみたらどうでしょうか?やみくもにやらねばならぬ仕事を一日中考えて中途半端に仕事してないでしょうか?1時間でも自分の今やらねばならぬことを整理したら、1日24時間の中で寝るのが8時間、残った16時間のうちバイトと食事で10時間省いても6時間がすべて喫茶店で色々考えられる時間になります。答えを自分で見つけるための努力をすれば、だんだん自分の現状も見えてくるんでしょう。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-08-13 06:31 | 僕について