05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

運営パートナーNY入り!

明日はいよいよ我が父と経営コンサル兼広告会社様のNY入りとなる。

家具の搬入作業は中盤まで進み、在庫チェックと在庫管理がメインとなっている。案の定、発注確認を取ってみると搬入ミスが一点あり、明日UPSとお店側に確認を取らねばならない。こういっためんどくさい作業もすべてやっている・・社長一人で切り盛りは本当に辛い。。

さらに来月オープンを控え、法律関係、ホテル&雇用保険、パートナーとの契約事項の最終チェックがあり。これは経営者として必ずしておかねば、信用と事業拡大の支障となる一番の原因だ!トラブルは外部からではない、内部で起こるんだ!!を常に意識し、パートナーがどれだけ会社のタメに尽くしたかを社長は常に把握しておかねばならない。その為にドキュメントを何枚作って時間をどんだけ費やそうが、必ず最後に信用を勝ち取るのは下準備を整えた者なのだ。ってーこれは何度も言ってきたことか。意外に巷に出回る経営本で書いていないのにはびっくりする。

そしてあさってにホテル計画最終段階のプレゼンテーションを社長(自分)自ら報告。広告の手段・業者、適切な用語、写真等、今後どうわが社が成功への道のりを歩んでいくかを広告会社は一から組み立てていく。正直自分の口からはいえないが、論理的な広告手段ってあるもんなんだと思うしかない。ここに投資家、経営コンサル、広告会社、ウェブ会社、デザイン会社総出で意見をバトル!どんなにいいものができるのか今から楽しみで仕方ない。


そ~して、今日やっと我が運営パートナーの一人が日本から戻ってまいりました。今までNYにいて魅力ある学生にはたくさん会ってきたが、僕の片腕となる彼は、僕とほぼ同じ経歴を歩んできている。有名大学卒業ってわけでもなく、ビジネス経験的にもない、僕の2つ下22歳だが、彼にも経営者としての素質を磨いてほしいというのが何より願いであり、楽しみでもある。僕は人事に自信があるなんて大層なことは全く言えないんだけど、人を見る目として常に僕は、「責任力があるやつ、情熱があるやつ、適切に物事を伝えられる能力があるやつ」に目を向けている。特に責任力のあるやつというのは1時間程一緒にいればすぐに分かる。人のせいにしたり、人の悪口をいうやつはすぐに自分自身のボロを出す。日本の社会ではなかなか責任力という分野が若い頃には育たない(いつも上司がおり、責任は分散される)のだが、そう訓練されてしまったらオシマイだと思うのが僕。自分が失敗したもんはどんだけ理由をつけようが自分の責任だよ。

「物事を的確に伝える能力がある」という分野に関しても学歴社会なんてものは全くない。状況判断がすばやくできて、的確に相手に自分の意見を伝えられるなら、最低限議論が成り立つ。ペーパー一枚でも書けねば、ビジネスも先へ進まない。ん~~あとはポジティブに情熱を捧げようー!ってことかな。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-08-20 14:08 | 自己啓発・経営哲学