05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

NYの諸事情

NYは本当に狭い!というのが初感。

現在NY暦2年、お陰様で色んな業種の方とパーティーや学校でお友達になったり、最近では異業種交流会や仕事上のお付き合いで駐在仲間やビジネスマンと知り合いになる機会が多い。そして「NYでは悪さできねぇなぁ」っていうのが最近思うこと(泣)。

先日も知り合いのお別れ会に参加したのだが、NY暦4,5年という方々と話していると必ず知り合いの話になったり、噂で聞いたことのある人物の話になる。特に威勢のよい若者連中は噂の渦中なやつと思ったほうがいい。世界中どこだって日本人はいるし、ある程度縄張りってーもんがあるのかもしれんけど、話によると「日系の人脈」というのもビジネスには重要な要素を占めているのだ。いやはや、おいらはまだ在米2年目の若手なもので、先輩のお話は素直に聞いているんっすけどね、笑。自分のテリトリーとして学生、不動産系、大使館系、新聞系はかなり拡大路線っぽくなっているのだけど、やはり日系の大本営、日系人会や芸術系の大元は何かと耳にすることも多く、広げてみたい分野である。

最近は意外と年上の人と飲むことも多く、企業側と学生側をつなげるような役割をしている。元々NYに住む日本人の団結力が薄く、お互い避ける傾向にあるんだが、改めて日本人同士の共闘や、日本人の雇用創出に力を入れていきたいと思うのが本音。実力ある学生なんてゴロゴロしているし、そんな彼らでも就職せずに日本へ帰れば厳しい現実が待っているのだ。ある意味意見のはっきりいえるすばらしい人材がたくさんいるのに、企業側に雇う能力がないというのは本当にもったいないことなのだ。逸物ある人がNYで成功を目指してやってくることを考えてみても、しっかり勉強もしているし、本も読んでいるし、考えももっている。少なからず、自分のNYでできる役割、雇用創出という分野で今回のプロジェクトを進めて生きたいというのがロングスパンでの目標!

さて、我が父と広告会社の方がNY入りした。我が片腕の相棒もNY入りした。この2,3週間で大詰め、開始の狼煙を上げることになりそうだ。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-08-21 13:59 | NYの話題