05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

NYのホテル・いよいよプレオープン開店

いよいよプレオープンという形で本業がスタートします。

d0039762_339426.jpg
未だウェブサイトも構築中、規約翻訳作業やペーパーワークなど僕の業務も書類の山の状態で・・・でも資金的な問題でスタートせねば枯渇してしまう・・泣!初日から3名のお客様が1週間滞在、その後も6日の某雑誌社の方が宿泊とのことで、運営側兼務の僕としてはか~なりきついっす・・・。プレオープンなので、価格も値下げし、TVやデコレーションの一部が不完全の為、写真撮影もできません。在庫の発注もこねぇし、シャンデリアは運送途中にぶっこわれてつきかえさなきゃならんし・・・この膨大な仕事量は・・・楽しくてゾクゾクしちまいます。。ふふふ。

2号店拡大へ向けて只今同じ意志をもった若者を探しているところ。つまり、次号店は僕の従業員が店長となり、僕がやった起業の作業を全部やってもらいます(過酷!)。起業のノウハウは実際に本人が体験しなければ絶対に分からないと確信しました。口でいうより、体で覚えろ、自分で作り上げるホテルが楽しいと思えれば無心でできます。あくまで僕も若者への経営者育成の信念で、次店舗では僕がサポートしていく形でマネージャーとしての素質を磨いていこうと思います。な~んてかっこいいことは言いますが、20代でこんな体験ができるのも楽しい♪お金っつーもんだいがクリアできれば可能性は無限に広がりますね。

もちろん、従業員には将来的にH-1bビザを発行しなきゃいけません。株式会社の本領発揮といえばこんなビザや資金調達の強みでしょう!まーその時には次店舗に従業員が住み込みという形になり、家賃はすべて会社側がサポート、その時には従業員が新たに雇用した従業員を育成するという形で、スモールビジネスながら社長業の仮想体験ができるものである。

できればNYで生きたいと思っている若者が今は必要。僕はいずれ日本とアメリカを往復する生活になるだろうし、その為にも優秀な現地社員を多く作らなければならない。言われたことしかできない社員はアメリカでは何の役にも立たない。将来の自分と会社という明確なビジョンを常に2,3年後考え、目先の困難だけに囚われては勇気を失う・・・そんなことも今回のビジネスで学びました。今は女性のパート(より接客が上手な方)、正式採用できる20代前半の方を考えている。接客業がうまく、責任力がある方がいたら皆さん紹介してください~☆
[PR]
by aaandy0221 | 2005-09-01 03:38 | ビジネス会議・交渉