05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

NY流ホテルの運営

カテゴリーに「ホテル運営」を加えちゃいました。

まだ大きく広告は出していないけど、友人・知人・関係者の評判は上々のようで、現地関係者側では価格とサービス帯も他社とは全く違う、プライオリティーの高いものに仕上がりそうです。ただ、生活感が出すぎるとデザイナーさんに殺されそうなので、そこはニューヨークスタイルのラグジュアリータイプデザインを前面に押し出していくつもりです。

ホテルの経営側と運営側に携わって、資金管理と法整備、運営マニュアルを一気に作り上げる作業は相当大変だったけど、それに似合ったお客さんの反応が一番今後知りたいところです。パートナーからは、かなりANDYホテルだよ・・・って言われてしまってます。僕自身のNY情報はこの2年でかなり増し、NY流の生き方ってのかな、そんなのを語っているのも大好きで、この前はお客さんと最終的に食事まで行くことになってしまいました。世界的な雑誌社さんということもあり、自分自身もよいお話が聞けたなぁと思うし、向こう側もNYの情報を色々手に入れてよかったーって思ってくれればいいなぁ(願望)。

d0039762_14275763.jpg
ホテルとの違いはやはり、共用スペースってのがあって、お客さん同士でお話できたり、オーナーと情報交換を日本語で行える利点があります。特にすぐにトラブルとなりやすい海外では、日本語での案内がやっぱり一番助かる。そんな風に思うのは僕も旅が好きだったからでしょうか。NYは本当に面白い経験をしている人たちや、一流のビジネスマンが集う街ですので、お話を繰り広げるだけでも相当な勉強となるでしょう。

今後考えるべき点としては・・・ひとまずオーナー色が出すぎるってのはまずいかなぁ。やはり次期店長候補のH君も含めて、質の落ちないサービスをどんどん拡大させていく方針にしなければならない。その為のNY流サービスと経営をマニュアル化するのが現プロトタイプ版M New Yorkでの目指すもの。NYのアパートホテル事情では、オーナーは結構管理放棄スタイルが多い(近くに住んでいない)んだけど、それはまたトラブルが発生するし、かといって、住み込みをするとなると拡大が見込めないのが現状となっている。つまりよい質のホテルを広げる為には、業務分担、経営統括、専業化が好ましい。う~ん、おいらは接客業に回りたいのだが、難しそうだ。

一応、オーナー候補を育てる為に、M New Yorkから自分で経営者を育成していきたいというものはある。んで、オーナー候補には次店舗のプロジェクトマネージャーとして全指揮権を持ち、僕はサポートに回る。資金面は投資家の補助を得るが、運用は店長の役目。よい人材をどう動かすかとかも学ぶべきところ。(従業員にお金を使いすぎるとオーナーの給与が減る形・・シビア)、、、でもオーナーは会社から支給された部屋とビザサポートを与えるので、魅力は多い。但し、経営幹部陣は一流のビジネスマンがいるので責任力がないといけない。

いうはやすし師匠だけど、実際は無給の仕事も多い。満足は金で求めると辛いっすね・・笑。でも、自分達のホテルに一つ一つ物が増えていくのは嬉しい。


d0039762_1424466.jpg今日はフラットTV10万円を買っちゃったのだ!贅沢贅沢♪
[PR]
by aaandy0221 | 2005-09-12 14:00 | ホテル運営