05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

夢と希望の街

自由と希望を求めてニューヨークへ

毎年ニューヨークには多くの観光客が訪れ、皆その光り輝くネオンと自由の息吹に心を躍らせ、またここへ戻ってきたいと願う。僕にとってはニューヨークは現実世界となり、自由だけじゃ生きられず、中途半端さは絶望へと導く恐ろしい世界であることを知った・・・。と、そこまで驚かせるつもりじゃないですけどね、僕は少なくともNYへ来て、2,3回は自分の将来に迷い、勉学で死ぬ思いをしました。ニューヨークでの生活は恐ろしいほど金を使い果たせ、勉強で結果が出ねば日本へ帰らねばならず、ケチると地獄を見る・・日本が恋しくなります(笑)。100円ショップは安かろう悪かろう、安いDELIは食品が腐ってる、安い業者に頼むと荷物すら届かない・・まじ、安全をお金を買う世界です。逆に高ければ何でもよいというと、日本人の感覚からすると、そこまでのような気もしないので・・・まさに「中」がないようです。

「中」といっても、人それぞれ価値観が全然違うので、どれが安くて、どれが高いという指標も、日本のように「常識」はないです。@@があって当然という考え方も、日本を出た途端にすぐに気がつくと思います。まぁ、僕は日本人だし、日本人と話をしている分には価値観の差がそこまで出ませんが、米系のマーケットは日本人の感覚と全く違うところで指標が決まっているように思えるときがあります。逆になんで_?って考えるきっかけを与えてくれるかもしれませんけどね。

久しぶりにちょっと仕事以外の話題を出しましたが、昔話を友人としている時に、ふと初めてNYへ来た頃を思い出しました。。。最近はどんなに苦しい事があっても笑い飛ばして大きく物事を見れるようになってきましたが、ニューヨークの1年半は夢と現実の境目を彷徨っていました。去年の今頃は勉強もTOFLEが上がらず、我武者羅に語学学校と資格学校に通いながらインターンをしていました。帰ってくる部屋は日の当たらない5畳の部屋で、ニューヨークの孤独と重圧にこの世の地獄を見ました(詳しくは述べません)。僕のような生き方は決してベストなものではないと思いますので、人によって判断はまちまちでしょうが、分かる人は経験を共有して頂けると幸いです。(英語の勉強は忍耐と継続なので、点数に拘らず、楽しみも残しておくとよいかもです。)

最近は大学院で自分のやりたい教科を勉強でき、お陰様でお仕事も会社として経営をしております。僕を見て、夢と元気を感じるとしたら、僕のNY生活どん底話を聞くと皆さんの夢を叶える為のヒントがあるかもしれません。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-10-20 14:13 | NYの話題