05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

インターン以上に同志として

ニューヨークでチャンスを掴む!その一つに「インターンをする」という選択があります。ただ、巷で聞く話の中には、インターンをしても雑用しかできない、もしくは学校の単位として適当に仕事をする、といったものが多々あります。私が思うに、インターンを受け入れる側(企業側)の意識も低いのですが、インターンをする側の意識も曖昧なのが原因の一つのように思えます。インターン上がりの僕としては、インターンの今までのイメージを払拭するような新しいムーブメントを作ってみたい!とまぁでっかいことを吹いてみようと・・思います(笑)。

インターンにとって最適な仕事環境とは?
僕は今まで2つのインターンをNYでやってきました。2社とも創業時、もしくは小規模の会社でしたので、雑用はかなり多かったですし、その分苦労をみんなで味わいました。学ぶ側からしたら、普通に「学ぶものは何もないか」と思う人もいるでしょうし、逆に「企業の中が色々見えて面白い」と思う人もいるでしょう。ただ、立ち上げ時は、インターンを受け入れるマニュアル作りに苦労するのも経営側の悩みの一つでしょう=何をやらせて、何を学んでもらうか明確に指示する(これは僕も同じ経営者となって、初めて分かる事です)。指導内容よって逆に仕事が増えてしまう場合も多く、時間もかかり、それで雑用しか頼めないというのもほとんどの企業が抱える悩みです。昨日会っていた、建築系の経営者さんとこの話をしました。

相手の立場になって考える、これがどんな時も必要かもしれません。僕はインターン時に、雑用が多い中でも、逆に経営者が何を考えて僕に指示するのか調べてみました。途中、雑用ばかりで辞めようか散々悩んだ事もあったけど、今こんなに色々学んだかと思うと、これがインターンの学ぶべきものだと確信しました。

僕は現在経営者の立場として、今までのインターンの経験を得て、逆の立場となりました。でも僕は同時に学生でもあります。最近、従業員H氏も、インターンの皆も色々アイディアを出してくれ、仕事を一緒にこなし、すごく感謝と力強さを感じています。今一緒にやっているインターンの人にも時々話すんですが、今後のうちらの仕事の内容のシステム作りをインターンでありながら要求しています。ハードな要求に燃えてくれると嬉しいです(笑)。もちろん、今後は様々なインターン→運営候補生をどんどん作っていきたいと思います。責任力があり、こんなM New Yorkを支えてくれる方々を求めていますので、何か少しでも興味がありましたら僕に直接メールをくれると嬉しいです。

M New Yorkのホームページ
[PR]
by aaandy0221 | 2005-11-05 11:12 | ホテル運営