05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

経営の悩み

仕事は常に時間との戦い。給与は働いた分への対価。実力は仕事への成功度で図る。

どれも最近曖昧だと思い始めています。っていうかわかんない・・・。仕事は考えればいくらでも生まれる、給与はいくらが多くていくらが少ない?実力って何?成功って何?

経営をしながら会計バランスを見て、スタッフへどうやって仕事へのインセンティブ(やる気)を与えるか?それに似合った給与を支払うか?基本的な会社運営だと皆さんは思うかもしれませんが、立ち上げ企業にとって、収益の中からどう給与を支払うのかはかなり難しい問題です。人一人の生活をすべて保障できるほど無茶な経営は最初にできないというのが現実。また、給与が仕事への評価だとしたら、いったいいくらが満足できる金額なのか?結局、お金とは数字であり、人はある程度数字に満足するしかない。

起業は一人でできるかもしれませんが、所詮個人レベルになってしまいます。個人レベルでできる仕事ならば個人経営店でいいわけです。企業として運営するためには資本力、将来目標、そして給与の基準を明確にする必要がありますね。収益が安定しないうちはやはり給与も変動しがちです。仕事量とお金はそういう意味で均等ではない。

これを乗り越える解決法は何なのだろうか・・・。まだ見えません。


それとは別に、最近お金以上に仕事へのやる気を起こすものの一つが見えてきました。それは満足度・・感謝の気持ちです。とある親友と最近バトルをしたのですが、彼らが自分に教えてくれたもの、それが感謝の気持ちです。友達だって仕事だって人間同士の信頼関係が重要です。日々の忙しさで、ありがとうの気持ちさえも忘れかけていた自分は本当に情けなかったです。でも素直に受け入れる気持ちはどんなに大きくなっても忘れたくないもの。その先に見えるものは本当の信頼なのでしょう。T氏はどんなことがあっても親友と呼べる人です。

その親友との経緯を通してビジネス仲間に色々連絡。「何よ今更改まって~」と皆には言われたけど、誰も嫌な気にはならないし、同じ仕事を同じお金でするにしても、当たり前としてお金を受け取るか、やりがい感じてくれるか、大きな違いです。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-11-20 10:56 | 僕について