05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

自分の未来2

夢に熱い昨日の自分、今日は現実の自分、明日は一つ上の男を目指し(笑)

答えはNOだ!

人生何かを決断する事は必要だが、そこにリスクと危険性が高すぎては、ギャンブルとなる。爺さんの見識力は本当にすごかった。だが、昨日の時に見落としていたものが今日見えたと同時に自分の弱さをそこで見た。自分自身が実験台となった価値はあった(笑)。

彼の知識はかなりあるが、逆に僕が見た彼の本性。政治家を嫌いな理由は、彼自身がビジネスに失敗した理由がそれだからだろう。本物か、偽者か、自分で気がつくかどうかを正直に見つめなきゃ自分は変わらない。第一ステップ、人を見る力はあった。第二ステップ、プランニングは理論的に筋が通っていた。第三ステップ、彼が僕にどうしてほしいか、それも分かった。第四ステップ、彼がどう僕をサポートするか、ここに矛盾点を感じた。彼の信用性がない・・と同時に彼の仕事の経緯も少なからず見えた。彼にもう一度チャンスがあればそれなりに成功するのかもしれない。ただ、彼は一度ビジネス界からは何かの経緯から去らねばいけない理由があったのだろう。僕が彼に自分の時間の一部を賭けてみる価値はない。

彼がビジネスに一度失敗した如何を問わず、経営者として長年従事してきた目力と透視力は見事なものだった。そんな意味で、僕は何か恐ろしい現実を見たような気がする。現実は実力やアイディアがあっても成功できないものがある。政治?経済力?人間関係?資本主義の現実がここはある。僕のアメリカ社会での勉強はまだまだ続きそうだ・・・
[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-12 06:21 | 僕について