05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

自分自身で過ちに気がつかねば本当に変わらない

成長に失敗を恐れてはいけない!

それは分かった。ブログはいい意味で僕自身が第三者となって自分の考えを評価できる場と思っている。失敗は恥ずかしいものでもある。許されない失敗もある。失敗が自分の致命傷となってしまっては未来も絶たれてしまう。つまり、失敗が致命傷となっている場合には自分自身で失敗と気がつかずに事態が悪化したと考えるのが妥当だろう。自分自身で過ちに気がつかねば本当に自分は変わらない。

第三者から見れば、先日のブログで紹介した老人の話は「詐欺師」の一言で片付ける読者もいるだろうし、本当にアメリカンドリームへの切符を手にする一歩かも!?と思う方もいるかもしれない(笑)。経営的に成功した後に「俺の分岐点はこうだった」と講演する成功者は五万といるが、本当に分岐点に差し掛かった時に自分がどう考えているか、それを説明するのは成功してしまった後でもできないし、成功する前もできない。

今日は一つ、この老人との結末を話そうと思う。
というのも、このスタバでこのブログを書いている時に、老人当事者が現れてストーリーが繋がったからです。僕が見た彼の印象がまさしく彼そのものだった。

彼との話は詐欺であれ、一時的な英会話だったにあれ、貴重な僕の体験になったことには違いない。彼は僕の席に座り、「自分は明日アップステイトに戻るから住所と電話番号を教えるね」と言ってきました。僕はずばり彼に尋ねてしまった。

「本当に楽しい会話だった。そして貴方の言う、マンハッタンの大きなビルの建築計画に携わってきたマネージャーという経験は目を見て分かる。そして失敗は誰にもあることだと思う。僕も会社を運営してきて数々の失敗をし、人は失敗を経て成長する。なんて尋ねればいいか分からないが、失敗をして今どん底という感があるよね?」

そしてついに彼は「I will tell you honestly」(僕のことを正直に話したい)と言いました。自分は大きなプロジェクト(数々の有名なビル等)に関わってきたが、ある大きなプロジェクトに失敗してしまった。それは「長年連れそう女性」だ。彼には今も忘れられない人がおり、昔ブロードウェイで名前のある女優さんであったという。見れば、彼も今は53歳というが、顔はイケメンだった。体からは少し麻薬の匂いを感じ、体が衰弱した感があるため、僕は初老の男性としか思えなかったが、うちのオヤジより若いのかとその時びっくりしてしまった。僕は言った。「男は常に孤独を感じ、最愛の人を求めて人生をかけて旅をしている」「女性を見つけるのに年齢も病も関係ない、一生かけて見つけるんだよ」と。

彼はいった。「もう一度業界に戻って仕事がしたい」。だが、この世界は「boll sit」(クソ食らえだ)。僕は彼に仕事においても何かの失敗を通してすべてを失う事情があった、そこに女性が関与していることも分かった。彼はある意味で世捨て人ではあるが、いいものを探してアップステイトからマンハッタンへと1週間ほど旅しに来た人だった。僕は言った。「人間はポジティブとネガティブな一面を持っている。人生終わりと思って感傷に浸ればそれも一つの人生、次を見つけるために変わるのも一つの人生。それは自分の信念一つである」と・・。僕自身も思う、自分自身で考えを改めなければ本当に変わらない。

僕と彼の今後の関わりは誰にも分からない。彼はすごく高級地区に住んでいるのは驚きだったが、麻薬と酒に溺れている現状をどう改善させるかは僕の知るところではない。一歩間違えば詐欺師なのかもしれないが、人ははじめから詐欺師であったわけではないだろう?現実と理想の狭間で、人はいつしか理想を求めすぎて虚言を吐く。無駄に知識があるだけに人が騙せてしまうのだろう。彼は嘘かどうか知らないが、コロンビア大学院の修士を経ているといった。「知識や教養だけで人は幸せになれない」という彼の言葉には現実が本当に存在しているのかもしれない。あなたはこの出来事どう思うだろうか?出来すぎなストーリーかもしれないが、人は物語のような人生を生きている。

このストーリーには続きがあって、彼がスタバで見つけた若い女の子を見て、「あの子かわいいよね?」といいました。俺は「そうだよ、彼女を落とす為には自分の身を綺麗にして、服を変えて、作戦を立てないとね」と言った。その時の彼の生きている目に僕は本当にびっくりした。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-14 06:32 | 自己啓発・経営哲学