05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

NYで活躍する日本人の社交界に参加

今日は友人の紹介で日本人芸術家、日本文化、音楽、経営者が集まるホームパーティーに参加してきました。

NYの魅力は何といっても世代を超えた付き合いができること、つまりビジネス大小に関わらず、人間個人との付き合いを尊重してくれることです。

実は母がずっとNYに滞在しているため、面白いかもと思って昼間は学校の友人に、夜は社交界(新年会)に一緒に参加させました。実際に母に僕の友人、知人、経営仲間を色々会わせたのは初めてです。そうしたら、なんだか今まで知らなかった別の人間としての母が見られてすごくよかったです。逆に母も、僕がNYで色々な人としゃべったり、頑張っている姿を見て楽しそうで新しい発見をしたと言ってくれました。

自分はまだ経営1年生、今回のパーティーには30年以上芸術の世界にいる大家の写真家、芸術評論家、世界を相手にするビジネスマン、国際結婚という壁を越えた新しい日本文化伝道家などなど、日本にいたら絶対に会えない方々と知り合い、実際に一人の人間として向き合って話ができ、メール交換したりしました。年齢層も20代前半(もちろん最年少)から60代後半まで、幅広く、業種も全くバラバラ、うちの母も違和感なく楽しめたようです。

人間個人としての付き合いと同時に、物の考え方、よいものをしっかり見つめる力、将来性というのは重要なのでしょう。だいぶ自分も丸くなったと思いました。起業なんて別にかっこいいもんではなく、常に自分が勉強している中で、できるものを始めようと思う信念から、自然と仕事をクリエイトできるものかなと思います。

日本社会って年相応でなければいけないなんて限界を潰してしまいますよね。逆に母位の年になると、母としてしっかりしなければいけないというのが流れなんでしょうが、今日の母は昔のように、はしゃいで皆と話していました。幸せに過ごすという人生の目標はいくつになっても忘れたくないものです。素直に皆の意見が交換できる場を作れる人は、本当に偉大な人に限って多い。驕りなし。
d0039762_4151711.gif

[PR]
by aaandy0221 | 2006-01-16 03:58 | NYの話題