05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

自分は何をしたいのか見つかっていない方へ

将来これをやりたい!こうなりたい!と夢を持っている人達にとって、起業は一つの結果であり、その先に待ち受ける困難は如何にせよ、頑張ることができる。では、ただ漠然と学校で勉強し、学校でいい成績を取って、自分はできるんだ!と思いながらも、実は何をやるべきか悩んでいる人達へ。僕の経験を交えながら一緒に模索してみましょうか!!

自分の将来を決定付けるものの一つに「継続」というものがあります。最近の若者は目移りが激しく、アルバイトで職を繋いで、でも30になったら職がないという状況があると聞きます。20代でやるべきこと、それは「一つの職への継続である」と思います。僕の将来を決める重要なアルバイトの一つは「ミスタードーナツの店員」です(笑)。人と会うのが好き、昔から人に好かれることが嬉しいと思ってきた僕は大学1年生(18歳)で初めてバイトをはじめ、1年間やりました。そりゃ初めてのバイトですので、経験者のようにすっとメニュー内容、仕事内容が頭に入るわけではないので、慣れるまでに3ヶ月かかりました。給料はなきに等しかったです(爆)。バイトを継続する上で楽しみはやはり副次的なもの、「バイト仲間」「賄い」「お持ち帰り(人間じゃないです笑)」「飲み会」など、仕事に直結する実力で楽しいと思う事はほとんどありませんでした。かわいい子が入ってきたぞ~!誰々がこんな失敗をしたぞ~!そんなネタを飲み会のネタにして何とか継続していました。

バイトを始めて3ヶ月目での転機は「仕事への不満」、これは入って1ヶ月もすれば2,3個は生まれます。どんだけ頑張れば認めてもらえるのか?給与が上がらない。自分の仕事を誰が評価するのか?人間関係の亀裂・・バイト以上に個人的な問題がぼこぼこ生まれます。時に個人的な問題をバイト先のせいにしたり、自分の実力は棚上げにして相手を批判する等、今思えば、自分勝手な思想達です。

バイトを始めて6ヶ月に大きな転機が来ます。つまり、昇給、今後への継続発展です。仕事を辞める時期として6ヶ月という期間は統計的にも多いらしいのは、ずばり人の能力が如実に現れるからでしょう。できるやつ、できないやつです。「雇用のミスマッチ」と思って辞める人もいるのでしょうが、あらかた言えるのが、「根気のないやつは辞める」です。僕は・・微妙でしたが、周りの環境になんとなく馴染んでいましたので続けました。僕はこの時期から株とバイトを連動し始めたので、後半の6ヶ月ぐらいは中途半端に稼いで見入りは少なかったです。昇給も1度きりで、バイトを始めて1年後は「辞めようか」となったわけです。

「6ヶ月目の決断」
次のバイトで僕は店長・副店長とうまが合い、6ヶ月目の昇給でバイト君を指導する側に回りました。つまり昇給と地位向上でした。しかし、仕事への不満はないか?これはめちゃめちゃありました。自我が強すぎると雇用主側からは使いにくい、これに僕が早くから気づいていれば・・・と思いましたが、今思えばよくあんな自分を使ってくれたと感謝したいです。このバイトも1年長続き、そのレストランの出張バイトで幕張メッセに出店したり楽しかったです・・ってか辛かったかも(泣)。ただ、経験談はその仕事をやっている時には全く見えないもの、後で他人から評価されたり、自分ではっと気が付いたり、まず続けることが重要なんです!!一般に、仕事を始めて6ヶ月は教育される側、その後6ヶ月は相手を指導する側、それからは副店長候補などでしょうか。

「自分が経営者となって分かった事」
履歴書を見て、バイトが長続きしていない人は一番に切りたいと思います。新卒であっても、バイトで経験しすぎて無意味な自信がつきすぎている人はやっぱりダメでしょう。ぶっちゃけ、どこの企業であっても、新卒者に今までの経験で中途採用ほどに使える奴を最初から求めていないだろうし、成長性にすべてを賭けるのが一般なのではないでしょうか?

最後に、「僕がインターンを通して学んだ事」
信用は自分から経営者にごり押しして問うのではなく、仕事の継続による結果を気づかせるところです。NYではインターンで1年長やりました。なげぇ!と思う方もいるでしょうが、無給だからこそ見せ所です。最初の3ヶ月はバイト以上に雑用、超雑用です(笑)。文句一ついわずにやりました。9月から僕の書籍コーナーの連載が始まり、編集や記事の構成を担当するようになり、結果としてまぁ~仕事なんて完成品に至るまですべて雑用なんですが、やりました。文句がでないところの一つは、とにかくこの業界の隅から隅まで見てみたかったからです。継続は力なり、その実は業界把握です!

あらゆる業界の経営は「労務管理」「人事管理」「マーケティング」「財務管理」「経営戦略」「経営管理」=MBAの基礎です。バイトを継続して、一つの業界の6つのカテゴリー把握をすることは新たな挑戦とはいえませんか?もし、バイトやインターンで今後続けようか迷っている方へ、僕の経験談が少しでも力になれれば幸いです。まずはやってしまう!!ことが重要だよ☆
[PR]
by aaandy0221 | 2006-02-11 07:18 | 自己啓発・経営哲学