05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

一つの哲学

今日は少し現実的な自分の心境を話そうと思います。

この2週間、僕の気持ちは一向に晴れませんでした。一つのことを追求していけば行くほど、その本質はさらに深く、追い求めすぎては自分を見失う。その先が見えなくなったらどうする?そんな時はこの人だ!と思った人にコンタクトを取ってみるのは一考かもしれません。

僕は筋の通った若者と呼ばれる(見られる)時がありますが、その実は、プライドがないような行動(奇想天外!?)を取る事が結構あります。人生・ビジネス・勉学、この世の中は競争社会であり、負けん気と根性が次のステップへと推し進めていくもの、確かにそうかもしれません。ただ、僕は仕事をしている中で、敵・味方・同業者!?という変な争いを繰り広げることが本当のビジネスなのだろうかと疑問に思っています。そう思って意地を張るのがプライドか?僕はあと1週間、道を決める為の模索を続けています。

ビジネスの本質は、お金ではない。それは一つの要因でしかない。どうしてトレード(お金と物の交換)が始まったのか?それは互いが満足できるトレードと思うからこそ成り立つ契約であり、何度も繰り返す事によって互いの信用性が強まるものである。ホテルに宿泊する人、そこでサービスをする人。気持ちよく利用したので気持ちよくお金を出せるものであり、受け取る側は満足するサービスを提供できたからこそ受け取れるものだ。NYへやってくる人達が、危険・不安を抱えながら滞在場所を選び、本当に部屋があるのか疑問に思う今のホテル市場が正常であると思えない。

昨日、よい出会いをしました。このホテル業界の真髄を知ったような気がします。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-02-13 07:45 | ホテル運営