05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

ビジネス2年生の試練!?

「ビジネスは一人じゃできない」、これはIT系などの例外を除いてほとんど共通の概念であろう。

お仕事を続ければ関わる人もどんどん増えていくので、今までのような勉強勉強!ともだんだん言えなくなるのが現実。経営者として目標や理念は、常に誰にでも分かる将来像を掲げるようにし、上下関わらずすべての意見を参考にすることは自分の変えない方針である。また、「若いから」という理由は、責任回避的な心をもってしまうので、常に経営者としての責任を持ち続けなければならない。それはたとえ周りから若いからと見られたとしても、、、である。

それにしても辛い時はほんと~~~に辛い!!精神力が強くなれば、なんのこっちゃい!とさらに突き進めるのだろうけど、「起業!」って周りがイメージするよりも安価に宣言できないもんだと思ってきました(笑)。たぶんみんなの欲望であろう(僕も否定はしない)、かっこい~!とか、夢を叶えるぜ~!とか、そういう考えはあんまり忙しくない時には思ってたのかもしれない。実際に仕事がじゃんじゃん降ってきたら、そんなこと考えている前に働け~!じゃん。だから、たとえ女の子にモテモテになってもすべてチャンスを失ってしまうことになるんです(えぇぇえl!笑)。若いうちは遊んだほうがいいのか、はたまた勉強したほうがいいのか、先輩と後輩の意見が真っ二つに分かれるところです。

じゃあ仕事を始めてからの1年、サボっていたかといえばとんでもない。その当時は経営者1年生として死ぬほど悩んで頑張ったんだが、結果が伴わないことが8割ぐらいあって、16時間一日働いたら、実質2時間くらいしか周りから評価されないのが現実。じゃあANDYは頑張ってないんだよ~と言われても否定できない、それが相手から得た評価だから。仕事を立ち上げて、すごい~と思われるのは本当に周りからみた印象でしかない。仕事的には先輩の助言とサポートがあるので、お仕事としてお客さんには中途半端なサービスを与えていることはありません。ただし、先輩がその分カバーをするので、コスト的には2倍かかっているというのが現実的なのではないでしょうか。

ぶっちゃけ、この一ヶ月休みありません。14時間働いてできないなら、18時間働くしかありません。お仕事は楽しいか?という問いに対して、「YES」と言えます。お仕事への第一歩を踏んだからこそ、ビジネスの先輩方と会う機会ができ、話題を共有でき、さらに踏み込む「チャンス」が生まれたからです。何もしない人には何も生まれない。いつまで経っても分からないだろうし、チャンスを持っている人と交友を持つ事もない。最終的な「結果」は降ってくるものだろうが、頑張らなきゃ始まりもない。

余談ですが、先日会った女性経営者はすごかったです。時には「ばしっ!」とすべて信念を持っている人に言われるとドキドキします。

M New York Hotel

[PR]
by aaandy0221 | 2006-03-23 09:13 | ビジネス会議・交渉