05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

金曜ナイトはワイン勉強会

少し飲もうと思ったらかなり飲んでしまったANDYです。

今日はワインの勉強会に参加し、とても有意義な時間を過ごす事ができました。昔から親に連れられて小学生の頃から赤ワインを無理やり飲まされてきたが、20代になり、アルバイトでイタリアワインはかなり勉強し、NYに来てからは親友のYさん(先日ホテルに滞在してくださってパーティーもしました)とも、ワインの少し知的なお話もしたりと、それなりにうんちくを語れるようになりました(笑)。そして今日、友人の誘いで実際にソムリエをなさっている方とお食事会に参加し、アメリカ・ヴァージニア産のとっても美味しいワインと共に美味しいお食事を頂いてと~~っても勉強になりました。やっぱり、いつ何時でも知的な会話は重要です(特にレディーの前で爆!!)。

赤ワインは特にそれなりに知識はありましたが、ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディの違いは・・なんとなくフルーティーor濃厚な味わいくらいしか分かりませんでした。今日、ソムリエさんから、それはアルコール度数の違いが一つですといわれ、納得!7~9度がライト、10~12度がミディアム、12~13度がフル、、もちろん熟成度合いから、ぶどうをどれだけ発酵させるかですべて味が変わります。ティスティングの仕方はもちろん、ぶどうの種類(カベルネ、シラー、メルロー、シャルドネ、ピノノワール~・・等など、それぞれの味わいの特色、出身地域、ばっちりわかりました。僕の疑問であった、ソーヴィニヨン・ブラウンという名前は、ブラウン=女性名詞で、白ワインのみというのも目から鱗。ソーヴィニヨン・ブランコ、ソーヴィニヨン・ブランカなども女性名詞で白ワイン!

そして、よく気になるのがワインで料金が何で違うのか!?それは、単純に一番絞りかどうか!?らしいです。一番絞りはフリーラン、そして1級、2級・・・と続き、巷で売っている7ドル程度のワインは5番絞りくらい!!笑。もう不純物ばりばりのようです(泣)。味の分かる大人になっちゃうと楽しむものも楽しめなくなっちゃうかもしんないので・・・賢すぎる大人にならないように気をつけます☆

あと、これはぜひ覚えておいてほしいのが、舌の感覚!舌の先は甘みを感じ、両脇は酸味、塩味を感じ、付け根は辛味を感じます。ワインの決めては、その全ての舌の感覚が満遍なく広がるかどうか?そうみれば、これは酸っぱいな、辛いな!?と今までワインを飲んできた感覚というのはあながち経験によるものなのかもしれません。

今日は朝の7時から・・夜中まで仕事~飲みまで頑張りました。M(会社)のメンバーもスタッフ・経営含め10名近くが常に話し合うと、夜メールボックスを開くだけで20件近く溜まってます。これから返信しなきゃ・・と考えるとダレます。月曜に提出の宿題考えると寝れない・・・はぁ~
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-08 13:43 | 僕について