05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

3日連続小森のおばちゃま。

宿題~勉強~仕事のルーティーンが重なって終末を全部使い切ってスターバックス篭り。自分のこの若さをすべて失うような楽しい引き篭もり生活。でも友人から、じゃあ仕事が一段落ついたら☆◎しようと計画ががどんどん溜まっていくので僕の妄想の中では楽しみが膨らんでいる。一日中パソコンの中にいて、仕事と友人のメールが行ったり来たりしてて、気がついたら外は真っ暗!!でも限界とか、全力とか、やればやるほどやりがいを感じるから苦ではありません。(違う意味で苦はたくさんあるよ)

この前、ホテルの前に着いたとき、突然自分が何者かにふっと気がつく時があった。ニューヨークでお店をもって、オーナーをやって、スタッフがいて、、、仕事を一緒にして、スタッフのプライベートの悩み聞いたり、卵あげたり(謎)。小さなお店をもってスタッフと楽しく経営したい・・そんな何となく憧れのような仕事をしてて自分は幸せなのだろう・・と。そんなこと全く気がつかず仕事して、忙しくて、辛くて、自由があってないような、ひとまず僕は全力だったのだろう。

色々社会的な悩みを友人に打ち明けると、みんな、「ANDYの思うことをどんどんしちゃえばいいんじゃない?」と言ってくれる。そうであっても、企業としての礼儀作法やルールなど、様々な規律によって僕自身は「我儘なんていってられない」と思ってしまうが、案外、そんなルールや常識に囚われない僕が考えたアイディアやサービスを友人もお客さんもいい!って言ってくれる。親友のYさんはデザインや装飾も思いっきり感性に任せたほうがいい!と言ってくれました。自分の理念や感性にどこまで自信を持てるか、それは僕が我儘に決めるというより、僕の出したアイディアを人が認めてくれて、結果としてよい反応が現れたとき、いつしかブランドになっているのかもしれない。

漠然とした考えだけど、みなさんはどう思います?自分の信じる道に根拠とか過程があるんですかね・・。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-11 06:54 | 僕について