05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

人間関係学とビジネス

起業するまで全く想定していなかったことがある。
それがビジネス上における人間関係学だ。

僕はツアーガイドになりたい!私はウェブデザイナーになりたい!わたくしはファッションデザイナーになりたいですのよ!皆それぞれ自分の夢を抱えて、その道を自分の生業にしたいから「起業」する。はたまた、海外で生活したいという目的の中で「起業」する場合もあるだろう。

基本的に1人で個人商店として立ち上げる場合には日本より簡単にできちゃう!それは僕が住んだ2年半の中で自由に生きている人たちをたくさん見てきて思ったこと。失敗とか限界を考える前にやれる力があるなら、周りが応援する。そして、仕事が増えるにつれて、1人ではまかないきれなくなった仕事を分担しなければいけない・・そうなったときに始めて「人こそが財産」であり、その仕事上の関係をしっかり信頼で結んでいかなければいけないのがビジネス上における人間関係学。

年齢、経験年数、決して表面的な実績では分からないだろうが、自分がトップという立場に就く事に経験も実力も不足している。それを補う為に2倍、3倍と働いており、仕事としては成り立つが、ただ僕の精神状態だけが苦しい立場に追い込まれてしまう。トップとしての孤独、皆完璧を望むものだからやっぱやらなきゃいけないよ・・と言われる一方で、ANDYは真面目だよねと諭される。いいスタッフたちに囲まれれば会社はもちろんよくなるし、そのサービスを受けるお客さんも満足するし、それが自然とみんなの幸せに繋がるのだろう。一時期、僕はすべての幸せを享受できる、誰もがハッピーになれるような仕事は必ずあると思ってブログに書いた。それは今でも、こんな精神が苦しくなっていてもあると思ってます。(ブログは理想論を書くところだから)

最近は中間管理職な人に会う機会が多い。(ってかお客様方ばかりかもしれない(笑))。僕は彼らの仕事をすごく尊敬してしまう。精神的な強さ、経験、嫌な役回りも自ら買い、最後にはスタッフの信頼を得ていく。彼らの仕事への姿勢、それは常に、自分本位な考えで相手を叱るのではなく、「こうするとお客さんが困るでしょ、ならば自分はこうしなきゃ」と、、アドバイスだよね。中間管理職は「決して皆から好かれようと思っていたら上部と対立してしまう、だから嫌な役回りを買って出るんだよ・・」。僕はそこに精神的な強さと同時に、最後は皆が一丸となる!と信じる中間管理職の理念を感じた。

僕はもっと考えてみたいものがある。それは、うちは「ホテル屋」じゃないと言い切ってみたい(爆)。いや、もちろん、宿泊施設を提供しているなら、10の9はお客さんが宿泊目的で利用するのは当たり前。企業からの依頼も、もちろん10の9は任務を遂行する。でも、そのほんの1、そこに、うちの会社だから・・というサービス理念。この仕事、この滞在場所ならこのくらいの価格かな、、と決めるのは一見決まっているようで誰も決められるはずもない・・。むしろNYを知らない人だったらなおさら。うちが安いといわれるならそれ、高いといわれるならそれはそれ、でもその価格指標のないものは果たしてあるのだろうか・・

とはいえ、、トラブルやミスはどこの会社でも、どんな大企業でも日常茶飯事。期待は、まだ何もできていないから期待するもんだよね。完成しきってしまったら「当たり前」になる。当たり前だと思われて失敗したらとっても怒られる。たぶん大企業になっても期待される会社は(株を見てもそうだが)強いんだろうなぁ。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-04 01:22 | 僕について