05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

テスト終了!!

うっしゃ~~~!!!!!
テスト終了だ☆
この2週間はプライベート的な時間はほぼなく仕事と勉強の繰り返しでした。
ケインズ経済学、金融学、国際関係学・・どれも理論的だけどとっても面白かった。そして今、理論は現実でも全然通用するんだ!って本気で思えるからもっと勉強できる☆

仕事の方は一時的だが現場で指揮に回っているので、幾度に渡る業務把握と、細かいミスをとにかく即時対応、適材適所で業務を遂行してきました。経営と現場は全く違う、どちらも甘さは許されないが、現場は問題が起きたらすぐに対応できるように頭の切り替えが必要なのだ。自分の役割(経営者、現場マネージ、スタッフ)によって、精神的に負担のかかるところも違えば、体力的に使う部分も全く違う。これを経験といえば全くの甘さであると痛感しました。

ここ3週間ほどは企業関係の仕事で、3つほど仕事が重なっていました。だが同行のやり手ビジネスマンからたくさんのことを学び、僕の精神的な弱さも徐々に回復傾向に向かっています。「なぜ起業したのか?」という問いに、僕はただ、その仕事をしてみたいからという安易な気持ちと、メリットばかり考えていたような気がしました。社会的な地位、役割、会社の枠組みを考えることなく、何かを発信したい!という外へ向けての仕事をしてきたということです。だが、経営の根本は、その会社の枠組みや、その与えられた役割(営業職、現場職、経営職等)に徹した考え方や仕事をしていくことです。自分の会社の規範というものを創り上げなければいけないのです。理想と現実の狭間で迷ってきた僕は、一生迷い続けるだろう経営という悩みに対して、それでも一つの答えを出さねば誰がついていけるのか_?

う~ん、こんな僕でも最近哲学じみてきました!?それは最近まで理想をいえなくなっていた自分があったからかな。現実の辛さと経験不足を恥じることで逃げていたのかもしれません。「理想はもちろん現実化する」。理想は夢(Dream)であり、夢を語れるのはいろんな人に希望を与える。希望は幸せを呼ぶ。そして幸せは何かをしなければ得られない。幸せを得るにはどうするか?それはやるべきことをやることです!今やりたいものを必死でやる、結果が伴えば必ず幸せを感じるはず。

じゃあ僕は自信をもって仕事に徹しられるか?という問いに対して全くの能力がないところも一方で痛感しています。仕事ができないのは経験不足もあり、精神的な弱さもある。経験が伴えば、少なくともあらゆる仕事のミスや問題に対して応用力がつくだろうし、無駄にあわてなくて済む。手探りのように仕事がわかんにゃい~~ともがくのは非常に疲れるのだ・・。僕は非常に疲れた。でも今、少し落ち着いてきたのは、テストが終わったから!それもあるが、仕事を肌で感じたことに、経験者がすぐにその状況を説明してくれたからだろう。そういう面で人には本当に恵まれました。

これからは少し休ませてください・・・
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-12 22:54 | ビジネス会議・交渉