05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

我儘家族

日本に戻ってきてゆっくりできるかと思っていたけど、NYからくる仕事や連絡メールを毎日こなしていると、結局NYのスタバでやっていることと同じではないか!?と思ってしまいそうだ(笑)。

まぁこの時代、仕事は世界中どこでもできると改めて思った瞬間でした。ただ、どんな時代になっても人と人が重要なのは確か。信頼して仕事をする仲間がいつもおり、担当者がお客様や企業様から信頼を得なければ、どんなに自社商品が優れていたとしても内から崩壊してしまう。現実は泥臭くみんな激論を交わしながらあーだのこーだのトラブルばかり・・ね。

d0039762_10274366.jpgさて、今私はというと、実家の名古屋へ来てちょっとリッチな気分に浸っています。この自由な時間というのが何よりリッチ♪今冬には実家が新しい家(でも覚王山)に引っ越す予定なので、家族揃って毎晩激論しています。こんなに時間を無駄にしながら会議するのは久しぶりだ(爆)。これぞ人間の欲望というものか、あれしたい、これしたい、と我儘し放題。「もう我々は年だからやりたいことだけやりたいのだ!」と熟年パワーは年々高まり制御不能。俺なんかこんなに謙虚なのにスタッフから我儘だといわれ・・(笑)。

d0039762_10285980.jpgあ、でもね、「我儘」が重要と思う節はもちろんあります。例えば、経営者は奇天烈な発想で無理な注文を一杯要求し、現場スタッフを困らせるものだとよく言うが、それは逆にチャンスと思うべきかも。特に状況判断力に優れている有能な人が現場監督ならば、無茶な要求もしっかり対応&適応し、逆に可能性を広げてくれるからです。新しいアイディアはやはり自由な発想力と余裕がなければ生まれませんので経営者の役目―なぜなら現場を知りすぎるとそういったアイディアはみんな最初から無理じゃないかと思えてきてしまうからです。逆に切り込み隊長的な現場監督は頭の回転がよくなければいけません。経営側から新しい指示が来ても、スタッフと役割分担してきちんとこなせるならば、これほど優れているリーダーはいないでしょう。経営者はそれ以上に人生経験がほんっと物をいうなぁって思っていますので今の僕には限界があります。ひとまずNYへ戻ったら僕は中間的な経験をもう少ししようと思っています。

ひとまず我儘な両親といて面白いのは色んなレストランにいけることかな。彼らのコメントを聞いたりしていると、やっぱ普通じゃない(笑)。この奇想天外なコメントがどう生かせるか?いつどこでもアンテナを光らせると案外この世の中面白いはずです。

ちなみに、写真は、人生勉強ということで、レストラン、御茶屋さんを巡っているときに撮ったものです。デジカメで最近「マクロ」付きで接写可能となったらしいので会社で買いました☆やほー
[PR]
by aaandy0221 | 2006-06-06 20:38 | 僕について