05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

明日より5日間

久しぶりの父のNY訪問で、明日より僕も5日間程忙しくなります。
といっても、前回来たのは2月下旬なので、半年くらいしか経ってないですけどね!

父は愛煙家なので、日本~NYの13時間はかなりきついだろうと思う。それでもM New York 2号店を視察するのは初めてなので、楽しみにしているようです。よく聞かれる、なぜ「M」なのか?僕が「M」であるとか、「マッチョ」であるとか、そんな怪しいものではなく(笑・おいおい)、「Musashiya」のMです。むさし家旅館80年の伝統と暖かさを受け継ぐニューヨークスタイルの旅館となりました。

きっかけは、2年前の父のNY訪問時に日本人経営ホテルに泊まって、爆発したことから、まずは清潔と立地を重視することとなりました。でも、そこのオーナーさんはすごくいい人だったので、とてももったいないなぁと思う事は多々ありました。やっぱり、どうしても人に依存してしまうのはB&Bホテルには欠かせない要因なのでしょうが、そこに経営感覚を身につけるにはどうしてもコスト高。でも、まだ自分にとっても出来てない部分、「哲学的」な部分は今回改めて父や先輩に聞いてみようと思っています。現在の「M」は経営を先輩にお願いしている部分も多いので、やっぱりすごくいいです。

自分にとっての、アパートホテル哲学の師はNYにいます。テロ前にNYでアパートホテルを長年経営してとても繁盛し、今は家族とNJで生活している方で、僕は彼がいなければ、やっぱり多くのホテルと同じように辞めたのかもしれないと思うくらいです。出会いは本当にご縁です。今は本当に観光業もテロ以来盛り返し、様々な滞在先が生まれていますが、彼にいわせれば、別にどんなホテルがあろうが、うちはうち。一度来たお客さんがまた新しいお客さんを紹介しながら、周りとは比較しない経営をすることだったのです。たぶん、僕が思うのは、比較しなくても、いいものはいい、つまり「楽しい」んかなってところです。数々の有名人の方々やタレントも彼のところに滞在したのも、彼の経営するホテルにいれば、NYでの色んな不安も一気に吹っ飛んじゃうんだろうなぁって思う・・って僕も一目会ってこうですから(笑)。

あと、哲学で気づいたことがもう一つあるかもしれません。では質問、「スターバックスは何屋さんでしょうか?」

答えは「コーヒー屋さん」じゃないんです!

本当の答えは「街のコミュニティーを支える集会所」なのです。

じゃあホテルは「人々にとっての滞在場所」ではなく、「旅の思い出作りを彩る休憩所」というところでしょうか。そうだとすれば、お金を払って当然のクォリティーの滞在場所というセレクトではなく、旅にとっては欠かせない「トラブルにしっかり対処してくれる」とか、「アドバイスをくれる」ことなどに対価が生まれるのかもしれません。まぁ、クォリティーはあって、それからの話でしょうけどね(笑)

最後に、そうそう、皆さんこれを読んでいるとすごく高いホテルのようなイメージを持たれるかもしれませんが、タイムズスクエアから5分くらいの立地で1人1泊$70~です。普通に驚かれますが、よろしく。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-08-23 20:47 | 僕について