05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

現場と経営、そして財務会計からの視点

「現場」と「経営」
この両ポジションにおいては自分がとにかく苦しんだ領域であった。
現場で起きている問題に紳士的かつ迅速に対処する現場(顧客への信頼・満足)、法務・人事・管理などのバックを支える経営。どちらかといったら現場の方が主人公的役割でお客さんと話したりできて楽しいだろう。多くの人は一見経営者になりたいと思いながらも、現場をやりたくて(やらなければいけない場合あり)両方やるので時間に追われてしまう。

でもわかる、両方やらなければ会社が回らないのが多くの実情であり、僕の実情でもあったからだ。正しき答えはその業種によって幾分にもあるにせよ、僕はわからなかった。だから、とにかくエクセルシートに自分がやっているすべての仕事を書き出して分割していくしかない。分割して、分割して、切り分けて業務を把握していくうちに、「現場仕事にも経営的な指標が必要な場合あり」、「経営を行うに現場の意見が必須であり」、うまくすれば、急務の仕事、第2優先の仕事、後回しの仕事などを整理できたり、結果的に仕事が迅速化して、最終的にサービスを受け取るお客さんにとって「NO1」だといってもらえることにも繋がる。やる気倍増だ!(この分割法はあなたの日常生活においても役立つので実践してみてください。僕が先輩から教わったExcel必殺技もいずれ伝えたい。)

「財務会計」
でも最近困ったことができそうだ。半年くらい先には現実的な問題となりそうな予感がしているので今必死で考えていることがある。それは「財務会計」だ。「えぇぇ~~数字見るの嫌いじゃけん!」「会計なんて会計士の仕事だがね!」「あかん、そんなの気が回らへん!」なんて思うべからず。僕も必死で今、どれだけ分かりやすく説明できるか試行錯誤しているところ。MBAのクラスでは難しいこと学んでいるけど、難しいことは会計士に任せて、「現実的な未来予測」が、やる気、目標、発展性を支えるキーになるんじゃないかと・・そう思っているわけです。

つまり、「将来2年、3年後の会社活動の現実的な資金の流れを予測すること」です。これを「キャッシュフロー」と財務ファイナンスでは呼ばれています。キャッシュフローと会計は明確に分かれていて、キャッシュフローはあくまで「予測」、会計は「現実のお金」です。ただ、僕はキャッシュフローだけを見て経営はうまくいくなんて思うことは全くなく(完全否定)、これは「目標もしくは指標」として自分を含めスタッフ全員のやる気、希望、そして今を支えるものになるだろうと思う。

もちろん、キャッシュフローを専門的にMBAでは学ぶが、より理論臭い比較分析、数字的観点から物事を判別するので、現実と理論の境目がくっきりしている。だけど、会社を「運営する」のではなく、「発展させる」という観点へ変えてくれるのがキャッシュフローであろう。

前に失ったものは、次で取り替えそう!なんて思っていてはいつまでたっても変えられないのかもしれないとも思う。できれば想定範囲内で欠損も見つめていきたい。今明らかになっている事実を伝えずに後で分かりきったかのように問題視されるのも馬鹿らしいといったら馬鹿らしい。予め収益を想定できれば、じゃあそれを改善する方法ってのも今から考えられるはず。いや、考える力があるなら考えるべきなのかもしれない。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-09-15 02:35 | 自己啓発・経営哲学