05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

やっとPC復活!

長らくMyPCが故障して工場送りになっていたんですが、今日やっと復活しました。これでまた暇な時間、ずっと文字打っていられます♪

最近このブログを通じて実際に色んな方々と会う機会に恵まれています。時に、全く職種も違い、日本にいるだけでは接点を掴めない、ある一つの部分で共通するもの、それがニューヨーク。ニューヨークは物価が高い、人種が様々、英語を使う、大都会など様々なイメージをもっており、それはブランドとして多くの人々に認知され、人が人を呼ぶ街となりました。

そして、ニューヨークは夢を現実にするパワーがある、自由の街というイメージがある。かくゆう、私自身もそう感じ、夢を現実にする一歩を歩み始め、さらに無限の可能性があることに気づいた一人。こんなこというと、イメージ悪いかもしれないが、「ANDYさんって誰とでも仲良くできますよね?」という質問に対し、「ううん、好きな人は好きになるし、感覚的に合わない人は思いっきり笑顔で応対し、二度と会わない(爆)」と言います。あ、これでまだ2度目会っていない人ごめんなさい(笑)。でもね、たぶん二度と会わない人はこのブログも読みませんからっ~残念(という何とか侍が日本で流行っていたよね?)。

前向きな心はさらに人を前向きにし、自分も前向きな心を感じて前向きに生きれる。そこに努力はつきもの。私の原点は。「完全版 バカのガイド、世界一わかりやすいMBA入門口座」でした。確かに、MBAで実際に学ぶ理論は本書の内容と全く違ってちょー難しいけど、そうみるとこの本は、ビジネスを考える頭の原点なんです。あ、別にこの本紹介しても自分のメリットには一つもならないんだけどさ、自分の判断材料は一つでも多いと得ですと紹介したい。理屈ずくめでも結局現実では役に立たないという言い方も分かるが、判断材料が少ないと頭の切り替えがほとんどできないのも現実。一つの方法でうまくいかないとき、違うアプローチで攻めてみる、一つの方法に固執しすぎるなってことですかね。昔の自分がいて、今の自分がいる。それはすべて自分ですし、成長していくもんです。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-11-14 06:33 | 僕について