05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

Thanks Giving Party

前回の話から少し離れ、今回はThanks Giving Party報告です。

私の大学院が一段落つき、母も英語の勉強の中休みということで、Thanks Givingパーティーを開きました。うちのパーティー常連組は海外旅行や郊外へ出て行ってしまっていたので、今回は趣向を変え、「母と会うと面白そうと思える方々」を呼んでみました。(それでもまだまだ呼びたい人いましたけど・・)

d0039762_4281495.jpgNYの日本人達は業種は違えど、みんな本当に頑張っています。ダンサー、ヘアーアーティスト、学生、社会人、実業家と、年齢層は20代~40代まで15人程集まって、うちのあんなに狭い部屋でもみくちゃになりながら一夜を共にしました。「気持ちのいい人達」と、私のパーティーの師匠・Yさんは呼んでいましたが、まさにそう思える人達が集まれば自然とよい雰囲気になります。いつも私の師の話をしてしまうのですが、彼女は世界レベルで大使や実業家や芸能人を集められてしまう方です。彼女のホムパスタイルは、「自分も楽しむ」。子育てを終えた一主婦が、海外を飛び回り、今や国連の仕事を受け持ち、エネルギーが常に満ち溢れている人です。何かしてやる!と意気込む気持ちもあるかとは思いますが、いくつになっても学び続けばよいと思います。

d0039762_4285246.jpg「気持ちのいい人」と定義してみましたが、やっぱみんなに分かりやすく説明します。私が思う「気持ちのいい人」は、「他人の悪口を周りに言わない」、「常にやりたいことに対してポジティブ」、「どんな人と会ってもその人のよい所を見つめて学ぶ」と3つほどあげてみました。Yさん曰く、「何歳になっても、政治家でも、社長でも、気持ちのよくない人はたくさんいる。要は、その人が偉いとか、有名だからとかは関係なく、自分の思う「きもちのいい人を見つける」ことが楽しみ」だそうです。

d0039762_4321046.jpg私の友人の中には一癖も二癖もある人がたくさんいます。時に、周りが少し受け入れにくいタイプの人も仲良くしています。その方々は、突出すべき才能があり、自分のマインドとは正反対ながらも、世の中の明暗を切り抜けられるタッグが組める人と思っています。自己主張が激しい、論破好き、かっこいい外見など、そういう特殊なスキルや姿を持った人達がポジティブに動き出すと、ほんとすごい。周りからは少しアピールしすぎとは思われるけれど、彼らの助けがあればこそ、私もメディアや雑誌関係の人と知り合うことができるのですから。

持ちつもたれつ、友人の性格を一つ一つ見つめなおせば、必ず自分の助けになってくれると思います。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-11-28 04:27 | NYの話題