05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

2006年12月をもって当ブログ終了

長年当ブログをご愛顧頂きありがとうございました。

ニューヨーク留学放浪記第2章~続きは2章にて~

当ブログは2005年5月より2006年12月まで、約1年半、月12本程の起業体験コラムを書いてまいりました。そして、今月をもって当サイトを閉鎖することを決めました。ANDYにとっての閉鎖とは何か?それは新しい挑戦への始まりに他ありません。

d0039762_1428437.jpg当ブログは、起業家としての始まり、学生業(大学院)と兼業しながら、経営者としての苦悩、失敗談、努力譚を紹介してきました。思えば、2005年1月、今から2年前にニューヨークでアパートホテル企画構想が始まり、20枚の自作企画書は、何度も書き直されながら一つの形になりました。パートナーと出会い、叱咤激励を受けながらも縁は縁を結び、会社設立を果たしたのが05年6月。


d0039762_14292386.jpg「夢と希望を与えられるようなホテル」という「M New York」のコンセプトは、今月12月にオープンした「M New York3号店」とそのスタッフに受け継がれました。

2年という月日の中で会社は人間と同じく成長し、ホテルとしてのサービス、機能性、安全性は驚くべき進化を遂げました。これは私自身もびっくりです!赤ちゃんのように何も動かなかったホテルが、2本足で歩けるようになり、頭もどんどんよくなっていくんです。すごいでしょ?このブログを読んでくださった方に、一人でも多くの方に来てほしいと思います。大きなホテルにはない、NYらしさ、安心感を感じるというお客さんもいますが、他の滞在先とは比較にならない「一度宿泊したらもう一度来たいと思えるホテル」、まさにスタッフが目指しているものだと言っています。


私自身は、07年5月に大学院を卒業する予定です。100の仕事をした後は、1000の仕事がしたくなる?ある意味YESです。しかし、100の仕事をしている中で得たもの、NYで活躍する経営者仲間、マスコミ関係(兵藤ゆきさんとも会えました)、そして人間としての成長。次のスタートは1からではなく、間違いなく300ぐらいからスタートです。今後、NYで学生会を立ち上げる関係上、私はもうひと働きします。パーティーを主催したり、友人のパーティーに参加したりして、ネットワークを繋げることも、次のステップにすべて必要なことです。

「起業」は降ってくるものではなく1から少しずつ積み上げていくもの、若者が抱く起業への幻想と現実は、この2年間のブログに私なりに収めてきたつもりです。あなたにとっての起業に少しでも参考になれば幸いです。

このブログに関するご意見、ご感想などもまたお聞かせください。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-12-14 14:34 | 僕について