05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

僕のビジネスへの想い

僕は運用資金に関しては様々な繋がりをもって有利に進めることはできました(感謝の気持ちで一杯です)。詳細は複雑ですが、「チャンス」を掴んだということでしょう。お金に対してはもちろんシビアには考えていますが、今回のプロジェクトがお金儲けがメインでないことは皆わかっているようです。苦労せずにお金だけ儲けたいなら投資家の仲間に入って株を動かせば儲かります。個人レベルで株の売買は危険を伴うけど、これもネットワーク次第でヘッジファンド(株売買の頭脳集団)に投資すれば少しずつでも確実に収入を得ます


今回のプロジェクトで僕はもちろん今まで生きてきた人生の数倍苦労していますが、その苦労が快感になってきているのは不思議なものです。嫌々仕事をしながら安定した収入を得るか(安定という言葉も疑問)、何倍も苦労して将来何倍も稼ぐ可能性を得るか?そこには苦労という言葉の定義が人によって違いますが、自分ができる力を存分に発揮したなぁ~って思える仕事は絶対に快感を得ます。

「なぜNYで仕事を立ち上げようと思ったか?」。これは僕がボランティア時代に養った日系コミュニティーに対する思いが一つあります。ニューヨークの日系コミュニティーはまだまだまとまりがなく、個人レベルで成功するという意識を持った方々がほとんどです。夢を追いかけている人がここで生活するには多額のお金を必要としますし、お金を得るにも英語ができなければ働けなかったり、米系企業に入るには障壁がかなりあります。僕は日本人に雇用を生み出すようなビジネスをしたいと思っています。語学学校時代、ボランティア時代、新聞社インターン時代を含め、数多くの日本人と一緒に飲んだり、仕事したりして、貴重な体験をたくさんしました。


もちろん、NYで長く生活している人たち(在米10~20年の方々)ともたくさん会い、日系コミュニティーの話や、日系人の歴史をたくさん聞きました。信念を持ってビジネスをしろというならば、社会貢献(ボランティアの定義)は僕がアメリカで養った1つの土壌となっています。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-13 06:12 | NYの話題