05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

NYの国際ビジネス大学院に決まりました

先日NY・フォーダム(Fordham)の大学院から合格通知が届いた!!変な話、受かるかどうかも決まっていないうちから決まったものと考えてずっと行動していました。最悪の状況(F-1ビザ喪失)はもちろん考えてはいたものの、最悪を考えていたら何も始まらないのはビジネスも一緒。成功して当たり前と考えながら、もし失敗した時のケースを埋めています。ほんまプラス思考の塊っすけど、まーええじゃないですかっ、受かったぁぁぁ!!!

フォーダム大学は日本でいうと上智大学みたいなもんで、特にMBAコースは難関(僕の親友がここへ同時期に入学)。僕の国際ビジネス経済コースはどんくらいかわかんないけど、先生の質や生徒の少なさはコロンビア大学やニューヨーク大学に比べて僕はかなり贔屓しています☆この大学が一番行きたいし、ここしか申請もしませんでした(笑)。実は僕、あんまり勉強はできるほうじゃないので、マンモス校ではついていけないし、英語もまだまだ不十分だしね。教授からのバックアップが強い大学で何とかついていければ僕はオッケー!

先日はNYでアートを勉強している方たちが集まるパーティーに参加しました。たまたま59stコロンバスサークルで日本人に話しかけられた人がアートを学ぶ学生さんで、その学校が57Stの7Aveと broadwayの間にあったんです。その方には僕のプロジェクトを話し、参加してもらうついでにお友達も紹介して欲しいなと思ったんです。けっこー僕はほいほいついて行っちゃいましたけど、学校はすごく歴史あるアートスクールで、有名な画家さんが教えているクラスもたくさんあるそうです。無知な僕が学生さんの絵を選考するというのも変な話ですが、僕がピンと来た人にはインテリアデザイナーさんに話を通し、身になる話にできたら理想。

たくさんの方とお話している中で、僕は本当にアートもビジネスも似ている点を見つけました。それは人の2,3倍努力するということですね。比較するとしたらクラスの中で言えます。アートのクラスには先生ごとに2,3人の専属雑用係という人がつくそうです(雑用というのは失礼ですけどね)。その方々は生徒が来る1時間前には、椅子を並べたり、モデルさんを気遣ったり、クラスをまとめる役を得ます。その代わりに、その方々はモデルさんを描く一番よい角度のポジションが与えられ、作品展にも出品するチャンスを得るそうです。「私の絵はうまいから、雑用なんてしないわ!」なんていう人にはもちろん実力も心も腐っているということなんですかね。僕は絵についてはそんなに分からないけど、一先ず、学生さんの目を見てなんとなく感じるものもありました。すっごくためになったなぁ~

縁というだけで最近は非常に面白い経験をしています。これから始まるうちのホテルに泊まってくださる方々が、NYの不思議な縁を感じられるような、魅力あるホテルの実現を目指してみたいと思います。不束者ですが、経営の皆様、ここに関わったすべての人達が幸せになれるように、、助けてください!
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-27 05:12 | 僕について