05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

NYにて株式会社設立

先日、会社設立に関する資料を弁護士に預け、1週間もしないうちに株式会社(C-corporation)が正式に登録されます!!僕が学生だということと、資本金の額が上がった為、一番法人税の高いC-corporationが妥当とのこと・・・(泣)。でも相談費を含めて千ドル以下(10万以下・・詳しくは言えないけどね)で色々ホテルに関する法的な質問も聞けたし、経験にもなり、会社まで建っちゃいました。本当にパートナーの方々には助けて頂き有難うございました♪NY証券取引所に上場したらみんな買ってくださいよ(爆)
d0039762_6463086.jpg
株式配当は・・・名古屋名物鬼まんじゅうと大須ういろかな。NYで敢えて「名古屋」をアピールするのだっ!実家の覚王山にある梅花堂の「鬼まんじゅう」は美味いんだぞ。

会社設立自体はやっぱアメリカはすごく早いなぁ~って思いました。通常、日本ではお役所に会社設立に関する書類を届ける為に何時間も並んだり、1ヶ月も2ヶ月もかかりそうな感じだけど、こっちは地獄の果てまで金と弁護士の実力次第・・・。逆に弁護士に騙されたりする人も多く、ビザサポートだけで100万以上費やしちゃう人もいるらしいですが、それも情報を知っているか知らないか、紹介があるかないかだけらしいです。怖いですね・・・。噂ですが、ビザ取得に1000万使って、仕事に使う費用なくなっちゃった人もいたらしいですし・・そんな弁護士は抹殺。天誅したくなる。日本だったら弁護士会から一先ず追放だと思うけど、こっちは相場と実力の兼ね合いが結構難しい。


最近は不動産屋さんとホテルの物件探しを引き続きしている。元々僕は宅建を日本で取っていたので知識はある。でもこっちの地価と相場は現地の人に聞かないとわかんないので、よいパートナーシップを結んで契約したい。お買い得物件というと、みんな「こりゃ~手に入れんと損だがね」と我先に争うかもしれないが、不動産の知識を得ると案外冷静に物件の価格査定をすることができる。つまり、価格が安くなるにはそれなりの要因があるということ。例えば、駅から遠い、建物が古い、家具がついてない、ロフト式、近隣住民の騒音、幽霊物件、などなど。自分が決めるときは優先順位をつけて、駅近は最重要とか、ロフトは嫌だとか、見比べながら妥協と忍耐で決める。案外落とし穴なのは、物件オーナーが曲者とか、お金に困っているとか、そんな点から価格を低くして売りさばこうと思うので、ここらへんも上手く交渉できれば強い。つまり、金が欲しい人には現金一括で払う代わりに安くさせるとか、利回り重視のオーナーは分割払いで総額を高く見せてもよい。

物件選定は非常に難しい。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-01 06:46 | ビジネス会議・交渉