05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

起業するとはお金がかかるなぁ

最近は0円からできる起業として誰にでも経営者となるチャンスが生まれ、一発逆転を狙おうと発起するのがブームとまで言われている。株式投資もその1つで、情報と資金運用さえ上手くいけば情報起業なんてものができる時代・・・確かにそれでいい仕事もあるけど、実際にお金を安定して稼ぐシステムを作るならば「会社」を作らなければならないのだろう。

僕は仕事を何とか実現させようと、想定できるものは何でもネットで調べたり、人から聞いたりしてきたが、最後はやはり専門的な意見が必要になる・・・契約には弁護士を通さなければ無駄な争いを生むし、会社のシステムを違法なく動かすには税理士・会計士が必要。自分の分からない分野の仕事にはコンサルタントを介さなければ無駄な出費も増やすし、すべてがうまく収めるためにはすべての分野を経営者は見なければならないんだろう。

初めて何でもするにはやっぱり限度はあるだろう。勢いだけの若者だけが集まってもこら~無理だわ・・って思うし、頭が固くなりすぎたらもう起業する勢いを失う。そうすると、やはり投資家は若者に投資するようなシステムをもっと作っていく必要があるだろうし、さらに投資家はコンサルタントとして若者をサポートする為、弁護士や会計士を紹介しなければいけない。

d0039762_1128178.jpg正直、おおきな失敗はしていないが、2度手間をしている感が時々あったり、勉強の為とはいえ、出す時にお金を出さないと大きな損害をより産む。最初から完璧な経営者なんていないだろうが、自分の分かんない問題にまで決断を迫られると、しかもそれが次の日だと強烈な責任感とプレッシャーが来る。時間が人の倍以上かかる、とても悔しい。決してかっこよさだけで決断なんて引き受けられない・・・どんなに色々体験してきた人間でも、100%確証ある決断は無理だろう。僕も極力すべての状況を把握し、情報を仕入れてよい判断をしたいと思うが、80%以上に自信をすべて出し切ることはできない。20%の過剰な自信がありすぎると、次は人が騙しにかかる。こいつは金を使わせる状況を作り出せば必ず金を出すってね・・。俺ちょっとやられちゃったかなぁ。

今日は体力仕事で、部屋の測定したり、弁護士と話したり、お金を出したり払ったり、真夏のNYを駆け回っている。週末は冷たいビールをぐぃっと飲みたいなぁ・・・・・・物件の周りには隠れレストランもたくさんあり、まじで最近よくなっている地域です。NYに初めての人も、玄人の人も絶対に気に入るはず!ちょーうまいタイレストランの店も見つけたよ。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-15 11:23 | 自己啓発・経営哲学