05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

カテゴリ:ビジネス会議・交渉( 31 )

第一回総会議

コンサルタント兼広告担当の方が先日NY入りし、ここ2日急ピッチで僕のビジネスの総確認をしました。穴といえる穴をすべて埋める為に弁護士、税理士とみっちり合法性について話し合い、その都度計画に修正を加えながらよりよき戦略を練る。地道だが、会社というものがある以上、個人レベルで考えるだけではもはや成り立たない。恥ずかながら、僕の穴だらけの計画書をすべて埋めてくれました。

昨日はついに2大ビック企業の引き合わせを果たしました。どちらもやり手の実業家で、年は30前後、どちらも名古屋出身という面白い組み合わせでした。1人はNYで活躍するインテリアデザイナーY氏。日本で言うインテリアデザイナーのレベルとは全く違う、建築も空間デザインもすべてこなす超一流のデザイナーです。一方はマスコミ業界に精通した実力派。巷で有名なIT関連会社の繋がりがあり、TV,雑誌社と幅広く仕事をしている広告会社。その他、僕のビジネスパートナーで若手起業家の方、Web担当でもありこちらも若手起業を目指す方、インテリアデザイナーの最強パートナーが加わり、メインプロジェクトメンバーを集めたビックプロジェクト!?が実現したのだ。

会話レベルはさすがに高く、日本の名だたる企業と仕事をしてきた実績と経験が広告レベルの高さを伺わせる。一方で、Wホテルのメキシコやソウルをはじめ、世界で仕事をしているインテリアデザイナーの質の高さとコンセプトがこのプロジェクトの大きな力となることが分かる。それで経営者が僕・・というのは恐れ多すぎる。もちろん僕の後ろには父の存在があり、僕だけの信用力で彼らをひきつけることは不可能であったけど、これだけは自信にしたい!ということがある。プロジェクトをしっかり練って、計画書を何回も書き直し、何度もスピーチを繰り返して営業力を高め、観察力を磨き、間違いをしてもへこたれないで彼らと向き合ってみた・・と。う~ん、ただバカ並みにポジティブってのが前にくるけど、引け目があったらビジネスは絶対にできないと今は確信できた。

そして、何より僕は彼らと気がめっちゃ合うな~って思うのが所見なのだ。日本スタイルな真面目くさった建前だけの仕事は嫌い。仕事は仕事だけの付き合いにしとけという方も多いけど、彼らを見ているととっても楽しんでビジネスをしているように感じる。仕事とプライベートの区分けがはっきりしているってのがカッコいいなぁ。

Web担当のMさんが言った中で、「女性が起業する」ということについても、すべては実力という言葉が物語るんでしょう。インテリアデザイナー、ボランティアメンバー、Web、アロマセラピスト、石鹸部門、僕のプロジェクトには半分以上女性がいるというのも新しい風となるのではないかという期待があります。女性は結構自分の趣味を仕事にして起業するケースがあり、その多くが失敗します。それで女性が仕事に向いていないという見解が通ってしまうのが非常に残念でもある。つまり、どんな商品を売るにも、金を管理する人がいて、営業かける人がいて、人事を管理する人が必要になるからです。男女が仕事を分担することが最強の経営法であると僕は思っています。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-30 02:19 | ビジネス会議・交渉

一難去ってまた一難

素人が考えるような過信だけの起業は所詮ほとんど成功しないなぁ・・とここ最近実感中

どんなに情報を手に入れ、自分では完璧と思う仕事をしても、専門家から言わせれば穴だらけ。失敗するには必ず原因があると言われるが、言われてみて初めて気づいてからではもう遅すぎる。問題があると気づいていながらも、考えたくない問題が山ほどある。でもそれは最後に結局失敗という結果を招く大きな要因となってしまう。

最近、僕の仕事が無駄の多い動きをしていることに気づいた。確認作業を怠っているからかなとも思ったが、僕が知らないでは済まされない問題が多くなってきているので、僕の経験不足という新たな要因が浮上したのだろう。

起業とは「私がやりたいと思う仕事を実現化させるものだ」と思っている人がだいたいの認識だが、現実は忍耐と妥協をどれだけして、どれだけ元のビジネスのアイディアを保ち続けるかということだ。自分では10のことをやったら絶対に儲かる!と思っても、10のうち6は何かしらの問題を抱えており、こっから粘って2,3の問題点を解決させて起業という形になる。

僕が作ったビジネスプランには一応沿っているが、昨日は銀行口座開設で問題がおきた。法人の銀行口座の開設は1週間もあればできると人から言われていたが、足を運んでみれば、僕のビジネスカテゴリーは「投資」なので色々な審査を経て1ヶ月かかるかもしれない。今日はデザイナーとの契約におけるお金の流れとして、銀行口座がなきゃすべての計画を先延ばしした方がよいという決定が決まりそうなので、これも想定外の問題。

来週は税理士や弁護士と再確認の打ち合わせ、そして広告会社兼コンサルタントとのミーティング・・・すべて確認作業だ。あれだけ確認しているのに話せば話すほど問題点が考えられる。起業ってのはこんなもんかねぇ・・
[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-26 06:54 | ビジネス会議・交渉

夢高き同士達と協力

挫けそうになった時、気持ちが焦っている時、ふとした瞬間にでも決断が鈍り始めている時にビジネスパートナーがいるということは大きな力となる。僕が目標を見失いかけている時に、僕のパートナーが冷静に分析し、その問題点を鋭く指摘してくれた。「今は資金面、税方面でたとえ話が中断していても、いずれやらねばならない問題を今の内に解決させ、よりネットワークを広げる時間を得たんだからチャンスだよ」と言ってくれた。経営者とて神の様に優秀でない限り、失敗なく、プラス思考で常にいることはできない。この3日間で僕のネットワークが格段に広がるチャンスを得たことはたしかだ。

今ある時間の中で、ボランティアメンバーとのコミュニケーションや、彼らが担当する営業面の確認をしながら、話がどんどん発展していき、今一番問題となっていた未使用の部屋の運用を手助けしてもらうことが決まった。新たに紹介してくれたメンバーやお友達がさらにアイディアを提供してくれ、それが僕のエネルギー充電にもなった。完璧~☆


そして、僕の起業のコンセプトには、「マネージャー、アーティスト達にとってビジネス経験を得、またアーティストの作品の宣伝など、様々な分野での活躍に向けて、大きなステップアップになれればよい」というのが狙いとしてあります。

企業がバックアップしてくれることによって、僕達は決して素人感覚で会社を運営しようというのではなく、もう1人前の仕事をしなければならない。逆に言えば、企業からの指示が僕達を一流としての仕事をさせてくれるチャンスを得ているということなのだ。企業と一緒にビジネスをし、税理士、弁護士、その他事業には欠かすことができないネットワークを手に入れた。これを今後NYで起業しようと思っている若者に提供することが次の僕の使命でもあると思う。アイディアはあるのに投資がなくて困っている人には、僕の知り合った限りでしかサポートできないけど、包み隠さず話そうと思う。

より多く起業をしようと思っている方と会いたいとも思います。彼らは同じように熱い想いをもち、ただ資金やネットワークだけ不足しているというケースが多いからです。もちろんタダというわけではなく、将来的な相互レベルアップを図ったものにします。世の中、タダほど怖いものはないですからね・・・
[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-20 09:16 | ビジネス会議・交渉

いよいよ物件選定

先日の物件の交渉難航によって弁護士が仲介し、双方の意見を考慮してやっと決着がつきました。とにかくアメリカの不動産屋は相当あくどい事を仕掛けてきたので、顧客側の権利をもう少しNY州法律は改正してほしいと思う。

程なく、仲介をもって物件が最終的に決まりました。オーナーさんは日本へ1年前に旅行したこともあり、すぐに気に入ってくれ、礼儀正しい日本人ならばと僕の条件を色々飲んでくれました。大きく投資することにも、大家として家賃収入が入れば賛成とのことで、サブレットにして特定のお客さんを入れることは原則会社の責任とし、その他の法整備もこちらのビジネスパートナーとすすむことに同意しました。

d0039762_9443377.jpg必ずNYに来たみんなが心から楽しめるような、楽しいホテル作りと、サポートを充実させたいと思っています。部屋数は多くないので原則予約制、お客さんも良識ある方を望みたいので、価格設定も少し上がるが、それでも破格といえるのは、この企画が多くの方々によって協力してやってくださるため。このブログを読んでくれた人も、1人でも多くきてくれたら僕は嬉しいと思っています!学生の為のアドバイス、ネットワーク紹介、NYの観光紹介など、少人数制のクオリティー高いホテルとしたい。

d0039762_9432413.jpg地域は最近すごく開発されてすごく閑静な住宅街。タイムズスクエアまで10分以内のホテルで、広さもデザインも文句ないと思います。しっかも新築物件で、下の階にコンビニができるらしいから、もうちょー最高!隣にはタイレストラン、右にはまたDELIがあり、洗濯機も個別についているから自炊生活もできる☆


このキッチンスペースはすごい。電子レンジから冷蔵庫、オーブン、ウォッシュディッシャーがついて設備満載。マスタールームは「ラグジュリアスルーム(仮)」としてたぶん1泊150ドルくらいになるけど、NYの立地と日本語対応設備、デザイン性、機能性からすれば必ずNY観光が楽しくなると思います。多くの日本からやってきた友達がホテル探しに苦労していて、大手ホテルのサービスと値段を比較すると、結局安いホテルになってしまい、さらに観光イメージも悪くなる。私達NYに住む現地人とボランティアが少しずつでも日本人にとって楽しいNY観光をしてもらうための滞在先作りをできたらいいと思っています。
d0039762_946252.jpg

[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-14 09:45 | ビジネス会議・交渉

NYにて株式会社設立

先日、会社設立に関する資料を弁護士に預け、1週間もしないうちに株式会社(C-corporation)が正式に登録されます!!僕が学生だということと、資本金の額が上がった為、一番法人税の高いC-corporationが妥当とのこと・・・(泣)。でも相談費を含めて千ドル以下(10万以下・・詳しくは言えないけどね)で色々ホテルに関する法的な質問も聞けたし、経験にもなり、会社まで建っちゃいました。本当にパートナーの方々には助けて頂き有難うございました♪NY証券取引所に上場したらみんな買ってくださいよ(爆)
d0039762_6463086.jpg
株式配当は・・・名古屋名物鬼まんじゅうと大須ういろかな。NYで敢えて「名古屋」をアピールするのだっ!実家の覚王山にある梅花堂の「鬼まんじゅう」は美味いんだぞ。

会社設立自体はやっぱアメリカはすごく早いなぁ~って思いました。通常、日本ではお役所に会社設立に関する書類を届ける為に何時間も並んだり、1ヶ月も2ヶ月もかかりそうな感じだけど、こっちは地獄の果てまで金と弁護士の実力次第・・・。逆に弁護士に騙されたりする人も多く、ビザサポートだけで100万以上費やしちゃう人もいるらしいですが、それも情報を知っているか知らないか、紹介があるかないかだけらしいです。怖いですね・・・。噂ですが、ビザ取得に1000万使って、仕事に使う費用なくなっちゃった人もいたらしいですし・・そんな弁護士は抹殺。天誅したくなる。日本だったら弁護士会から一先ず追放だと思うけど、こっちは相場と実力の兼ね合いが結構難しい。


最近は不動産屋さんとホテルの物件探しを引き続きしている。元々僕は宅建を日本で取っていたので知識はある。でもこっちの地価と相場は現地の人に聞かないとわかんないので、よいパートナーシップを結んで契約したい。お買い得物件というと、みんな「こりゃ~手に入れんと損だがね」と我先に争うかもしれないが、不動産の知識を得ると案外冷静に物件の価格査定をすることができる。つまり、価格が安くなるにはそれなりの要因があるということ。例えば、駅から遠い、建物が古い、家具がついてない、ロフト式、近隣住民の騒音、幽霊物件、などなど。自分が決めるときは優先順位をつけて、駅近は最重要とか、ロフトは嫌だとか、見比べながら妥協と忍耐で決める。案外落とし穴なのは、物件オーナーが曲者とか、お金に困っているとか、そんな点から価格を低くして売りさばこうと思うので、ここらへんも上手く交渉できれば強い。つまり、金が欲しい人には現金一括で払う代わりに安くさせるとか、利回り重視のオーナーは分割払いで総額を高く見せてもよい。

物件選定は非常に難しい。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-01 06:46 | ビジネス会議・交渉
今週は本当に充実した仕事内容であり、そしてプロジェクトが一気に加速したことも事実。弁護士と話したり、保険屋さんに行ったり、会社設立セットアップをしたりなど、すべて初めてづくしの起業だけど、ちょー楽しいです。学べるものは120%実践で学べます。

よく大学でビジネスを学んだり、大学院でMBAを取得したりなど、社会にでるまでに1000万以上は学費に費やされますよね(みんな気づいてない!?)。でもいっちゃー大学で学ぶものは本で学ぶものがメインですし、書籍は書店で売っているので買って学ぶのが一番なのでしょう。(僕は現在、新聞社インターンで新刊書籍紹介のコーナー(1週間6冊タダ読み)の仕事を得た)いわゆるBook Smart(理論を学ぶ)は色んな手段で学ぶことは可能なんです。ま、でもそこは情報社会、勉強するといっても何から手をつけていいかわからん!とか、ノウハウがあれば早い!と思うからこそ専門学校や語学学校が存在するんです。要は知識、情報も金次第っすね(泣)


「学費をケチりたい」と思うならば起業するのが一番安上がりだと思います(笑)。いや、まじですよ。今日は、保険屋さんと一緒に話している中で、日本の保険システムや米国システムの仕組み、雇用形態などなどみんな営業で教えてくれました。しかもプライベートレッスンです(笑)。先方も僕の会社で利益になる見込みがあるから自分の商品を教えるのが仕事です。雇用税、雇用保険などアメリカの保険をだいぶ学びました。未だ総経費5万のみですが、学んだ知識はMBA以上の実践(Street Smart)を得ました。これで逃げるのも一考かな?笑


営業力はだいぶ自信がでてきました。まぁひたすら自分のプロジェクトを繰り返しみんなに説明するだけなのですけど、繰り返しは勉強と同じ、地に板がつきます。なんとなくマネーの虎くさいですけど、大企業の社長様ともお話する機会を得て、問題点を鋭くつっこんでくれ、最終的に彼らを納得させなければいけません。某有名インテリアデザイナーさん、某大手広告会社さん、某某弁護士さんを含め、みんなミリオン規模の仕事をしている人にとって、私の今回のプロジェクトで彼らに支払える対価がが数十万程度(やばっ!!)なのでとてもじゃないけど相手できないですよね。(そりゃ実力に比例して動かせる金額なんてこんなもんですが)。むむむ~、こうなったら逆の手だ、若いという武器を使って、未来価格を提示するしかない!(爆)小林よしのりの、「ごーまんかましてよかとですか?」じゃないですけど、最初から自分の実力だけでできるなんて思ってません、「将来」、みんなへ還元します!!
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-21 06:34 | ビジネス会議・交渉
マジ過酷っす・・・

多分、普通はビジネスコンサルタントがついて、広告からコンセプトデザインからみんな手分けしてやってくれるのだろうが、それを全部やること何十時間。すべては自分の実力と経験を養う為に人の2,3倍は自分で考えて、自分で仕事をこなすのがよいとは思うものの、初めての立ち上げなのでノウハウは全くありません。体フラフラになるくらい篭っています。片手にビジネス文書参考書を持ち、手前にプロジェクト書類を広げ、もう片方に名刺をばらまいてます。パソコンですべて情報を仕入れ、コンサルタントとリアルタイムで打ち合わせながら業務をこなす・・・楽しすぎて腹へって死にそうです。


しかしながら、頭をフル回転しながら実力を100%使い、さらに120%の仕事に挑戦することは、確実にビジネススキルの取得率はよいはずです。


昨日はアメリカンドリームという日系人主催のパーティーに参加しました。

アメリカンドリーム

学生会、日系グループ、企業仲間と紹介し合い、これも仕事になりそうだと思いながら、プライベートで遊ぶ機会が次第に限られていくので残念。新聞社のレッテルもあるので、情報を広げやすいのも確かなので、いわゆる情報屋としてやってみたい願望も少しあり・・(でも本物の情報屋はすごい)。人としゃべっているのが楽しいというのは天職のように感じる。ほら、たのしーって思ってやれることは一番幸せじゃん。僕にとって、これで仕事できるのが幸せ。社交術にもだいぶ自信がつき、それは営業という面で形を成していくようです。(ホントハ毎日飲んでる・・だけ!?)


営業の一つは、営業のプロジェクトを短く、はっきりと、印象よく説明できることだと思います。僕のプロジェクトを毎回色んな方々に説明するうちに、効率も理解力もどんどん向上していくことをひしひしと感じられます。今日はアメリカ人のパートナーとしゃべっていて、僕の説明もプロジェクトもMBAの授業並に完成度が高くなたねといってくれました。(半分以上おべっかだろうけど爆)。信頼性は以前書いたと思いますが、プロジェクトの完成度と共に、僕の目を見てみんな仕事をします。僕も人の目を見ます。


プラス思考ばっかなブログですけど許してください(爆)。僕は大学時代から元気だけが取り柄だったんです。ミスドとかで「いらっしゃいませ~」って笑顔で応対していたスキルは今、営業で曲がりなりにも役立っているような気がします。NYに来る友人にも「なんか元気ごっつでるわ~!」って言ってくれたときはちょーやる気でます。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-15 10:24 | ビジネス会議・交渉
アメリカでさぁ仕事するぞっー!ていっても、簡単にはじめられるものではありません。(俺は勢いが取り柄なので失敗します笑・)会社を設立して、雑誌やTVの広告に掲載したり、事業を拡大することを目的にしたいのででそれなりの法手続きを経なければいけません。それに、どうせやるなら生きるための小金稼ぎじゃ皆に申し訳ない。

会社(C-corp)または事務所(S-corp)を開く場合、1週間もあればでき、費用も10万円程度と、日本に比べればびっくり安い価格ですね。(最低資本金もありません)僕の場合は自己の資本金を注入して株式会社としてスタートすることになりましたので、株式比率や有価証券といった専門的な知識が必要になります。

ちなみに会社のタイプは「日本法人の支店タイプ」、「個人経営タイプ(個人事業主登録)(
S-corp)」、「パートナーシップ経営(GP=general partnership LP=limited partnership」、そして「株式会社タイプ( Inc, Co, Pc)があります。モンスターズインク(映画)は一応株式会社だったんですねぇ~笑。LLCというのが有限会社タイプです。よく街中で見かけるのは、IncとLLCですね。日本からアメリカで会社を設立をしようと思うと100万以上かかる場合もあるらしく、現地での立ち上げは10分の1です。情報は知っているか知らないかで明暗を分けます。


すでにNYでアパートホテルというと低価格でたくさんあるんですけど、実はほとんどすべて違法経営・違法所得らしいです。ネットが普及した近年、個人でも広告・掲示板を無料で掲載でき、それを見たお客さんはたくさん滞在していると思うのですが、弁護士と話し合う中で、一度見つかるとかなりの罰則があるらしい。特に1日から滞在可能なサブレットという定義はもはやサブレットではないというのがNYの法律で、現金を得ている滞在者が捕まると国外退去処分、10年アメリカへ戻って来れないという罰則らしい。本当に捕まるということに関してはまだ法整備が完璧ではないらしいですけど、経営者は不当利益ということで捕まります。

まぁ~でもニューヨークはばれなきゃいい、赤信号は警官も無視しているくらいだから、重罪以外はだいじょうぶだと思いますよ(ぶっちゃけ!)。モラル低下が激しいっす!
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-11 07:52 | ビジネス会議・交渉

NewYorkのHPデザイナー

昨日はガンダムSEEDのアニメを夜中まで見ていて、寝不足のままビジネス会合に挑む(笑。俺はどんなに立派なビジネスマンになったとしても自分の趣味まで豪華な遊びに変更するつもりはない(笑)。

個性といえば、Webデザインというのは特に問われる。今日はこのNewYorkで大活躍している個人のWebデザイナーさんとの会合でした。日本でもWebデザイナーは腐るほどいるらしく、ただスキルがあるから起業するんだーって意気込む学生も多いらしいが、スキルがあってもネットワークがなければ厳しいのが現実でしょう。ネットワークを繋ぐにはよい営業をしてくれるパートナーが必要ですね。今日会った方は自分で営業もしているので、自分の専門を営業でも生かせてすごいやり手だ。


うーん、現実は・・・酒飲んでスペイン料理食いまくって、笑いまくっていました(笑)。


d0039762_517173.jpgビジネスはコミュニケーションができればまずOKですよね。本音で仕事を語り合えないパートナーは必ず確執が生まれてしまう逆に、本音で語り合って、アイディアを出し合えば互いの潜在能力が爆発的に開花するはず。僕はそんな意味でコミュニケーション力をもっと磨き、マネージャーとしてパートナーの力を思う存分発揮してあげられるような役割を担わなければいけないのです。目指すべきところはここです!

WEBデザインは広告にもすっごく有効です。そしてWebで稼ぐには、どうやってWEBサイトを売るのか戦略をもっていなければいけません。詳細は公開できませんが、Webデザイナーの本質は自分勝手で自己満足なデザインをするのではなく、お客(クライアント)の為のデザインを考えることですね(当たり前ですが・・)。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-05 05:21 | ビジネス会議・交渉
こんにちは。今週は大きく仕事の流れが大きく変更する模様です。

僕のアメリカ人の友人で、不動産・会社などの投機コンサルタント・バイヤーをしているタイ出身MBA学位の方と久しぶりに会った。うーん、だいぶ僕の英語もよくなって、話もだいぶ通じたのでよかった(笑)。たとえ小さなビジネスとはいえ、世界を相手にするには世界を制すことを目標に動かねば潰されます!(でっかくでます!)

まぁ~世界ビジネスをしている方は本当に頭がよいことよいこと、普段はバカ話ばっかしていた彼が、一度ビジネスの話をしだすと、「そのビジネスには3つ考えることがある」や、「2通りプロジェクトを進めることが可能だね」と、まるでコンピューターからデータを引き出してきたかのように答えちゃう。ビジネスを始める前からで四苦八苦している自分を考えると、彼にとっては見え見えのように難点が分かるらしい。何億というビジネスを動かす人物と会うたびに「俺の若き血潮が沸き立つ」(笑)。権威にぶら下がるだけの日本人と違うんです、人間が面白くて頼りがいあるんです。惚れちゃいます。

ビジネスは必ず成功するよ。すべて穴を埋めればね。


これからWEBデザイナーと折衝予定。
今回のプロジェクトには女性が多く関わっています。心理的には男と女が共に仕事をする方が競争心芽生えてよいらしいです。よい環境つくりをすることが社員全体にとってどれだけやる気を得られるか、これは重要です。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-04 07:26 | ビジネス会議・交渉