05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

カテゴリ:NYの話題( 31 )

たまたまブログ巡りをしてて、最近よく目にするエンカレというNYの語学学校の経営者・後藤さんのサイトに行き着きました。僕は実は、1年半前(NYへ来て半年)、彼のオフィスにお邪魔したことがありました。僕が22歳の学生で、大学院へ行きたいけど英語もしゃべれなく、TOFLEもどん底の未来が閉ざされた状態で彼とジェイソンさんに会った記憶がありました。

エンカレ後藤さんのインタビュー

結果的にエンカレのフルタイムで授業を取ることは、うちの語学学校の関係上できず、また勉強だけに集中もしたくなかったのでその時は授業は取りませんでした。でも彼の授業に一回参加した時、すごく興味深い話を聞きました。それは、「精神的にどん底へ落ちた時の対処法」でした。人間誰しも、精神的に不安定な時期を迎えるのが3ヶ月に一度くらい(どんなに精神を鍛えても)あり、要はその時期を予め分析し、最悪の事態に陥らないように対処をしておくこと。これを聞いたとき本当に頷きました。そして後藤さん自身もそれに必ず陥るし、それを克服してこそ未来がある!という言葉が学生達にとってはすごく励みになったんだろうと思います。僕もその一人でした。

勉強も仕事も遊びもタイムマネージメントがすごく重要です。それは短期的には一週間の計画であるし、中期的には精神バランスをどう整えていくか、年間では自分の目標をどこまで達成させたかなどをしっかり自分のリズムの中に組み込んでいく事ですね。特にうちの投資家さんからよく言われるのですが、「目先の利益に囚われて、大きな目標を失っちゃいかん!」まさにその通りです。後藤さんの勉強法には絶対に秘密があると思いますね。それは最終的に経営者、時間管理者としての知識から来ているのではないかと思います・

彼のインタビューの中で何度も「危機」という文字を目にしました。これは経営者にとっては、逆にこれを書かない人は信じられないというのが定石です。みんなは成功しててかっこいーって部分にしか興味ないかもしれないけど、勉強も仕事も、やっている人はやっているほど、シビアに苦労や失敗が経験を積み重ねていくことに気づいているはず。僕は未だに発注業者からはナメられるわ、不動産会社とは喧嘩して弁護士沙汰までやっちゃったので、これもみんなはいい経験といって水に流しましたが、悔しすぎました。。。

経営者はすべての業界で必ず必要となります。飲食業でも、運送業でも、ホテル業でも、人材を管理して、お金を管理して、的確に指示を現場へ伝達する。僕は今、ホテルのベッドメイキングから、トイレ清掃、お金管理、人材教育・・・・広告から経営まで色々やってますけど、いつか笑ってえがったのぉ~っていえる時代になりたい(笑)。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-10-09 14:05 | NYの話題

M New York オープン発表

このブログを読んでコメントをくださったり、励ましてもらったり、暖かく見守ってくださった読者の方々、本当にありがとうございます!の一言を言いたいと思います。

私の事業を改めて紹介したいと思います。
d0039762_12204472.jpg

M NEW YORK designed by YUKIKO KOIDE
―ハイクオリティーな空間を。そしてラグジュアリーな時間を・・―

M NEW YORKは、これまでにない居住型ホテル。日本から到着したその瞬間から、あなたはニューヨーカーになる。マンハッタンで暮らすようにすごしてみたい。あなたの夢が実現できるアパートメント・ホテルです。M NEW YORK designed by YUKIKO KOIDEは、NY州においてB&B登録され、法律に遵守したホテルです。お客様の安全を第一に考え、快適なNYライフをおくっていただけるようセキュリティー面を十分配慮しております。

http://www.aulanyc.com/M/   (工事中)

プレオープン9月1日
本オープン10月1日

現在9月14日まで雑誌関係の取材の為埋まっていますが、その後の空いている日は友人やこのお部屋に興味のある方に泊まってもらいたいと思っています。10月以降は日米側の広告代理店が広告業務をしますので、それまでは僕が広報をちょっとするってわけです。

yokoyama0221@hotmail.com
までメールを宜しくお願いいたします。


NYは物価が高い、日系アパートメントホテルでもトラブルはつき物だ、紹介できるNYのホテルがほしい!そんな声がこの僕がNYで住んでいる2年間の中でたくさんありました。世界で有数の物価が高い街、NY。中でも観光するときに真っ先に問題となるのが「宿泊先」。汚い、高い、トラブルばかり、、でも長年住んでいる日本人だったら分かるはず、それを教えてあげたい・・そんな想いなどをあわせて特注で投資家や有名デザイナーをプロジェクトに組み込んで作ったホテルが「M New York」です。「コンセプトスペース」と題して、お客様にあったサービスを提供できるように、サービスの設定をお客さんが選べたり、デザインを楽しんだり、1週間以上滞在したり、、、選び方は自由自在。それでも価格は個室で150ドルという価格は、事業体として経営することによって生まれる長期ビジョン価格設定。

資金繰りや価格設定の秘訣については既に僕もたくさん経験して分かりましたし、このブログを読んできた皆さんならばお分かりでしょう!ビジネス次第では100万かかる仕事を50万で仕上げることができます。節税対策という考え方はさらに100万の投資で、200万のお金がこちらに来ます。資金の流れは実践型ビジネス経営ノウハウとして、以前説明もしました。

今後の目標として、2号店設立へ向けた動き、そして今まで頑張ってきたけどなかなかアイディアに組み込めなかった手作り石鹸企画や画家の作品展示。もちろん自分と志同じくする起業仲間も募集していきたいと思います。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-09-06 12:31 | NYの話題

NYの諸事情

NYは本当に狭い!というのが初感。

現在NY暦2年、お陰様で色んな業種の方とパーティーや学校でお友達になったり、最近では異業種交流会や仕事上のお付き合いで駐在仲間やビジネスマンと知り合いになる機会が多い。そして「NYでは悪さできねぇなぁ」っていうのが最近思うこと(泣)。

先日も知り合いのお別れ会に参加したのだが、NY暦4,5年という方々と話していると必ず知り合いの話になったり、噂で聞いたことのある人物の話になる。特に威勢のよい若者連中は噂の渦中なやつと思ったほうがいい。世界中どこだって日本人はいるし、ある程度縄張りってーもんがあるのかもしれんけど、話によると「日系の人脈」というのもビジネスには重要な要素を占めているのだ。いやはや、おいらはまだ在米2年目の若手なもので、先輩のお話は素直に聞いているんっすけどね、笑。自分のテリトリーとして学生、不動産系、大使館系、新聞系はかなり拡大路線っぽくなっているのだけど、やはり日系の大本営、日系人会や芸術系の大元は何かと耳にすることも多く、広げてみたい分野である。

最近は意外と年上の人と飲むことも多く、企業側と学生側をつなげるような役割をしている。元々NYに住む日本人の団結力が薄く、お互い避ける傾向にあるんだが、改めて日本人同士の共闘や、日本人の雇用創出に力を入れていきたいと思うのが本音。実力ある学生なんてゴロゴロしているし、そんな彼らでも就職せずに日本へ帰れば厳しい現実が待っているのだ。ある意味意見のはっきりいえるすばらしい人材がたくさんいるのに、企業側に雇う能力がないというのは本当にもったいないことなのだ。逸物ある人がNYで成功を目指してやってくることを考えてみても、しっかり勉強もしているし、本も読んでいるし、考えももっている。少なからず、自分のNYでできる役割、雇用創出という分野で今回のプロジェクトを進めて生きたいというのがロングスパンでの目標!

さて、我が父と広告会社の方がNY入りした。我が片腕の相棒もNY入りした。この2,3週間で大詰め、開始の狼煙を上げることになりそうだ。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-08-21 13:59 | NYの話題

NYの諸事情

NYは本当に狭い!というのが初感。

現在NY暦2年、お陰様で色んな業種の方とパーティーや学校でお友達になったり、最近では異業種交流会や仕事上のお付き合いで駐在仲間やビジネスマンと知り合いになる機会が多い。そして「NYでは悪さできねぇなぁ」っていうのが最近思うこと(泣)。

先日も知り合いのお別れ会に参加したのだが、NY暦4,5年という方々と話していると必ず知り合いの話になったり、噂で聞いたことのある人物の話になる。特に威勢のよい若者連中は噂の渦中なやつと思ったほうがいい。世界中どこだって日本人はいるし、ある程度縄張りってーもんがあるのかもしれんけど、話によると「日系の人脈」というのもビジネスには重要な要素を占めているのだ。いやはや、おいらはまだ在米2年目の若手なもので、先輩のお話は素直に聞いているんっすけどね、笑。自分のテリトリーとして学生、不動産系、大使館系、新聞系はかなり拡大路線っぽくなっているのだけど、やはり日系の大本営、日系人会や芸術系の大元は何かと耳にすることも多く、広げてみたい分野である。

最近は意外と年上の人と飲むことも多く、企業側と学生側をつなげるような役割をしている。元々NYに住む日本人の団結力が薄く、お互い避ける傾向にあるんだが、改めて日本人同士の共闘や、日本人の雇用創出に力を入れていきたいと思うのが本音。実力ある学生なんてゴロゴロしているし、そんな彼らでも就職せずに日本へ帰れば厳しい現実が待っているのだ。ある意味意見のはっきりいえるすばらしい人材がたくさんいるのに、企業側に雇う能力がないというのは本当にもったいないことなのだ。逸物ある人がNYで成功を目指してやってくることを考えてみても、しっかり勉強もしているし、本も読んでいるし、考えももっている。少なからず、自分のNYでできる役割、雇用創出という分野で今回のプロジェクトを進めて生きたいというのがロングスパンでの目標!

さて、我が父と広告会社の方がNY入りした。我が片腕の相棒もNY入りした。この2,3週間で大詰め、開始の狼煙を上げることになりそうだ。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-08-21 13:59 | NYの話題

一ヵ月後オープン決定!

最近はだいぶリズムに乗れているような気がします
もうすぐNYのデザイナーズ系アパートメントホテルが誕生する予定♪

当ホテルの特徴は数えあげればキリがないんですけど、まず何より安全さが第一です。結局現在日本人が経営するアパートメントホテルには違法経営が目立ち、一見安くてお手ごろなんですが、現地へついてはじめてトラブルにあったり、盗難にあったりします。特にニューヨークという立地もあり、観光客の身分からでは訴えることもできず、泣き寝入りするのは当たり前。でもせっかく観光に来て宿泊をケチっては思い出がすべて台無しになっちゃいます。お客様の目から見た安全と保証を法律に則って考えようというのが今回のコンセプトの1つ。

次に、アパートメントホテルといえばシェアバスでしょう。特に女性客はバスルームにかける時間こそ一日のスタート。何人もの人がシェアすることによってそれは不可能(特に4部屋に対して1つのバスルーム等)となり、さらにお腹が痛くなってもトイレいけない!という最悪の事態もある様子。それはお客さんが選んだのだから・・・といわれれば元も子もないんだけど、個室&バスルームがあればNY観光も楽しくなります。お風呂に入れる個室があるというのはNYでは贅沢なことなんです☆

そして一流デザイナーによるコーディネイト。Wホテルを実際にデザインし、NYでは売れっ子のデザイナーが同じ同郷出身ということで意気投合。今回の現地スタッフが望む「あったらいいな」のプロジェクトに参画し、最高のデザインを担当!ふかふかのベッド、選ばれた家具、デザインのあるバスグッズ、でもそこまで価格を引き上げない低コストでハイクウォリティーを重視。一泊200,300ドルが当たり前のデザイナーによるデコレーションを150ドルで仕上げる。宣伝もさらに一流の広告業者が入り、今のところプレオープン時に取材に来る予定の業者が少し決まりました。

何しろ、最初は部屋数が2室のため、セキュリティーや快適性はかなりありますが、予約に対応できない可能性があります。今後拡大はしていく予定ですが、楽しみな企画には間違いありません。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-29 10:58 | NYの話題

NYへ戻る

時差ぼけ直らず・・
週末はあんまり調子がよくなかったのでずっと友人の家で寝たりしていました
平日は色々やることあるのでひとときの休暇でしたね

気分を入れ替えて頑張ろう☆
ネタが復活したら書き始めます♪
あ、日本滞在中はマジで忙しかったです。実家の会社系の手続きが多く、でもビジネスパートナーの方にも会えたり、広告宣伝についても色々聞けたし、内容は充実していました。夏はもうすぐー!
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-11 11:04 | NYの話題

僕の休日

家が火事になって以来、友人の家に居候しており、毎晩仕事終わりには酒を飲んでいます。しいて休日も同じ時間は過ごしたくないかなと思い、NY来の友人で、僕の年以上の息子さんを持つ主婦のYさんと、うちら共通の友人とそのお母様の4人で軽い家族旅行をしに行きました。ルームメイトとの低レベルで御下劣な話(それが大好き)からちょっと離れ、大人な方々とのよいお話をしながら、電車を走らすこと1時間、Bラインの終点に近いロシア人が住む町へ行ってきました。

d0039762_12372791.jpg話にはきいた、NYタイムズスクエアからたった電車で1時間もすればビーチが本当にあったんです!QラインとBラインどちらでもいけ、Bラインなら1時間以内でこーんな素敵なビーチにいけたんですね!ここの砂浜は本当にサラサラしていて、ビーチにごみが全然なくて、すごく綺麗でした。そして観光客が全くいないのも特徴といえば特徴。つまり、ロシア人街と呼ばれるこの地に外部者が入ってくることはほとんどないので、ニューヨーカーの癖に英語の話せない現地ロシア移民の人たちがたくさんいます。つまりチャイナタウンに住む中国系アメリカ人が英語を話せないみたいなもんだ。こんなお勧めスポット、絶対行かなきゃ損だ!

d0039762_12342664.jpgよい点はビーチだけではない!その食事も豪華で低価格なんです。まさに移民系ロシア人の居住区域なので、食事もほとんどロシア料理。ロシア料理なんていったらポテトくらいだろ?なんて思ったら全然旨い!ボルシチもとろとろのお肉でちょーうまいし、International Marketと呼ばれる新鮮市場にはキャビアや新鮮なイクラが低価格で買えちゃうんです。地下鉄$2で世界各国を回れるニューヨークの魅力は本当に奥が深い・・・

そして家族のような温かみをいつも感じさせてくれるYさんにはいつも感謝している。次の日には、ロシア人街で買った新鮮な食材を使って豪華な料理にビールとワイン☆Yさんは時に彼女のクラスメイトとパーティーをしたり、旅行をしたりととにかくアクティブ。彼女を慕って集まってくる人々の中には企業家、国連関係、銀行家その他、とにかく只者ではない。NYという地で縁というものを本当に信じられるようになりました。ま、僕のビジネスも「縁」がキーワードです♪
d0039762_12375612.jpg

[PR]
by aaandy0221 | 2005-06-06 12:34 | NYの話題
今住んでいるコロンビア大学の近くのアパートが今月で引越しすることになり、あと2,3ヶ月後には新しいホテルへ転居となる予定なので、適当にアパートホテルみたいなところにいればいいかなと思って選んだのがハーレムでした。

d0039762_6101562.jpgハーレム!!??というと黒人街のとっても怖い所を皆さんは想像するかもしれませんが、最近ではNYの地価も上がり、ハーレムもだんだん開発されて環境がよくなってきています。僕の新居もそんな地区にある147Stで、価格も安く、友達も住んでいるので少し住むことにしました。まぁ僕も経験として、高級住宅地域から、低所得地域まで一通り住んだことがあり、僕の物の価値も人よりは自信があります(そんな自信いらない!?笑)。一時期はクィーンズのインド人街でバングラデシュ人の家族とホームスティ半年してたし、アメリカ人家族とコロンビア大学近くでホームスティもしました。面白い系に食いつくのが私なのです。


d0039762_6105895.jpgさぁーーーー新しい我が家だぁぁとやってきたのは、3人の日本人ルームメイトと共に住むハーレム地域のアパートでした。みんなちょー面白く、毎晩晩くまで色々しゃべっててこりゃー楽しくなるなと思って3日目、、こうなりました。5階の野郎が火事を起こし、思いっきり放水の水が伝ってきて、我がフロアも水浸しになりました。俺はこの日、ヤンキースの試合を見に行った帰りで、帰った時はまだ水がぽたぽた程度でしたので、急いで荷物を全部どかし、その10分後に大洪水となりました。不幸中の幸いだったのか、荷物は無事でしたが、おかげで住む家をなくしました(笑)。家具類を僕は全く持っていなかった為、ほとんどすぐに荷物を運び出すこともできたし、半分笑っていられますが、上の階の人はちょー激怒です。家具も電化製品もすべてパーとなると黙ってはいられんっすね。。

d0039762_618113.jpg次の日のNY1では堂々とニュース入りし、その後噂を聞いた僕の友人から電話が何軒もかかってきました。。。。あんまり不幸を不幸と思わない性格なので、これも経験かなっぁ~とは思いますが、電化製品に水がかかっていたらこんなに笑ってはいわれないだろうと思う・・・。恐ろしい。まだコロンビア大学近くの家で生活をしていますが、来月以降なるべく早くホテルの物件を見つけないと自分自身の家もないというバカな事態になります・・・・爆
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-30 06:20 | NYの話題
一週間がっつり働いて、土日が本当に休日だなぁーと思える2日を過ごしました。こういうのも変なんですが、早く平日になって欲しいと思うのは多少ビジネス狂いの性ですが、遊びも仕事も120%だぜぃ!

週末はパーティー♪がやっぱ外国らしいですよね。今週はボランティアグループの方のパーティーに行ってきました。これから僕の仕事に関わる方々でもあるし、その活動内容も知らなくて寄付ってのも変ですからね。実際、出席してびっくり、こんな楽しい会だったなんて本当に知らなかった☆たくさんの方々が本当に楽しそうにボランティアをするというのは簡単なようで一番難しいことのような気がします。日本からやってくる患者さんの不安もこれなら吹き飛ぶわぁ~ってくらい元気な団体でした。詳細はホームページを見て欲しいと思います☆
http://manhattan-heights.com/

これは自惚れかもしれないけど、彼らはボランティア活動を実行していく方々であり、僕はその活動資金を生み出す為の仕組み作りの一環となったらいいなと思います。僕のホテルビジネスの中では、石鹸販売の部門を担当することになっています。日本から来るお客さんにとっても魅力的なアイディアがたくさん詰まったホテルになる予定ですからね♪

その後はアフター10で、また友達と飲みにいきました。結構特殊なとこでした(笑)。


日曜は読書にしようかなと思っていたけど、やはり友人と会ってサイゴングリってしまいました、、、
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-23 07:44 | NYの話題

僕のビジネスへの想い

僕は運用資金に関しては様々な繋がりをもって有利に進めることはできました(感謝の気持ちで一杯です)。詳細は複雑ですが、「チャンス」を掴んだということでしょう。お金に対してはもちろんシビアには考えていますが、今回のプロジェクトがお金儲けがメインでないことは皆わかっているようです。苦労せずにお金だけ儲けたいなら投資家の仲間に入って株を動かせば儲かります。個人レベルで株の売買は危険を伴うけど、これもネットワーク次第でヘッジファンド(株売買の頭脳集団)に投資すれば少しずつでも確実に収入を得ます


今回のプロジェクトで僕はもちろん今まで生きてきた人生の数倍苦労していますが、その苦労が快感になってきているのは不思議なものです。嫌々仕事をしながら安定した収入を得るか(安定という言葉も疑問)、何倍も苦労して将来何倍も稼ぐ可能性を得るか?そこには苦労という言葉の定義が人によって違いますが、自分ができる力を存分に発揮したなぁ~って思える仕事は絶対に快感を得ます。

「なぜNYで仕事を立ち上げようと思ったか?」。これは僕がボランティア時代に養った日系コミュニティーに対する思いが一つあります。ニューヨークの日系コミュニティーはまだまだまとまりがなく、個人レベルで成功するという意識を持った方々がほとんどです。夢を追いかけている人がここで生活するには多額のお金を必要としますし、お金を得るにも英語ができなければ働けなかったり、米系企業に入るには障壁がかなりあります。僕は日本人に雇用を生み出すようなビジネスをしたいと思っています。語学学校時代、ボランティア時代、新聞社インターン時代を含め、数多くの日本人と一緒に飲んだり、仕事したりして、貴重な体験をたくさんしました。


もちろん、NYで長く生活している人たち(在米10~20年の方々)ともたくさん会い、日系コミュニティーの話や、日系人の歴史をたくさん聞きました。信念を持ってビジネスをしろというならば、社会貢献(ボランティアの定義)は僕がアメリカで養った1つの土壌となっています。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-05-13 06:12 | NYの話題