05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

一ヵ月後オープン決定!

最近はだいぶリズムに乗れているような気がします
もうすぐNYのデザイナーズ系アパートメントホテルが誕生する予定♪

当ホテルの特徴は数えあげればキリがないんですけど、まず何より安全さが第一です。結局現在日本人が経営するアパートメントホテルには違法経営が目立ち、一見安くてお手ごろなんですが、現地へついてはじめてトラブルにあったり、盗難にあったりします。特にニューヨークという立地もあり、観光客の身分からでは訴えることもできず、泣き寝入りするのは当たり前。でもせっかく観光に来て宿泊をケチっては思い出がすべて台無しになっちゃいます。お客様の目から見た安全と保証を法律に則って考えようというのが今回のコンセプトの1つ。

次に、アパートメントホテルといえばシェアバスでしょう。特に女性客はバスルームにかける時間こそ一日のスタート。何人もの人がシェアすることによってそれは不可能(特に4部屋に対して1つのバスルーム等)となり、さらにお腹が痛くなってもトイレいけない!という最悪の事態もある様子。それはお客さんが選んだのだから・・・といわれれば元も子もないんだけど、個室&バスルームがあればNY観光も楽しくなります。お風呂に入れる個室があるというのはNYでは贅沢なことなんです☆

そして一流デザイナーによるコーディネイト。Wホテルを実際にデザインし、NYでは売れっ子のデザイナーが同じ同郷出身ということで意気投合。今回の現地スタッフが望む「あったらいいな」のプロジェクトに参画し、最高のデザインを担当!ふかふかのベッド、選ばれた家具、デザインのあるバスグッズ、でもそこまで価格を引き上げない低コストでハイクウォリティーを重視。一泊200,300ドルが当たり前のデザイナーによるデコレーションを150ドルで仕上げる。宣伝もさらに一流の広告業者が入り、今のところプレオープン時に取材に来る予定の業者が少し決まりました。

何しろ、最初は部屋数が2室のため、セキュリティーや快適性はかなりありますが、予約に対応できない可能性があります。今後拡大はしていく予定ですが、楽しみな企画には間違いありません。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-29 10:58 | NYの話題
久しぶりに5月の頃のブログを読み返してみて、改めて過去と現在で得たものがすごくたくさんあることが分かりました。何気なくこう書くブログが僕の起業過程そのものであり、理想と実践の狭間の中で苦労しているものが何なのか分かります。特に僕のような起業1年生にとって、決して独りよがりで会社運営などできないし、法律や秩序を守る為にお金も色々かかります。予想外の出費に戸惑う時もあったし、パートナーたちと意思疎通が足らなくて失敗したこともありました。今日久しぶりに会ったパートナーの一人から「なんかやり手になってきたね~」と言われて少し嬉しかった☆だとしても、今はお金以上の強いパートナーや、一流企業からの投資と信頼、アイディアと法的ガードの強化が何なのか曲がりなりにも経験しています。

営業開始延期の理由に会社内部での意思疎通確認という問題が一つありました。パートナー、広告会社コンサルタント、デザイナー、現地広告、写真家・・等などが主に経営陣と呼ばれています。正直これだけの関わりある人のしっかりとした意思疎通、営業確認、状況把握をしっかりせずに仕事を開始しようとしていました。自分なりに何回もも文書化し直し、計画表を随時更新しながら確認していたので、誰もがある意味ほったらかしというありがた迷惑な問題がありました。また、自分で何もかもしすぎて、他人の力を借りなかったという問題もありました。要は代表だからって何でもでしゃばってやったり、できる作業をすべてやろうと思うと他人が入り込む余地がなくなります。お山の大将が動きすぎてはダメということを始めて知りました。すべての決定権を持つが自ら交渉の場に立つのではなく、横にマネージャーを置いてコンビネーションとして動かねばならないのです。つまり、若手刑事と親分刑事の強弱つけた交渉というんでしょうか、これが非常に大事でしょう。要は相手に自分の弱みを直接握られないようにする、王将を守るという金の役目を認識して連携し、対価を分配して、パートナーの動きをしっかり評価することです。

営業開始第二の遅延理由にお金の流れの把握です。つまりお金は賢く動かせば大きな節税対策と、お金以上の仲間の信頼を手に入れられる・・と思います。パートナーへの給与額は、それ以上に活躍の場を設けておき、情報をできるだけ集めることです。お金を使う時に使う、これは非常に難しい、、これには何回も失敗しました。しかし、良作はいくらでも転がっていますね・・自分の財産から投資していると必要以上に痛手と精神的苦痛を感じてしまう。僕がいえること、それは同じ100万円があるとしても、一方は実費で100万円同価の札を払い、一方は50万円を実際に払うだけで済む・・投資の種類によって同じ起業でも少し楽な起業に持っていけるんでしょう。

第三に宣伝広報をたくさん集めておくことです。すべて宣伝も広報もロジック(論理的)があります。マーケティング専門の広告会社があるかないかで売れるものも売れない、モームスの保田圭でも売れるんです(いいすぎ!?あら笑)。これは今後のブログの中で、僕が体験した広告如何を自分の目で見て書いていきたいと思う。企業秘密はあるかもしれないけど、それを抜いてでも十分価値のある報告にできればと思います。

第四に足並みを揃えた計画表の作成と収益目標の提示、未来予想をしっかり想定することです。ビジネスは株のように一発儲けの仕事ではありません。ビジネスパートナーと信頼をつないで次のビジネスに繋げるのが何よりも大きいものであると気づかされました。損益分岐点はまだまだ厳しい、少し間違えばまだまだ撤収の可能性もあります。十分色々学んだとはいえ、みなにいい形で次へつなげたい・・・これは誰もが望むこと。

アイディアが生まれればまた新しいビジネスだってできる。有能なパートナー陣がいれば次ができる!弁護士、税理士を含めて、誰もが僕のビジネスの他にも関わりあるので裏切りを必ずしない人を選ぶ必要があります。これは経営陣から最近厳しくいわれています。。皆、一回り離れた人たちばかりなので敬う気持ちを常にもっていきます。たとえ社長とよばれようが現状は厳しいもんです、、はい。

最後に、マーケティング調査を繰り返し、企画書を何回も繰り返し書いてきている僕は忙しいとは言いながらもしっかり楽しみもあるし、お金で買えない経験と学校以上に教えてくれる先輩たちによって支えられています。アイディアはたくさんあるけど、経営陣に法的問題や信頼の問題でぶっつぶされまくっています。悔しいとは思うけど、もっといろんな企画を取り入れてダメなことは絶対にありません。僕の余裕が生まれたら、色んな企画をサポートし、次のアパートメント企画に参入させる仕組みも考えていきます。アイディアは無限にみんな持っていますし、会社の運営さえ伝授すれば大きな信頼関係を結べると思っています。がんばっていきます!!

これからもいいものを書いていきたいし、このブログを見てくれた人が将来ニューヨークに会いに来てくれたりしたらすごく嬉しいと思っています。いずれ何かの雑誌や広告、もしくはウェブサイトでお会いできる日を楽しみにしています!
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-23 12:09 | ビジネス会議・交渉
経営陣はわが社を含め、3社の企業が足並みを揃えて動き出します。運営陣はボランティアを含め、意思を同じくする学生たちによって構成されています。

経営幹部会

先週、実はかなり山場となっていました。最終の収益予測と合法性の面でGOサインがでるかどうかの瀬戸際、僕を含め、広告会社兼コンサルタント、デザイナー、パートナー他、会計士、弁護士、コメンテイターを含む「経営陣」たちはそれぞれの役割と、それに見合う分配を話し合っていました。いくら個人的に仲がよいとしても、ビジネスがビジネスとして成り立つか、信用を勝ち取るかどうかは互いの結束力。先週以後、皆の仕事の早急ぶりは目を見張るものがある。こんなに収益予測が少ない中で、みなが情熱を捧げてくれるのには本物だと感じました。

ただ、ここで自分は社長としての決定権はあるかもしれませんが、現実的な采配はコンサルタント含む、先輩たちによって指導。俺にこんな現実的な数字が出せるわけないっ。すごい。


運営幹部会

こちらは僕が筆頭となり、初期設立メンバーは今後の運営の核となる。人数が多すぎてもまとまらないし、こっちは信頼性のある人を選ばないと経営陣の方からストップがきます。かの人材派遣会社テンプスタッフの篠原社長は会社設立時に数人の運営幹部陣とともに立ち上げ、今は運営幹部陣がコアとなって戦略の立案や統率を行っています。わが社も規模は小さいながら、地道に幹部候補生を育成していかなければいけません。

仕事多すぎる~~@@
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-18 22:44 | ビジネス会議・交渉

覚悟と吹っ切れ

このブログを毎回読んでくださる方、どうもありがとうございます
このストーリーは常に最前線でビジネスを始める僕の気持ちを余すことなく書いていこうと思っています。このビジネスが成功するかどうかは皆さんの興味あるところでしょうけど、もはや金銭的な成功がビジネスではないことを伝えていきたいです。この3日、コンサルタントK氏がNYにいる間、もはや書ききれない程学んだことは多く、最前線で戦う一流ビジネスマンの本音を身をもって味わいました。僕に一番足らなかったもの・・・・それは覚悟でした。

精神的になんとか正常に戻りつつある僕ですが、これから俄然やる気になっていることはビジネスパートナーとの結びつきの強化です。以前はボランティアで仕事をやってくれる仲間が仕事のコストパフォーマンスと信頼を強化するものであると思っていました。今は金銭的な享受を通して、僕はパートナーの仕事を認め、対価を交換し、裏切りのない関係を築くものであると思っています。パートナーが僕のためにやってくれるすべての事をきちんと理解し、すべて箇条書きにあげた上で値段交渉をします。金銭的な価値以上に本当のパートナーとして頑張ってくれることに男の感動を覚えました。所詮タダほど怖いものはないということでしょうか・・・。

次にパートナーとの結びつきの確認も大切です。友人の紹介というだけではまだ仕事を一緒にすることに大きな危険があります。つまりその人の都合でやっぱ止めたと言った時に僕は何の保障もできないからです。逆にパートナーが、僕以外にも様々な仕事で僕と関わりがあり、裏切ったらその人のビジネス生命まで失うというものが伴ったとき、人は真剣に自分の仕事をするということです。金銭的な享受は責任と義務を見える形にするので、今後僕の運営スタッフとなる方々にはしっかりと金銭を渡します。これは経営者とパートナー、スタッフの信頼関係を一番理解できるものだからです。

そして、金を惜しむべからず。信頼できるパートナーには信頼の価値だけ対価の提示をすること。価格は最終的にお互いの合意によって成り立つが、ビジネスを立ち上げた以上後ろめたい気持ちが少しでもあるとよいものはできません。

最後に、僕が今回感じたもっとも為になったこと、それは「起業の先輩を見習え」です。目から鱗ですよ。つまり、起業はよい部分だけを聞けというわけじゃありません。逆に「なんでこんなにしつこく些細な問題をくどくど挙げるんだろう?」と疑問がわくものに対してとにかく注意して耳を傾けることです。違法経営をとことん注意されました。僕は「まぁお客にも安いホテルはいいし、こっちも税金や諸経費にかかりすぎる経営は収益がでない」と思っていたことがありました。だが、コンサルタントはとにかく「保証、規約、合法、従業員への保証」等等、福利厚生費を充実させよといいました。つまりこうです、会社の基本は「資産を守ること」です。違法経営ではお金を稼ぐことが第一となる為、何かトラブルがあるとオーナーは何も対処できません。またお客が訴えるとオーナーは自分の今まで稼いだお金をすべて失う危険性にさらされます。よって違法経営では危険性がかなり高いといえるでしょう。合法性にさせる為に当初の諸経費の倍近くになりました、、これが経営なんでしょう。

僕は疑問に思いました。なんでこの方は@@にこだわるのだろうか?答えは「一度失敗した経験に対して同じ間違いは二度としないという覚悟」です。一つの違法性があった為、外交問題に発展するくらいの規模の事件となった日系企業のケースがたくさんあります。それを教訓にして堅実に稼ぐことが精神的にも堂々としていられる。「不動産屋と契約するときは一人でいくな!」。次僕がいうとしたら、これを「おめぇ~ひつこいよ!」って言われるくらいに注意するでしょう。僕は不動産屋とのトラブルで必ず契約書への必要以上の注意、レシートのコピーを必ずもらう、相手に飲まれない!これで僕がどんな失敗したか皆さんには分かるでしょうが、失敗は成功の素ということですかね。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-16 22:12 | 僕について
今朝、広告営業兼コンサルタントのK氏がNY入りした
僕は今回少々ミスを犯したことで、逆の意味で僕の実力をみんなに分かっていただけただろうと思っている。むしろこのまま僕が順調に事が進みすぎていたら、営業開始後に多大な損失を生むところだった。どんなに情熱を傾け、自分なりの企画書に自信を持って仕事をしてきた所で、起業1年目という壁は誰もが通る困難の始まりだということを身をもって味わった。つまり、穴だ!経営に失敗することは専門家から言わせれば「必然的に失敗すべきビジネススキームであった」というのは悲しいことだが現実だろう。つくづく勉強させられました。


ビジネススキーム(ビジネスの骨格)経営の5P
経営の合法性(企業の信用力、他企業と合法的にパートナーを結ぶ)
ターゲット・マーケティングの確認(実際の広告戦略においてはっきりしたセグメント獲得を狙う)
ビジネスプラン計画日程表(いつ誰が関わって、どう動くか)
会計の勘定確認(損益分岐点計算、すべての収入予測、支出をエクセルに出す)
差別化(同じ業種の情報をすべて調査し、競合企業を特定する)

内部の経営(パートナーに誰がいて、どう利益分与し、どう今後の経営を行うか)
内部報告(投資家やコンサルタントにすべての計画プラン、情報を協議し、戦略につなげる)
法人化への有効性(法人化することの有利・不利を検証)


そして一番企業として存続する為に必要なのが訴訟対象、従業員との関係を協議することだ。

日本帰国時にすべてを新たに調べ、一つ一つ形にしていくという面で、すぐにGOサインは出せない。この企画で儲かるか儲からないかは、時の運にもかかるが、すべてできることをせずに起業してしまうのは余りにも損かな。

我思う、無力。。だが、無力を認め、きちんとアドバイスを受け取り、一流の経営を模索することも楽しいと思わねばいかんかも。無意味な自信は破滅だなぁ・・・
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-14 11:17 | ビジネス会議・交渉

自分の強さと弱さ

昨日は30時間以上眠れない日が続いた
なぜか食欲もなく、眠気もこない。ただ疲労感があるものの、何か見えないものへのプレッシャーを感じ・・・いわゆる情緒不安定というやつだ。以前は3ヶ月毎くらいに些細なことで情緒不安定が始まり、だいたい一週間程度でいつもの元気いっぱいに戻るサイクルであったが、今回は6ヶ月ぶりのそれだった。

とあるビジネス経験者が彼の精神的な部分について解説していたことを聞いたことがあった。NYではちょい有名なエンカレ(資格学校)の先生と直接話したことがあり、僕がその当時資格勉強をしていた時、将来の不安を抱えて落ち込んだときに聞いた言葉だった。「ふとしたことで落ち込むことは誰にでもあるし、表面上はどんなに明るく振舞っていたとしても、胸のつかえがどんどん広がっていくことは人間の一つの仕組みではないか」と。彼自身は「そこになんとなく周期がある」といっており、そこに僕は共感した。

僕も管理型人間の特徴として、自分の生活リズムをある程度コントロールして、重要な時期を乗り越える為に頑張る自己管理能力がある(努力してます)。つまり自分を管理できなければ周りの様々な人間の情緒をひとつにさせる仕組みさえも作れないとそう思う。例えば、資格で点数を取るというひとつの目標に、己をとことん集中させることで自分自身を管理し、それを達成できるように作る。ってーなことを言ったとしても、できねーよといえば俺だってできねー(笑)。

要は自分が情緒不安定期に入ってきたら自分自身でそれをわかっているのはひとつのプラスになるとは思う。なるべく引き篭もるとか(爆)、何かに没頭するとか(ゲーム)、そんなことを昔はやってきた。今、引き篭もることも許されず、ゲームもできず、しかし情緒不安定を乗り越えなければならない・・・さぁ大変だ。酒はますます俺をだめにするし、パソコンも何の解決へ向かわない。。。僕は最近一番仲良い友達と夜一緒にいることが僕なりの解決法かなと最近思い始めている。みなさんもそれぞれ主種様々な解決法があると思います。もしよかったら僕に色々教えてください@@

あ、最近はホテル物件に時々賃借人を泊め、自分は一室を住んでいます。周りにタイレストランやDELIがたくさんあり、でもマンハッタンとちょっと違うなというのは、たったタイムズスクエアから3分歩くだけで、周辺住民がみんな暖かいということかな。今日は隣のタイレストランのLORIさん(オーナー)と道端で30分近く話していたし、DELIの人とも話していた。オープンまであと1ヶ月超くらいになったけど、周りにお店やバーがたくさんあるのでそこに通うのが結構楽しいです。44STの10AVEにあるカフェなんかちょーいい感じですしね。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-13 14:00 | 僕について

NYへ戻る

時差ぼけ直らず・・
週末はあんまり調子がよくなかったのでずっと友人の家で寝たりしていました
平日は色々やることあるのでひとときの休暇でしたね

気分を入れ替えて頑張ろう☆
ネタが復活したら書き始めます♪
あ、日本滞在中はマジで忙しかったです。実家の会社系の手続きが多く、でもビジネスパートナーの方にも会えたり、広告宣伝についても色々聞けたし、内容は充実していました。夏はもうすぐー!
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-11 11:04 | NYの話題

経営の理念と現実

経営を存続させる為の「社会」への哲学を「経営の理念」というならば、経営に携わる「企業」への哲学を「経営の現実」と僕は呼ぼう。

つまり、企業のイメージや経営者のイメージは、実際に経営者が行う企業活動によって、消費者がそれを評価する(株価評価、購買意欲)。そして企業を存続するにあたって働く従業員やそれに関わる人々の利益を得るには経営の現実、つまり収益率と分配の理念の問題となる。会社を立ち上げて僕が一番直面している問題は後者である。

ま、そんな難しいことをいってもわかんねーよ!ってなりそうなので、簡単に言えば、経営の現実はまた厳しいということだ。例えば、インターネットなどで物を売ったりして得られるお金で結構稼いでいる人がいる。個人レベルで売買する事業を「起業」と言ってもよいだろうが、会社を設立してそれを運営することは「同じ起業である」とは最近思えなくなった。お金を稼ぐことは、既に株式売買をやってきた人間にとっては情報戦略と実行力があればできる。だが、会社を運営することは非常に難しい・・・

日本帰国までの数日、僕の経験不足な経営の現実によって様々な人に迷惑をかけてしまった。5W2H、いつ、どこで、何を仕事として、誰が関わって、どう将来へ繋げるか?ビジネススキーム(骨格)をしっかりさせなければ、企業内の活動がすべてうやむやになってしまう。最低でも会社を立ち上げようと思うならば50枚以上の計画書が絶対に必要になるだろう。そして会社の収益予測をMax からMinまで想定し、ビジネスプランを棒グラフで示して、誰にでも分かる、数字と絵で示していかねばならない。

今回ミスをし、少し損失を出しており、これが自分だけの損失かといったらそうではない。それによって収益を得られなければ企業全体に損失がでる、つまり企業に関わるすべての人に損害を蒙っているという意識がなければならなかった。こう見てみると経営者に権利がすべて集まってしまうことにすごく危険がある。コンサルタントから言われたんだが、「経営者が前に出すぎてはいけない。従業員をどれだけうまく使って対応させ、最後の交渉で冷静に判断できなければならない」。

この数日、日本で修行しています。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-07-06 00:19 | ビジネス会議・交渉