05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

営業職へ転職

経営職+営業職へ

これまでブログの内容は起業までの投資家とのやり取り、デザイナーとのプロジェクト設立、雇用関係、法律、会計、運営設立6ヶ月を色々紹介してきました。このブログの立ち上げから8ヶ月、本当に苦労と挫折あり、時に励ましのメールとかで力を得ながらも、現実は相当厳しかった・・。大学院の勉強もある為、12月は狂ったように予定が詰まっていたので、仕事が少しおろそかになったり、プライベートが全くなくなったりと不満足な点がすごく多かったです。(変なじじいに絡まれたり!笑)何か消化できない部分といえば、M NEW YORKの発展にまだまだ改善点が多い事。逆を言えば、やることが多すぎて何から手を付けていいやら・・。その手段がない!というならば僕の限界もそれまでなんだろうけど、やりきれないところにフラストレーションが溜まっていきます。1日24時間は本当に少なすぎる!!笑

うちに泊まったお客さん一人一人とは本当によくお話しました。NYで何かを発掘したいと来店する方々も非常に多い為、互いに情報交換しているだけで新しい魅力がどんどん生まれます。僕自身留学生とビジネスを経験しているので少しでもみんなの足しになれたらなぁという意味で出会いはすごく楽しい。ただ、M New Yorkの魅力が今後僕以上に、スタッフ一人一人が個性的に魅力になってくれればと思っています。僕の友人のヘアカットアーティストさんは、今度NYに新しいお店を立ち上げようとしています。同郷出身でもあるのですごく応援したい人です(ってか既に有名人ですけどね)。彼の日本でのお店のコミュニティーをMIXI内で見つけてすごく感心しました。それは、お客さんがコミュニティーを作って、お店のスタッフ一人一人の情報を生で交換していました。彼本人の話ではなく、スタッフの事が色々書かれていました。プラスエネルギーが全体に波及している経営だなぁ~と思いました。彼自身の笑顔がまず素敵!笑

M New Yorkは小さなお店の一つにしかすぎないけど、夢のNYを感じられるような秘境にしたい。現実のNYは・・・そりゃ汚いとか危険とか、表面的には僕も嫌い。でも自由は実際に仕事をしたり、学業をしたり、長く住んでいると分かります。最近、スタッフが作ったMAPやパンフを置きました。僕以上にスタッフがMで学んで欲しいものが多い。

僕自身は経営側から今度営業側へ仕事の比重を変えていきます。営業職はやっぱ一番の難関です。お店の知名度拡大、魅力開発。業者さんとの短いミーティングの間にM New Yorkの魅力をすべて引き出す、頑張っていきたいです。自分にとっては結構初体験。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-29 04:33 | ホテル運営

クリスマスパーティー

今日はクリスマスなので堅苦しい話は抜きにして、ニューヨークのクリスマスをちょっとお話します。

d0039762_17221666.jpg僕の大学院友達はほとんど実家に帰って家族と食事したり、ゆっくりしてます。Thanks giving dayの時も感じたけど、アメリカ人は家族を大切にするんだなぁ~って思いました。「クリスマスはお母さんが食事を作って、家族が集まれる日だから楽しみにしてるんだ~」って30にもなるめっちゃでかい僕の友人が言っているのを聞くと、少しマザコンっぽく見えたり(笑)。でも、恋人と過ごすクリスマス・・って日本人は考えがちだけど、やっぱ家族を大切にする心は大切だと思います!家族一家団欒の精神を日本人も取り戻しましょう!ちなみにニューヨークのクリスマスはマザコン(ファザコン)達の為、ほとんどお店が閉まります。(うそうそ!)



今日は僕もプライベートにホームパーティーを開いてお酒飲んだり、料理作ったり、ゲームしたり、久しぶりにトランプなんかもしちゃいました。ANDYの得意料理は寿司なので、今日はせっせと寿司を作っていい汗かきました♪休日が終わればまた仕事をクリエイトしていかねばいけない身ですが、一日仕事のことを何にも考えずにプライベートを満喫できる日をこれからもっと作っていきたい。経営者にとって、休みを作るも作らぬも本人次第。自分の時間がいわば仕事への投資となるので、ほんときりがないんです。これから年末も絡むのでゆっくり休息をとらせていただきました。

d0039762_17235864.jpg私が最近思う、自分の今後の指針にしたいビジネススタイルは、休みの日は必ず仕事をしないという所かな(クリスマスはお店を閉める等)。そんな、クリスマス一日休むだけでどれだけ損失がでることか、、と経営者の視点から考えれば休みも働くのが道理とは分かりますが、時には余裕が欲しいところです。経営者はあらゆる意味で従業員の生活を左右する立場にいるわけなので、クリスマスは家族のもとで楽しくしなさい。なんていえる心の広さを身につけたいですね。堅苦しい話はしませんが、最近苦しんでいる問題の一つは、スタッフの生活をどこまで考慮し、期待にどれだけ答えられるかです。スタッフの為と考えて代休を与えると、逆に我が身を苦しめるケースもあるので理想と現実の難しさがここで分かるでしょうか?

クリスマスイブはメイシーズに展示されているカラクリを見に行きました。想い出に残る日をたくさん作る、これが成功と思える人生にしたい。
d0039762_17234277.jpg

[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-26 17:24 | 僕について

一週間ぶりです

長らくお休みを頂いておりました。

学生にとっては生死を分ける期末テスト1週間を無事乗り切り、ここに生還した次第でございます。巷はクリスマスシーズン到来を向え、街中がイルミネーション一色に変わろうとしている中、突如MTAのストライキが起こり、地下鉄・バス交通機関がマヒ!特に学生にとっては期末試験前だったので、振り替えテストが冬休み中になったり、年明けになったりなどして大混乱の模様・・。うちは何とかオンラインテストで普通に終わりました。

僕の専攻は国際ビジネスなので、経済・金融・地域開発などが主な勉強分野です。比較的様々なフィールドで活躍した人達が大学院に来ているので話も多彩。アメリカの大学院は難しいんじゃないの!?とみんな疑問に思うでしょう、、難しいというより、勉強して当たり前の世界です(笑)。日本みたいに誰でもある程度教育を受けられると「学校にはもう行きたくない」と思ってしまうんでしょうが、発展途上国や所得格差が大きい国々からやってくる留学生達は「教育こそが上に上がるチャンス」と本気で思って勉強しています。学費は国や学校から奨学金をもらって来ている人が多いので、質の悪い授業は本気で罵倒します。大学卒業してまだ道が見つからないから大学院・・と思っている人はアメリカの大学院に行かないほうがいいと思う。

最近アメリカの留学について聞かれたので久しぶりに僕も自分の留学体験を見直す機会がありました。英語がyes noしか言えないレベルから始まり、一年過ぎた頃にはアメリカ人と普通に飲み歩きできるようになったし、大学院受験を考え始めました。トータル4~5ヶ月くらいはTOFLEという英語のテストで地獄の狭間をさ迷いました。元々頭のよくない僕はギブアップ寸前まで行きながらも、何か手段はないかと現地で色々探しました。日本から申請するよりも、現地にいればいい情報はたくさんあり、僕はまぁ~賢くなんとか大学院合格通知を頂きました。大切なのは、アメリカの大学院のイメージを勝手に作り上げてしまうのではなく、現地で教授と会って、話して、自分の将来を一緒に模索してもらって、そして最低限テスト(GRE)の点数を埋めればよいです。

現地で英語を学ぶ最適な方法についても聞かれます。現地に来てできること、それはネイティブスピーカーと接することです。日本人同士で英語の勉強していると発音が何年経っても直らなくなる危険性あります。

NYならば留学生に有利だと思う点
1、インターンやボランティアに参加する
2、語学交換で英語を学ぶ
3、飲み歩く、遊ぶ

正直テスト勉強の為だけにアメリカ来ても、時間の大半を一人で過ごしているだけなので意味ないです。だったら日本でやればよし。留学について考えている人は考えられる可能性がいくらでもあると思うよ。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-23 15:10 | 僕について
成長に失敗を恐れてはいけない!

それは分かった。ブログはいい意味で僕自身が第三者となって自分の考えを評価できる場と思っている。失敗は恥ずかしいものでもある。許されない失敗もある。失敗が自分の致命傷となってしまっては未来も絶たれてしまう。つまり、失敗が致命傷となっている場合には自分自身で失敗と気がつかずに事態が悪化したと考えるのが妥当だろう。自分自身で過ちに気がつかねば本当に自分は変わらない。

第三者から見れば、先日のブログで紹介した老人の話は「詐欺師」の一言で片付ける読者もいるだろうし、本当にアメリカンドリームへの切符を手にする一歩かも!?と思う方もいるかもしれない(笑)。経営的に成功した後に「俺の分岐点はこうだった」と講演する成功者は五万といるが、本当に分岐点に差し掛かった時に自分がどう考えているか、それを説明するのは成功してしまった後でもできないし、成功する前もできない。

今日は一つ、この老人との結末を話そうと思う。
というのも、このスタバでこのブログを書いている時に、老人当事者が現れてストーリーが繋がったからです。僕が見た彼の印象がまさしく彼そのものだった。

彼との話は詐欺であれ、一時的な英会話だったにあれ、貴重な僕の体験になったことには違いない。彼は僕の席に座り、「自分は明日アップステイトに戻るから住所と電話番号を教えるね」と言ってきました。僕はずばり彼に尋ねてしまった。

「本当に楽しい会話だった。そして貴方の言う、マンハッタンの大きなビルの建築計画に携わってきたマネージャーという経験は目を見て分かる。そして失敗は誰にもあることだと思う。僕も会社を運営してきて数々の失敗をし、人は失敗を経て成長する。なんて尋ねればいいか分からないが、失敗をして今どん底という感があるよね?」

そしてついに彼は「I will tell you honestly」(僕のことを正直に話したい)と言いました。自分は大きなプロジェクト(数々の有名なビル等)に関わってきたが、ある大きなプロジェクトに失敗してしまった。それは「長年連れそう女性」だ。彼には今も忘れられない人がおり、昔ブロードウェイで名前のある女優さんであったという。見れば、彼も今は53歳というが、顔はイケメンだった。体からは少し麻薬の匂いを感じ、体が衰弱した感があるため、僕は初老の男性としか思えなかったが、うちのオヤジより若いのかとその時びっくりしてしまった。僕は言った。「男は常に孤独を感じ、最愛の人を求めて人生をかけて旅をしている」「女性を見つけるのに年齢も病も関係ない、一生かけて見つけるんだよ」と。

彼はいった。「もう一度業界に戻って仕事がしたい」。だが、この世界は「boll sit」(クソ食らえだ)。僕は彼に仕事においても何かの失敗を通してすべてを失う事情があった、そこに女性が関与していることも分かった。彼はある意味で世捨て人ではあるが、いいものを探してアップステイトからマンハッタンへと1週間ほど旅しに来た人だった。僕は言った。「人間はポジティブとネガティブな一面を持っている。人生終わりと思って感傷に浸ればそれも一つの人生、次を見つけるために変わるのも一つの人生。それは自分の信念一つである」と・・。僕自身も思う、自分自身で考えを改めなければ本当に変わらない。

僕と彼の今後の関わりは誰にも分からない。彼はすごく高級地区に住んでいるのは驚きだったが、麻薬と酒に溺れている現状をどう改善させるかは僕の知るところではない。一歩間違えば詐欺師なのかもしれないが、人ははじめから詐欺師であったわけではないだろう?現実と理想の狭間で、人はいつしか理想を求めすぎて虚言を吐く。無駄に知識があるだけに人が騙せてしまうのだろう。彼は嘘かどうか知らないが、コロンビア大学院の修士を経ているといった。「知識や教養だけで人は幸せになれない」という彼の言葉には現実が本当に存在しているのかもしれない。あなたはこの出来事どう思うだろうか?出来すぎなストーリーかもしれないが、人は物語のような人生を生きている。

このストーリーには続きがあって、彼がスタバで見つけた若い女の子を見て、「あの子かわいいよね?」といいました。俺は「そうだよ、彼女を落とす為には自分の身を綺麗にして、服を変えて、作戦を立てないとね」と言った。その時の彼の生きている目に僕は本当にびっくりした。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-14 06:32 | 自己啓発・経営哲学

自分の未来2

夢に熱い昨日の自分、今日は現実の自分、明日は一つ上の男を目指し(笑)

答えはNOだ!

人生何かを決断する事は必要だが、そこにリスクと危険性が高すぎては、ギャンブルとなる。爺さんの見識力は本当にすごかった。だが、昨日の時に見落としていたものが今日見えたと同時に自分の弱さをそこで見た。自分自身が実験台となった価値はあった(笑)。

彼の知識はかなりあるが、逆に僕が見た彼の本性。政治家を嫌いな理由は、彼自身がビジネスに失敗した理由がそれだからだろう。本物か、偽者か、自分で気がつくかどうかを正直に見つめなきゃ自分は変わらない。第一ステップ、人を見る力はあった。第二ステップ、プランニングは理論的に筋が通っていた。第三ステップ、彼が僕にどうしてほしいか、それも分かった。第四ステップ、彼がどう僕をサポートするか、ここに矛盾点を感じた。彼の信用性がない・・と同時に彼の仕事の経緯も少なからず見えた。彼にもう一度チャンスがあればそれなりに成功するのかもしれない。ただ、彼は一度ビジネス界からは何かの経緯から去らねばいけない理由があったのだろう。僕が彼に自分の時間の一部を賭けてみる価値はない。

彼がビジネスに一度失敗した如何を問わず、経営者として長年従事してきた目力と透視力は見事なものだった。そんな意味で、僕は何か恐ろしい現実を見たような気がする。現実は実力やアイディアがあっても成功できないものがある。政治?経済力?人間関係?資本主義の現実がここはある。僕のアメリカ社会での勉強はまだまだ続きそうだ・・・
[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-12 06:21 | 僕について

自分の未来

今日は自分の会社、ホテル運営、自分の過去についてではなく、僕自身の未来について語ってみたいと思う。

というのも今日、47STのスタバでとても不思議な出会いがありました。自分の未来に真っ向から斬りこんできた、とある老人が今とても気にかかっています。俺はいつもクレイジー(日本風にいえば変人系)な人にも興味をもってしまう系なのですが、今回はクレイジーすぎて最初話の内容が掴めませんでした。クレイジーさんの話が嘘だけか、アメリカンドリームの切符を手にしているのか?判断するのは最終的に彼を見た自分が判断しなきゃいけないのだろう。

初見は60歳以上の小汚い格好をした老人と、まん丸太った典型的な声のでかいアメリカ人~って2人が僕の隣の席に座ってお話をしていました。そして、笑顔が素敵なまん丸太った老人が僕に話しかけてきて、まぁくだらない世間話を中心に英会話の勉強~と思って会話を続けました(笑)。1時間くらい経った頃に、店員から「出て行けコール」をされ、彼らは一度去っていきました。

しかし、どういう訳か、小汚い格好をした老人が1時間後くらいに戻ってきていきなり僕の席の横に座り、こういいました。「お前は本当に賢い奴だと思う、よい目をしている。だけどお前が政治家になるなら訴える」と。いやいや、全然意味わかんない・・と思いながらも、なぜ!?と思いました。彼は「お前はたぶん成功する、お前は自分自身でそれが分かっているか?」といい、なんか誘導尋問的に俺の心を読み始めました・・ある意味占い師的な誘導。といっても経験やプランが明確にない自分にとって、答えるには無理があるため、「今は知識や情報を得ている所だ」と答えました。もし彼がただの老人でお金に困っているとしたら、今お金のない僕を騙しても仕方ないはず。成功するかどうかは未来の出来事であろうし、学生を捕まえたところで得るものはないだろう。暇なじじいだとしたら、それにしちゃ~質問が鋭すぎる。あまりこんな人に出会わないと思った僕は、変人をもっと知りたくなってしまったのだ(笑)

老人は後から思えば僕が政治家になるかならないかを試しているようだった。日本の社会で、僕は政治家になるつもりもないし、関わるつもりもない。次に彼は「金持ちになりたいのか?」と聞いてきた。気持ち悪いくらいにダイレクトな質問で少し腹が立ちながらも、「僕自身の幸せのために、1、家族を幸せにする、2、友達をたくさん作る・・・」とあり、その中で「お金を稼ぐ」ことは夢を叶える為に必要なものであると答えた。The purpose of my lifeが自分の幸せである僕にとって、お金は生きる目的にならない。その後も彼の表情は常に鋭く、人の心を突いてくるような語りかけで、かなり会話での駆け引きが続いた。彼はとにかく、僕に最終的質問である「お前は自分の未来に自信があるか?」の答えが聞きたいようだ。彼との会話の中で、彼は公にせずも、アメリカの数々の建物のプロジェクトに関わってきた素振はあったが、確証たるものは全然見えない。彼が本当に僕を試しているのだとしたら、僕は彼の目や素振で彼が本物かどうか確かめる必要があった。本当にアメリカにゴロゴロしているというチャンスだとするならば、あまりにも老人は小汚かった(爆)人が見かけでないとするならば恐ろしすぎる!!

僕が賢いかもよく聞いてきた。賢いアメリカ人ならばどうなのだろう・・・根拠のない自信は言わないと思った。アメリカンビジネスほど筋が通った理論的に動く市場はないからだ。何より、僕も仕事をしてきて、「仕事への評価は自分が誇るものでなく、認められて始めて感じるものだ」と思う。彼はそれであっても僕に何かを感じたのだろうか、、明日、またスタバで話そうと言ってきた。

なぜ僕はアメリカで人生賭けてまで勉強に時間を費やしているの?それは老人もしきりに言っていた「プランニング」という言葉にヒントがあるだろう。仕事は博打でやるにはあまりにリスクが高くみんなに迷惑をかけちゃう。まず、皆が納得できるステップが必要じゃないか?次に、やっぱり皆が幸せに感じられるような楽しさは、いい人オーラの出ている人と仕事をすることかな。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-11 13:32 | 僕について

超びっくりなお客様!

先日はホテルを運営していて嬉しいことがたくさんありました。

10月オープンの新鋭とはいえ、ホテル装備とサービスでNYの新しい高級カテゴリーのアパートメントホテル市場を確立しようと頑張っています。価格はまだまだ度外視で、何よりお客様の反応を素直に見つめ、これからの知名度の拡大を目指していきたいです。ホテルを運営している中で次々思い浮かぶアイディアやサービスの数々が、やはり「やらなきゃわからん!」こと。そして自分が常に気を配ってきた事、「それはよいものを見て、よいものを育てる」このポリシーを守ってきて少しずつお客さんの目にも反応が現れてきたのが嬉しかったことです★

ホテルを運営していて嬉しい事の一つ、それはやっぱりリピーターが増えること。一泊150ドルのホテルでは所詮限界があるといわれるかもしれませんが、それ以上にお客様が気に入って、次も利用したいと思えるのがホテル運営の醍醐味ではないでしょうか?NYはどこもホテルが一杯で、仕方なく安い方向へ向ってしまう・・・それでお客様を得ても少し悲しい所があります。一人一人のお客様と目と目を見てお話することは本当に楽しいです。

ご宿泊のお客様は本当に多彩で皆さん頑張っておられます。M New Yorkがこれから目指す一つの方向として「よいものを互いに引き合わせて夢を無限に広げること」です。大きくですぎました・・(笑)。

あ、あと企業との事業提携が実現しました。M New Yorkの宿泊の利点の一つ、観光ツアー仲介をかなりディスカウントレートで提供する事です。M New Yorkにご宿泊のお客様にだけ、M New Yorkが独自でツアーと事業提携したことによりる現地の価格でのレートで、ツアー予約が可能となりました。会社として、ひとつひとつツアー会社さんと信頼を繋げて提携が可能となったので、頑張った甲斐がありました。また、自分の時間が空いた時には、今後も色んな方々とお会いし、いいものをさらに広げていこうと思います。ヘアーアーティスト、メイク買い付けツアーなど面白い企画も現地ツアーの中に取り入れました。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-03 14:40 | ホテル運営

M New Yorkの魅力開発

昨日までの極寒とは打って変わり、急に暖かくなったニューヨーク。
気温も15度近くまで上がり、かなりポカポカ陽気となった今日だが、また今夜から冷え込み始めているようです。こんな極寒NYにも関わらず、世界中から常に観光の波が決して絶えないのはさすがニューヨーク♪最近改めてニューヨークの観光を見直し、その魅力が少しずつわかってきました。まさに噛めば噛むほど味がでるNY★

d0039762_14502871.jpg最近は営業を中心に、ツアー業者さんや現地の企業様と知人や紹介を通じて知り合い、現地パワーをふんだんに利用して情報交換をしています。お話をしている内に信頼を深め、共通の話題が増え、知らないうちに紹介企業がまた紹介企業と繋がって、よりコミュニティーが広がってきました。なんだか知らないけど楽しくなってきます。


M New Yorkのお客さん同士もいずれはNYを共通の話題にして仕事や仲間探しの隠れ家的スポットとなるのが次の目標ですね。今週末は全体会議を開き、今まで泊まって頂いたお客様にもまたNYを噛みなおしてもらうため、これからのお客様に楽しんでもらう為のアイディアを練ります。その為には、NYの魅力を当社スタッフにもどんどん知ってもらわなきゃいけませんね。

d0039762_14511020.jpgとにかく人と会って、ネタを探しています。企業提携を今どんどん求めています。これからは企業の観光ツアーなどに弊社スタッフも同行したり、実際に体験してもらったりし、生の声を仕入れてホテルパンフレットに載せていきたいと思っています。NYは同じようなホテルサービスが多いなぁといつも思ってきたので、こんなホテルがあったら・・というアイディアをとにかく仕入れていきたいと思います。
[PR]
by aaandy0221 | 2005-12-01 14:51 | ホテル運営