05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

真ん中

真ん中は。

上でもなく、下でもなく、真ん中。
ころころ転がって、真ん中に重心が集まる。

余裕。

文字は決してそのままの意図を伝えるものではない。

超余裕。

それが答え。

このブログも、通り一遍等な文字で片付けられない心情がある。
目の前にあるものを書きたくないから、未来や過去を書きたくなる。
でも未来は1秒後にやってくるし、過去は1秒前に過ぎ去った。

一時のすべての忘却を得る為に、ここで僕は書く。

社会勉強という文字はもう書かない。
忙しいを理由にもしない。
目の前にあるやるべきことを考えれば、自分の脳裏にノルアドレナリンが充満するように広がっていく。一番やらねばいけないことは、相手が今要求していること全て。

ただ歩いていけばよい。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-28 02:11 | ビジネス会議・交渉

今夜が山田

今夜はやりことが一杯~~

明日は時間単位で何人の人に会うのだろうか・・そんなことを考えながら楽しく笑い死にそうな感覚を覚えています。

今日、午前中来るはずだったTime warner(電話)の業者にばっくれられて、インターネット取付の仕事が先延ばしになってしまった。IKEA(家具会社)も受注した物品の数間違いを絶対にするし(足らないことがあっても、余分にあることはない)、なんでここまでミスが多いのか、今一緒にいるクライアントと色々話し合っている中で何となくわかったこと。

アメリカ社会はチップ社会。

結局、レストランのウェイターにしても、建設業者の建設員にしても、マネージャーががっぽりとって、彼らの手取りが少ないから、最終的にそのサービスを受け取るお客が不満をいうのではないか・・。その為、僕のクライアントの1人はこれから毎日現場へ赴いて、建設スタッフに激を飛ばしたり、鼓舞をしにいくといっている。ずばり正しいだろう。

あ~愚痴をいっても始まらないから仕事に戻るぶ~
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-26 03:31 | 僕について
今朝から降っていた雨も昼間にはすっかり晴れ、気持ちいい一日になりました☆

今日は前々から連絡を取っていたけど、なかなか会えなかったNY日記'COLORS'のサリーさんに会いました。実名のようで、実名ではなく、ブログ仲間ということで紹介します。

NY日記'COLORS'

やはりパワーのある方は話していて勇気もらえるし、楽しいです。人生色々、会社も色々!?と某国首相が言っていましたが、僕はあのフレーズ好き。だってみんな個性ある人間なんだから型にはまった生き方以外の人をみんな批判する風潮なんて耐えられない。道を踏み外すのではなく、道を作り上げること、それは我が道を行くのではなく、みんなの意見を聞きながら新しい道を模索すること。よいオーラを持っている人は生きるエネルギーを感じます。

そういう僕は・・少しくよくよもしてたけど、なんか春を感じたので頑張れそう♪家に帰ってきたら新しい仕事がぶよ~んといっぱい来ていたけど、新しい道を模索するための一つ一つのステップがそこにある。

明日という名のハードルがあるなら。


あ、 ブログについてサリーさんと話している中でやっぱ自己成長、そして自己満足が何より重要という意見がありました。このブログがもうすぐ1周年を迎えます。会社も人もがらっと変わった。いきなり完璧な仕事ができるなんてありえないから当たり前か。あと1ヶ月で起業して1周年。起業する条件や法律的な問題を聞かれることも多いが、起業するまでに何をしてきたか、アメリカの起業は後々こんな問題が起こる・・などを質問されることが多い。もちろんブログで紹介できたことも多いので、このブログを見ることでだいたいの動きは分かるだろうが、まだまだ楽しい話も腐るほどあります。会社って難しいけど、人と人との繋がり、信頼関係、少しずつ発見していこう。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-24 13:27 | 僕について

ニューヨークの雨・・
だるくて外へ出る気にならないですね・・

日本はもうすぐGW
仕事もプライベートも人に会うのは少し疲れたのでGWは勉強することにします。

仕事上の辛い事やささいな問題も、世界レベルの勉強していると気持ちがすごく和らぎます(笑)。頭のいい人達が考えた世界のシステムはな~んでこんなに合理的で説得力あるのに、それを学んでいる僕はへっぽこなのだろうか。国際企業や世界銀行の資産運用や投資法、データに沿って利益率を計算するのはとても面白いのに、僕のお財布一つの会計すらめんどくさくてできていない(爆)。第三諸国への経済効率化システムを構築したり、地域経済のバランスを考えるのはとても理路整然として理解できるのに、会社の仕組みがまだまだ理解できない(爆)。まぁ言葉のあやってやつですよ(謎)ぎゃふん。

社会人と学生とでは立場が違うので、同時に色々得ようと思えばそれは厳しい状況になることは分かるけど、結局は人と人との直接的なかかわりで経験が必要なのが社会人、知識を蓄えるのが学生、、、う~む、難しいこと考えても始まらないので、、また人とベラベラしゃべってしまうのだ!

将来やりたい仕事、将来絶対に役立つ知識として、絶対に今やっている大学院は続けて生きたいと思うのと同時に、今ある観光・企業の仕事とか、ホテルマネージメントも「人と関わる仕事」が一番大好きな自分には合っている。ただ、ぼくが本当にホテルマネージをしたかったのはお客さんと直接関わることだったんだけど、会社のシステムの中では、運営管理や資金管理など、どうやら裏方の仕事ばかりのようだ。みんなの意見を聞いていくのも好きなんだけど、人が増えれば増えるほど負担がかかりますね・・。立場が違えばなんとやらなんだろうことは、僕もアルバイトをしてきて思ったけど、最終的には・・・「根性!」ですか。ってかもう根性しかありません。逃げ道があると思えばすぐにでも辞めちゃえばいいんですが、それも一つだろうが、結局経験が必要。2年、3年仕事を続けていく事によって上司としての立場も、部下としての立場も、うまくすっぽり収まるんだろうなぁ。

言いたい事を何でも言える人間になりたいと人は常に思うのだろうが、その意見を聞いてあげて、吸収して、さらによい方向へ持っていける人はすごいです。仕事をしている中で何度も目の当たりにし、こればかりは人間関係の経験が必要なのはごもっともですが、自分の今後学んでいきたいこと。

もちろん野望としては、英語をもう一度1から学びたいとか、マンガ喫茶で一日篭りたいとか、温泉入りたいとか・・ちっちゃい野望はたくさんありますが、将来的な目標はこんなところを設定しています。さて、、勉強に戻ろう。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-24 00:45 | 僕について

日本を想ふ

4月19日水曜日


ニューヨークも春らしい陽気な気候となってきました。
今日も47STのスタバからお送りしています。

ニューヨークで長く暮らし始めると日本の懐かしい匂いが時々恋しくなる。

d0039762_1291339.jpg


春の匂い。

新入生、お花見、つくし取りや春の七草を食すなども日本を感じさせるものです。
つい仕事や勉学に忙しく、何かのプレッシャーに追われていると忘れがちな春夏秋冬ですが、そういった「今やる事」から少し開放して季節を感じるのは日本人であってよかったと思える瞬間です。私の友人でバングラデシュの人や、インドネシアの人などが暮らす年中暑い気候の国や、逆に年中極寒の国がこの地球上にはたくさん存在するんですからね。

d0039762_1303468.jpgでもニューヨークで暮らしていて少し食べ物が美味しく感じたり、街の雰囲気を楽しめる瞬間があります。それは、違う国の人と遊ぶことです。先日、イタリア人の知り合いと私の友人でイタリアレストランへ食べに行きました。野外レストランで、イタリア人を見ながらパスタを食べた時、めちゃめちゃ美味しかった!雰囲気に酔ってしまいますね(笑)。たぶん、人は、雰囲気次第で楽しく暮らせるもんなのだと思った瞬間でした。そういえば、僕のアメリカ人のクラスメイトはよく僕に「寿司の美味しいお店ない?」と聞かれるのですが、きゃつらは僕が寿司を食べている姿を見て、日本食だ~と感じているのでしょう。(彼らはいつも僕を見て笑っていますけど。爆)。Funny Japanese Guyな僕。。

すべての新しいスタートが春から始まる。

みなさんは春を感じましたか?
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-20 01:26 | 僕について
M New York2号店オープンまで2週間を切りましたっ!!

M New York Hotel


まぁ元々忙しかったので、ここ数週間、今更忙しい~なんて言っても説得力ないんですが、ここ数日は確実に自由時間をすべて切っています・・。いわゆる我がキャパ不足、仕事人としては恥ずかしいのですが、時々一杯一杯になってしまいます。

睡魔に勝てない、気分が乗らない、頭の整理がつかないのがなかなか改善できない。仕事はプロジェクトの遂行を最優先に、計画に沿ってスケジュール調整をし、色々なスタッフの意見を聞きながらエネルギーを注いでいるんだけど、やっぱり負担がかかる。プロジェクトスタッフが集まれば、それぞれから別々に時間と意見を要求されるわけで、なるべく自発的に目的意識をもってやってくれているが、ふと連携が崩れたり、たぶん僕も連携が取りきれていない。計画立案者が崩れてはやはりすべてのバランスが崩れてしまうのは当たり前なので・・がんばんなきゃな。

これからのM New York1&2号店は店舗長、スタッフ、ウェブデザイナー、インテリアコーディネーター、プロジェクトサポーター等など(兼任あり)本当に多くの方によって支えられています。Mのカラーである、現地に密着した暖かさ、そしてニューヨークの滞在先作りには一番気をつけるべき、安全性や清潔さなど、Mに関わる人が一人一人気がついたら改善できるようでなければいけない。っというのは、ニューヨークのアパートはただでさえ、古い建物で、故障が多く、物件オーナーは時間にルーズと・・、嘘つきだらけな社会なのでこれに流されるのだけは避けたい。

もうすぐ大学院もファイナルが近づいてきたのでやばいぞぉぉぉ
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-19 11:10 | ビジネス会議・交渉

激務続き

皆さん連絡できずにすいません!
メールもかなり遅延&しばしば見忘れなど、只今ぶっ飛んでます。

17日までに2号店セットアップ完了せねばいけない状態で、毎日真夜中まで仕事してますんでPCの前にほとんどいません~。18日以後に少し余裕できますのでよろしく☆
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-16 11:03 | ビジネス会議・交渉
3月から一気に忙しくなり、4月は留まる事を知らず、5月の2号店オープンからは一体どうなることやらと冷や冷やしてます。スタッフもみな個性的で元気一杯だからきっと楽しくなるだろうなって思いながらも、僕はオーナーとして今まで以上にテキパキ動いて安心できる滞在先作りに励まないとなぁって思ってます☆

今まで自分が作成した特製周辺環境MAPや店舗パンフレット、お勧めフード情報から無料冊子まで・・色んなM New Yorkの独自アイディアをスタッフがどんどん強化し、そのアイディアがどう発展していくのかすごく楽しみです。僕はマネージャーとして、お客様はもちろん、スタッフや店長は一番身近な存在として、彼女達の働きやすい環境を作らなければいけない~なんて思う。実際はまだ自分のマネージメントが追いつかなくて必死。。

1号店を見てて、お客さんとスタッフ、ちゃんとコミュニケーションとっているかなって思う。スタッフの@@さん、いいよね~と言われたらすっごく素敵。2号店で現在家具搬入指示組み立て、全体会議のスケジュールなどを行いながら物件調査もしている。1人1泊70ドルからで、この立地、スペース、キッチン、、ほんと気に入ったなぁ。自分が泊まってひとまず感じた感想でした。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-13 13:31 | ホテル運営
宿題~勉強~仕事のルーティーンが重なって終末を全部使い切ってスターバックス篭り。自分のこの若さをすべて失うような楽しい引き篭もり生活。でも友人から、じゃあ仕事が一段落ついたら☆◎しようと計画ががどんどん溜まっていくので僕の妄想の中では楽しみが膨らんでいる。一日中パソコンの中にいて、仕事と友人のメールが行ったり来たりしてて、気がついたら外は真っ暗!!でも限界とか、全力とか、やればやるほどやりがいを感じるから苦ではありません。(違う意味で苦はたくさんあるよ)

この前、ホテルの前に着いたとき、突然自分が何者かにふっと気がつく時があった。ニューヨークでお店をもって、オーナーをやって、スタッフがいて、、、仕事を一緒にして、スタッフのプライベートの悩み聞いたり、卵あげたり(謎)。小さなお店をもってスタッフと楽しく経営したい・・そんな何となく憧れのような仕事をしてて自分は幸せなのだろう・・と。そんなこと全く気がつかず仕事して、忙しくて、辛くて、自由があってないような、ひとまず僕は全力だったのだろう。

色々社会的な悩みを友人に打ち明けると、みんな、「ANDYの思うことをどんどんしちゃえばいいんじゃない?」と言ってくれる。そうであっても、企業としての礼儀作法やルールなど、様々な規律によって僕自身は「我儘なんていってられない」と思ってしまうが、案外、そんなルールや常識に囚われない僕が考えたアイディアやサービスを友人もお客さんもいい!って言ってくれる。親友のYさんはデザインや装飾も思いっきり感性に任せたほうがいい!と言ってくれました。自分の理念や感性にどこまで自信を持てるか、それは僕が我儘に決めるというより、僕の出したアイディアを人が認めてくれて、結果としてよい反応が現れたとき、いつしかブランドになっているのかもしれない。

漠然とした考えだけど、みなさんはどう思います?自分の信じる道に根拠とか過程があるんですかね・・。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-11 06:54 | 僕について
少し飲もうと思ったらかなり飲んでしまったANDYです。

今日はワインの勉強会に参加し、とても有意義な時間を過ごす事ができました。昔から親に連れられて小学生の頃から赤ワインを無理やり飲まされてきたが、20代になり、アルバイトでイタリアワインはかなり勉強し、NYに来てからは親友のYさん(先日ホテルに滞在してくださってパーティーもしました)とも、ワインの少し知的なお話もしたりと、それなりにうんちくを語れるようになりました(笑)。そして今日、友人の誘いで実際にソムリエをなさっている方とお食事会に参加し、アメリカ・ヴァージニア産のとっても美味しいワインと共に美味しいお食事を頂いてと~~っても勉強になりました。やっぱり、いつ何時でも知的な会話は重要です(特にレディーの前で爆!!)。

赤ワインは特にそれなりに知識はありましたが、ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディの違いは・・なんとなくフルーティーor濃厚な味わいくらいしか分かりませんでした。今日、ソムリエさんから、それはアルコール度数の違いが一つですといわれ、納得!7~9度がライト、10~12度がミディアム、12~13度がフル、、もちろん熟成度合いから、ぶどうをどれだけ発酵させるかですべて味が変わります。ティスティングの仕方はもちろん、ぶどうの種類(カベルネ、シラー、メルロー、シャルドネ、ピノノワール~・・等など、それぞれの味わいの特色、出身地域、ばっちりわかりました。僕の疑問であった、ソーヴィニヨン・ブラウンという名前は、ブラウン=女性名詞で、白ワインのみというのも目から鱗。ソーヴィニヨン・ブランコ、ソーヴィニヨン・ブランカなども女性名詞で白ワイン!

そして、よく気になるのがワインで料金が何で違うのか!?それは、単純に一番絞りかどうか!?らしいです。一番絞りはフリーラン、そして1級、2級・・・と続き、巷で売っている7ドル程度のワインは5番絞りくらい!!笑。もう不純物ばりばりのようです(泣)。味の分かる大人になっちゃうと楽しむものも楽しめなくなっちゃうかもしんないので・・・賢すぎる大人にならないように気をつけます☆

あと、これはぜひ覚えておいてほしいのが、舌の感覚!舌の先は甘みを感じ、両脇は酸味、塩味を感じ、付け根は辛味を感じます。ワインの決めては、その全ての舌の感覚が満遍なく広がるかどうか?そうみれば、これは酸っぱいな、辛いな!?と今までワインを飲んできた感覚というのはあながち経験によるものなのかもしれません。

今日は朝の7時から・・夜中まで仕事~飲みまで頑張りました。M(会社)のメンバーもスタッフ・経営含め10名近くが常に話し合うと、夜メールボックスを開くだけで20件近く溜まってます。これから返信しなきゃ・・と考えるとダレます。月曜に提出の宿題考えると寝れない・・・はぁ~
[PR]
by aaandy0221 | 2006-04-08 13:43 | 僕について