05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日本帰国を明日に控え

1年半ぶり、待望の日本帰国。
これまでの沈黙を破り、日本で思う存分羽を伸ばし、思う存分休みまくる筆者の会心のバケーションストーリー!

と・・まぁ名付けてみたものの、ホントに日本に帰って休むだけなので取り入って話はないかも(笑)。今週はたまった12冊の新刊書籍紹介をひとまずやり続け、NYへ帰ってきたらまた書きまくらなければいけない(泣)。出発前日まで仕事が山のように積もっていき、さらに仕事を皆増やしてくれるので日本でのスケジュールは全然立っていません。

NYはなんか夏っぽくなってきました。暑いです。
せくしーな人が街中に出てきました。
ちょっとみんな冬の間に冬眠していた為に、ボリュームがありすぎてきついですね。
昨日もTV番組で「Jerry Springer」という、ほんとばっかな番組で、ボリュームある女性に向かって「せくすぃ~」とおっしゃっていて、夏ダナァって思った。(なぜ)

あと、最近バングラデシュの家族と一緒に食事に行っています。まぁバングラデシュ人というのはまた国際派な付き合いですが、彼らは家族を大切にするとても心暖かい人たちです。彼らとは僕がまだ英語を話せない時分に空港で知り合ってから2年以上付き合っており、彼らは日本人には最近忘れがちな、家族の団欒や親戚づきあいをとても大切にする、さざえさんのお手本のような人たちですね。もう彼らの子供達と「アディ・ガシャ!」とか「コンボル・ダグィ!」とか言っているだけで楽しい(意味不明)。もう言葉がわけわかんないほどにアボビボ言っているんですが、僕もアボビボいうとANDYは賢いと言われます。子供になった気分です(爆)。

そんな僕でも4歳の子供・サラに英語を教えていた時がありました。彼女はアメリカ生まれの2世なんですが、僕が英語と絵の描き方を教えると次の日にはなんとなくみみずのような形が生まれ、一週間もすれば文字や絵に近づいてきます。彼らの家にホームスティしていた時は、帰ってくるとすぐに「ANDYぃぃ!」という声が家のどこかから聞こえてきます。しかし、この知的好奇心は日本人が嫌いそうな「勉強」という概念を超えて、本当に心からもっと知りたいと思う興味なんです。この好奇心、私達は忘れていませんか?何かできるようになりたい、何かをしりたい、だからそのことを追求する。そこに苦労とか、不幸とかは存在せず、無心に没頭する。それは幸せを生み出す鍵かもしれません。僕は勉強を、ただ教えられるものとして捉える概念が好きじゃありませんので成績というものに拘らずに大学院の勉強をしているのもそのひとつ。

留学するにはTOFLEの点数が必要だし、自分が何できるかわからないし、行き方も分からないし・・ならば留学なんてしないほうがいいのかもしれませんね。そしてマニアックに追求しましょう。最近、少し引き篭もりの話題について相談された事が少しありましたが、ならばマニアックに追求できるものを作り出してあげればいいんじゃないか。生きる為にお金を稼ぐ、それは手段が先に来ているので目標がありません。目標の為に金銭的、精神的、肉体的苦労が伴うのは楽しいものなのでしょう。(かといっても苦しいけどね~~)

次は日本帰国してからにします。最近、理数系の親友と、理論系な僕が話した面白いストーリーがありますので♪
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-29 05:10 | 僕について
eagleiさんから教えてもらったサイト

ワタミ渡邉美樹社長の「燃える手帳」と「日々の習慣」 ワタミ渡邊社長「夢の日付」手帳


僕の哲学は何だろうか、う~んと考える前にすぐに出てきたフレーズは

「ニューヨークから夢と元気を発信する」

僕にとって学生時代をどこで過ごすか、LAか、ヨーロッパか、別にどこでもよかったのだが、たまたまニューヨークとなって、それが僕の人生にとっては特別な街となった。夢は理想ではなく、目標として捉え、それを達成するには元気がいる。だから、夢と元気があれば誰でも幸せを感じられる、満足できる生き方ができると思った。ただ、僕にとっては自分と関わった人たちと楽しみを共有できればいいなぁと思う位で、それ以上に夢を誇大には持ちあわせないのは偽善と分かるから。自分の知らない領域までは責任負えません笑。

d0039762_3304537.jpg「夢と元気の推進力」
22歳でニューヨークへ留学。英語の壁、人間関係の壁、仕事の壁を経験してきて、それでもここまでやってこれたのは、自分の周りに夢と元気を共有できる仲間がいたこと。どんな人間でも常にポジティブな状態でい続けることは無理だから、素直に夢と元気を共有できる人たちと励ましあうのが人間らしい生き方。現実性のない夢と元気だけの流布は本当の意味で気持ちは伝わらない。だから、僕たちはむしろ悩んでいる時にこそ、夢と元気を共有できる仲間と話し合うのが元気出る秘訣かもです!そしてこのブログでメール交換を通して互いに元気を共有できるというのも立派な夢の共有であると、そう思うよ。

昨日は久しぶりにセントラルパークを歩きました。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-25 03:21 | 自己啓発・経営哲学

日本帰国5月29日~6月21日

日本帰国便が決まりました。
約1年半ぶりの長期(3週間)日本帰国です。
6月1日を予定していたのですが、やっぱ1週間切ってからの予約では思うようにいかなかった。5月29日にNYを出発するので日本到着は翌日30日。東京、名古屋、大阪を回る予定です。

このNYにいる1週間でやることは多く、やり残した仕事が心配だけど、これが会社にとって新体制のスタートのきっかけになるならば、色々と意味は大きい。まぁまだまだ自分の精進は続くであろうが、結果として会社的には安定期に入りつつあり、発展期への第一歩となる。昨日は久しぶりに色々会社訪問をしたり、新聞社を回った。会社としての知名度はまだまだだけど、自信ある商品があるから、そりゃ負けない(笑)。あとは営業力次第!

僕にとってまだ分からないことは、日本流、正当法な営業の仕方。飛び込み営業的なものにも全然抵抗はないけど、以前父が言っていたような、追い返されるという経験はまだない。うちの会社を運営してきて1年の間に、営業がたくさん来た。しかし、受け入れ側だった僕は結構そういう営業の方々の商品に興味があったので快く聞きたいと思った。それはたぶん僕が営業側になっても全く変わらず、逆に一度訪問する事によってネットワークが格段に広がる。「あーあそこの会社の何々さんね~この前飲んだよ♪」みたいな感じで、プライベート&仕事をあわせたら必ずNY中の日本人社会に繋がるほど、ある意味で狭い。楽しい。父が言っていたような追い返される経験・・たぶん父のような趣向にうるさい人を相手にしたら大変なんだろうなぁ・・。味方ならば心強いが、敵にはしたくないタイプだ(笑)

営業するならば、まず名刺。次にプレスキッド。そして会社概要パンフレット。当たり前な営業の3種の神器も知らない人が多いだろう。今はインターネットという代物があるので、素人でもビジネスができてしまう、結果として若者でも仕事を始めることがから時代の流れって怖いものだ。それが僕だから(爆)。そんな状態でよく起業なんてできたものだ。じゃあ営業ツールを作ればいいんだよと先輩に教えられたが、「どうやって作る?」「どうやって使う?」「どうやって営業する?」という破滅的状況。人当たりのよさという面でなんとなく体裁を保ってきた僕であったが、人の紹介以外で飛び込み営業に行く場合には営業をしっかりするしかない。NYの土地柄で僕はまだ営業できているが、日本で営業をするにはまだまだ素人同然。NYでビジネスをしているんだから、NYを相手に営業できる男になりますよ~

日本滞在中は皆さん宜しくお願いします。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-24 03:11 | 僕について

癒し

日本帰国を予定してます☆
それまではもう少しだけ頑張って~仕事をしようと思ってますが・・。

d0039762_7552944.jpg

[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-21 08:04 | 僕について

ブログの存在意義。

このブログの趣旨は如何にせよ、僕は世の中を変えてみせる的な野望はそこまでなく、身近な周囲と、そこで触れ合う人との語らいに何となく幸せを感じている。そしてブログは理想論と現実論の吐き捨て場&自己満足に落ち着いている♪

しかしながら~、今日ではブログっちゅ~もんが世間を賑わせているそうな!ブログとしての良し悪しはHIT数だけというならば、結構それはそれでめんどくせ~もんだ。最近友人の勧めでヤフーに登録してもらって、推薦許可の通知が来た。
d0039762_16211383.gif

ヤフ~!です。なんかカテゴリーに登録されたようです。

ブログでもよくお目にかかる、年商何億だの、俺は日本を変えるぜ~だの、まぁいいんじゃないかなとは思うけど、書いてあることがほとんど同じようなもんだから、あえて個性って出ないような気がする。逆に今日見つけたサイバーエージェントの藤田さんのブログ

藤田さんのブログ

は、それとは対照的に人間味のあるブログだと思った。でも読者の中にはつまらんだの、萌え系な書き込みなど、彼らの書き込みの内容としては「ブログの内容が身内過ぎで分からない」というんだろうが、仕事をしていればしているほど、現実世界は身内の話になるのだろう。コミュニケーションが取れている会社はやはり力強いと感じられる一方、少し暴走気味に「世の中こうすりゃ儲かるぜ!」といっているブログの経営者とその会社の実態はどうなっとるのか?とても気になる。しかしながら、身内ネタはやっぱつまんないだろう。昔、とんねるずの皆さんのお陰でしたって番組で、最後の方は撮影スタッフの話ばかりになり、視聴者にとっては何のことやら分からんくなったようなもんか。(仮面ノリダーは面白かったと郷愁を感じた)

仕事を自ら始めるということ、それを話題にブログを書いていくというのはとても難しい。身内の中で問題が起こり、それが解決するから会社の発展があるけど、そうなると話題は身内ネタ。こうすりゃ儲かると語る者は、実力者!?が規律なく集まっているのであり、でもホントに仲良くやっていけるんかなと疑問に思う。

物事を深く読み進めていくうちになんか嘘臭いもの、人々の心理状態、世の中の構造って面白く分かってきそうである。でも僕は別に敢えて自分と違う者を否定もしない。自分が尊敬しているYさんを見ていると、誰にでも優しく接するものの、本当にYさんと接したいものだけが自然と残るようになっている。僕の周りは・・・う~ん、頑張っている若者はたくさんいるかも・・ね。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-19 16:49 | 僕について
仕事人としての幸せ、生活の中での幸せ。

20代中盤という時代は如何せん中途半端なものが多く、人一倍悩み、苦しむ時代であろう。様々な過去を通して、曲がりなりにも自信をもってやっていきたい部分、謙虚に自分の過ちを認めながら進んでいかねばならぬ部分、「形」を残すには難しい物事に対する姿勢がある。誰かが常に助けてくれるわけでもなく、周りから見る花形職に比べ、今の仕事はとっても地味で責任が重くのしかかる。仕事をやりまくって、それが認められたからといって幸せだ~と思うのは、それを話している瞬間のみ。仕事は必死でやったので、それなりの経験と結果は得たのではないかと自分を褒めてあげたい。満足いく結果があったかはよくわかんないけど、この回り始めた滑車を脱線しないよう補強し、自然とよい形で前へ進めるように押してあげることがこれからの仕事なので、やれることをやれればそれでいいのだ。うちの会社ももうすぐ1周年。見渡せば周りに信頼できる仲間もたくさんできたし、仕事としての幸せは、やっぱこういうところが一つだな。

僕のプライベート面でも少し心境の変化は出てきている。限られたプライベートだからこそ、いつでも時間を共有できる人と語り合いたい。時間の流れは時に記憶をも遠ざけてしまう、今まで養ってきた人間関係をも遠ざけてしまうのは儚い。この前久しぶりに親友とばったり出会ったけど、「俺達いつもバカ友達だよなぁ~」と言い合える関係がいいと思う。僕という人間はこの世にひとりしかいなく、その人もやっぱひとりしかいない。2号店が出来た時にPeace Lilyのお花を贈ってくれた方、その方にもいつも感謝しているし、NYにふと遊びに来るYさん、もうすぐ日本へ帰ってしまうオタッキーなS氏、今身近な人は除いて、みんな遠く離れてしまってもいつでも戻ってこれる人たち。僕は、仕事人、豆っ子な知識人間だけど、中身は案外若者であったり、多少Pickyなナウい男の子であったり、大人な男性であったり!?でも基本は一面性しかもたない「ありのままに生きている人間」なのだ。無理に片意地張りながら、綺麗ごといっているより、自然のままに集まる仲間を大切にしていきたい。熱いことも言える人間になったもんだな(笑
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-19 05:28 | 僕について

一つのことをやりきる。

今日は暖かい日だ。
幾度となく寒暖を繰り返したニューヨークの春にもようやく暖かさが戻ってきました。緑生い茂り、人が沸き、新芽の息吹がこだまする。やっと僕の心の中に自然の香りが注いできたのだろうね。

極限状態の中で戦ってきた4月~5月。その中で僕が見たものは、時間的余裕のなさ以上に、精神的な極限状態だ。極限状態の中で常に緊張感を保ち、ミスが乱発する中で、確実にやるべきことをこなすために作った「エクセル版やることリスト」。実践の中では理論的に考えているより動いている時間の方が多いため、仕事を皆へ割り振っている時間がほとんどなかった。これはプロジェクトリーダーの任務を負いながら、自ら前線に切り込んでしまった結果に他ならない。自分の会社が小規模から小中規模へと移行していく時に、問題になるべき課題なのだろうと思い、これから考えていこうと思っているものです。

1、仕事割り振りは計画をもってやらねば仕事本来のスピードを落とす要因となる。
2、仕事を引き継ぐ際の時間的、人的コストが教える者、教えられる者双方にかかる。
3、仕事を割り振った際、担当者の職業的、役割的ミスマッチがおこる。
(これは、経営者、中間管理職、スタッフという役割に徹した考え方をみなが認識できねば、誰も仕事を指揮できないバラバラになる恐れが生まれる)
4、担当者同士の共通認識を確認しあう。
5、プロジェクト完成までの精神的な統一感を持つ。

もしみなさんにも意見があったらよろしくねん!!


起業は一時の「仕事を自分でやりたい」と思う感情以上に、実際の仕事運営の方が数倍大変だと思う。運営段階になってからの大変さとかは、巷の本で読んだことがあまりないし、企業が発展するまでの「過程」としてすっとばされることが多いと思う。はたまた、そこを本で書いてもみんな「成功物語」を期待している人たちにとって興味はないのだろうか。でも僕はここに興味を見出さねば、やっていけんのじゃないかって考えている・・いや、分からないからこそ「発展し続ける」ことが稀有になるのか。しかし、第一線で活躍する今まで会ってきたビジネスマンを見る限り、皆その仕事の運営の仕方に対して自信をもって「こうだ」といえる。ただそれは、たとえ周りから見て間違っていたとしても、誰かついてくるものがいる限り、意思を通すのが信頼なのだ。

また、仕事には表現力と的確な指示(言葉選び)が物事を左右する。「的確に指示できない」という課題が未だ残っている僕にとっては「こうだ」と自信をもっていえない。ただ、それは相手と自分が何度も確認し合うことによって溝はほとんど埋まる・・これは第一線のビジネスでも同じではないかと思っている。いってみれば、恋愛でも同じだろう。恋愛での信頼感、ビジネスでの信頼感、そこには多くの時間を共に共有したという連帯感がやっぱり絆を深める。恋愛は・・もっと深いものあるかも!?笑。それを語りだしたらうるさいのでこの辺にしておきます(爆)
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-18 05:11 | 僕について

自分にしかないもの

テストが終わり、少し夜は遊びに出かけたりしています。
つまり飲んでいます。

アメリカで生活していると、個性的な人たちにたくさん出会うことができます。僕は何かを掴もうと一生懸命探している人が大好きだし、そのエネルギーは互いに共有できるものであると信じている。個性的な人たちは、何か自分ができるものがないかと探し、夢を諦めるより夢を追い続ける。「現実はこうだからさ・・」といって現実を分かったような気になる時点で現実が分かっていないのではないだろうか?自分だからこそ成し遂げられる自分だけの夢。これを考える人は危機に強い。

なんか世の中にはめちゃめちゃすごい人がいっぱいいて、その人たちの言葉は一つ一つ心強い。ちゃっかり触発されるんだけど、今日は実践を学び、自分の考えた限界以上のアイディアがたくさんあることを知った。くそ~追いついてやるぅぅ。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-14 16:53 | 僕について

テスト終了!!

うっしゃ~~~!!!!!
テスト終了だ☆
この2週間はプライベート的な時間はほぼなく仕事と勉強の繰り返しでした。
ケインズ経済学、金融学、国際関係学・・どれも理論的だけどとっても面白かった。そして今、理論は現実でも全然通用するんだ!って本気で思えるからもっと勉強できる☆

仕事の方は一時的だが現場で指揮に回っているので、幾度に渡る業務把握と、細かいミスをとにかく即時対応、適材適所で業務を遂行してきました。経営と現場は全く違う、どちらも甘さは許されないが、現場は問題が起きたらすぐに対応できるように頭の切り替えが必要なのだ。自分の役割(経営者、現場マネージ、スタッフ)によって、精神的に負担のかかるところも違えば、体力的に使う部分も全く違う。これを経験といえば全くの甘さであると痛感しました。

ここ3週間ほどは企業関係の仕事で、3つほど仕事が重なっていました。だが同行のやり手ビジネスマンからたくさんのことを学び、僕の精神的な弱さも徐々に回復傾向に向かっています。「なぜ起業したのか?」という問いに、僕はただ、その仕事をしてみたいからという安易な気持ちと、メリットばかり考えていたような気がしました。社会的な地位、役割、会社の枠組みを考えることなく、何かを発信したい!という外へ向けての仕事をしてきたということです。だが、経営の根本は、その会社の枠組みや、その与えられた役割(営業職、現場職、経営職等)に徹した考え方や仕事をしていくことです。自分の会社の規範というものを創り上げなければいけないのです。理想と現実の狭間で迷ってきた僕は、一生迷い続けるだろう経営という悩みに対して、それでも一つの答えを出さねば誰がついていけるのか_?

う~ん、こんな僕でも最近哲学じみてきました!?それは最近まで理想をいえなくなっていた自分があったからかな。現実の辛さと経験不足を恥じることで逃げていたのかもしれません。「理想はもちろん現実化する」。理想は夢(Dream)であり、夢を語れるのはいろんな人に希望を与える。希望は幸せを呼ぶ。そして幸せは何かをしなければ得られない。幸せを得るにはどうするか?それはやるべきことをやることです!今やりたいものを必死でやる、結果が伴えば必ず幸せを感じるはず。

じゃあ僕は自信をもって仕事に徹しられるか?という問いに対して全くの能力がないところも一方で痛感しています。仕事ができないのは経験不足もあり、精神的な弱さもある。経験が伴えば、少なくともあらゆる仕事のミスや問題に対して応用力がつくだろうし、無駄にあわてなくて済む。手探りのように仕事がわかんにゃい~~ともがくのは非常に疲れるのだ・・。僕は非常に疲れた。でも今、少し落ち着いてきたのは、テストが終わったから!それもあるが、仕事を肌で感じたことに、経験者がすぐにその状況を説明してくれたからだろう。そういう面で人には本当に恵まれました。

これからは少し休ませてください・・・
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-12 22:54 | ビジネス会議・交渉

ひとつの理想

そう、理想は理想だけど現実に極力近づける。

う~ん、だいぶ人生物語も波乱万丈になってきたのかな・・
失敗も成功の元だが、夢は成功するために頑張ろうとする活力に繋がる。

不必要なことはもう考えたくないと思う。
自分の役に合わない仕事はやっぱり苦しい。

現実が今の決断だということが自分の一番の理想系。
一番前向きな回答はみんなで出すものなのだろう。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-05-08 01:15 | ビジネス会議・交渉