05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

学び続けて

ブログのコンセプトを更新しました。
また次の話題を見つけに新しいことを探索していこうかなって気持ちです。

d0039762_1574625.jpg起業してからこれまで、一つの箱(店舗、事務所など)を作ることに四苦八苦でした。スタッフからの3者3様の要求に、時に爆発することもありましたが、最近はもうちょっと冷静になれたのかな。仕事の立ち上げは並大抵の努力というものでは解決できないほど、自分の未熟さを露呈してしまったし、スタッフとのコミュニケーション不足はポジションの距離から常に起こるものであろうが、どういった距離で接すればいいのか、それも日々勉強。

「箱作り」、なんて軽々しく言うほど甘くはないのかもしれないが、敢えて言いたい。例えば、レストランのシェフがお店を持ちたいと思う。そこで、シェフは箱を一から作る(会社作って、お店のデザインを考えて、どう広告出して、家具と在庫を揃える)ことを始めました。彼は美味しい料理を作れる、1時間で100ドルの料理を作れる人が、半年も経営で頭を悩ませ、結果も伴いませんでした。「本当に売上が伸ばせるのか?従業員はしっかり働いてくれるのか?」頭いーっぱいの中で美味しい料理が本当に作れるのだろうか?そんなところで自分の経営者ではあったが、従業員の1人としての役目も締める。

そんな意味の「箱作り」で、僕の役目は一先ず終わりかな。それは箱がお城になったから。僕はこれまでスタッフの一員であったわけで、これからもスタッフだけど、役目としては管理業と営業を一先ず引いて会社へ戻りたい。必要とされた時、必要と思える要請を受けた時、必要なだけ考えます。でも自活を失うほど強い意見はバランスを崩しかねないと思うので、今はいらない。もちろん、会社には意図を伝えているので、あとはスタッフの総意と、営業方針の再考。

d0039762_215512.jpg最近、よく自分の裏庭で密会しています(笑)。新しい目標を、これまで以上の開拓精神で切り開いていこうと思う!これからも、このブログは引き続き、アメリカで起業した体験記と学業、そして発展系の自分の目標を語っていこうと思います。これまで皆様にはご愛顧いただきありがとうございました。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-10-05 01:50 | 僕について