05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

長年当ブログをご愛顧頂きありがとうございました。

ニューヨーク留学放浪記第2章~続きは2章にて~

当ブログは2005年5月より2006年12月まで、約1年半、月12本程の起業体験コラムを書いてまいりました。そして、今月をもって当サイトを閉鎖することを決めました。ANDYにとっての閉鎖とは何か?それは新しい挑戦への始まりに他ありません。

d0039762_1428437.jpg当ブログは、起業家としての始まり、学生業(大学院)と兼業しながら、経営者としての苦悩、失敗談、努力譚を紹介してきました。思えば、2005年1月、今から2年前にニューヨークでアパートホテル企画構想が始まり、20枚の自作企画書は、何度も書き直されながら一つの形になりました。パートナーと出会い、叱咤激励を受けながらも縁は縁を結び、会社設立を果たしたのが05年6月。


d0039762_14292386.jpg「夢と希望を与えられるようなホテル」という「M New York」のコンセプトは、今月12月にオープンした「M New York3号店」とそのスタッフに受け継がれました。

2年という月日の中で会社は人間と同じく成長し、ホテルとしてのサービス、機能性、安全性は驚くべき進化を遂げました。これは私自身もびっくりです!赤ちゃんのように何も動かなかったホテルが、2本足で歩けるようになり、頭もどんどんよくなっていくんです。すごいでしょ?このブログを読んでくださった方に、一人でも多くの方に来てほしいと思います。大きなホテルにはない、NYらしさ、安心感を感じるというお客さんもいますが、他の滞在先とは比較にならない「一度宿泊したらもう一度来たいと思えるホテル」、まさにスタッフが目指しているものだと言っています。


私自身は、07年5月に大学院を卒業する予定です。100の仕事をした後は、1000の仕事がしたくなる?ある意味YESです。しかし、100の仕事をしている中で得たもの、NYで活躍する経営者仲間、マスコミ関係(兵藤ゆきさんとも会えました)、そして人間としての成長。次のスタートは1からではなく、間違いなく300ぐらいからスタートです。今後、NYで学生会を立ち上げる関係上、私はもうひと働きします。パーティーを主催したり、友人のパーティーに参加したりして、ネットワークを繋げることも、次のステップにすべて必要なことです。

「起業」は降ってくるものではなく1から少しずつ積み上げていくもの、若者が抱く起業への幻想と現実は、この2年間のブログに私なりに収めてきたつもりです。あなたにとっての起業に少しでも参考になれば幸いです。

このブログに関するご意見、ご感想などもまたお聞かせください。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-12-14 14:34 | 僕について

将来必須理論

なかなかブログ更新できませんが、いつも来てくださりありがとうございます。

なんせ26歳になろうかという私が未だ学生しているのですから、教育投資への期待に応えなければぱっぱらぱ~のレッテルを貼られてしまいます(汗)。期末テストも残り2教科。1つはMBAファイナンスで、もう一つは国際貿易学。いまいちANDYはこの期に及んで何を勉強しとるっつーの?という疑問が皆さん(僕の親も)あるようなので、少し面白い解釈で答えてみたいと思います!

d0039762_1821594.jpg先日ですね、飲みの席で日本人女性とアメリカ人カップルの人が将来について話し合っていたんですよ。将来その女性は会計士の資格CPAを取るために大学に通っており、彼氏と結婚はしたいものの、中途半端に勉強をするだけならお金の無駄だと思うし、彼にはご両親から少しお金を借りているのでそれもいくらか分からないけど返さなければいけないという状態。(みなさんも勉強したいけど、お金ないと困っていませんか?)

やっぱりお金を今はためておくべきか?という問いに対して、まるっきりお金を貯めることにはNOと言います。

やっぱANDYならポジティブに何でも挑戦するという方向性でいきます!

今の収入をただ貯蓄し続けることは、一見お金が溜まるようで、しかし永遠に同じ額だとしたら人生必ず嫌になる。今の収入の一部(50)をCPA資格取得の為に費やすことは、受かったら(100)を得て、失敗したら(-50)か?答えは、1年後、2年後、勉強した後のあなたの視野と、将来への可能性に比例するので、現在勉強するだけでも30、40の現在価値があるんです!

例えば、現在1の英語の力を持っていて、活かせば1,5の力を発揮し、活かせなければ0.8。
実際、英語の勉強をして2の力を得た時、活かせば2.8の力を発揮し、活かせなければ1.6だとする。

今の1の力で考えれば、まぁ今のままでも成功すれば1.5だしな~と考えるか、ここで勉強をしなおして、最低でも1.6(現在の成功よりも高い)、活かせば2.6を得ようと思える。これが可能性をツリー形式であらわした、「Decision Tree」と言います。こんなMBA原理が投資・株はおろか、人間の価値まで理論的に測ってしまうのですから怖いものです(爆)

d0039762_18212122.jpg先ほどのカップルの問題に戻りますが、僕だったら、今の返済額を明確にし、今後将来何をしたいのか希望を持つこと!まだ若いし、可能性もあるのだから、親は頼れるうちに頼るべきだ(笑)。1、まず、勉強しながら返済できる分を親に相談し、自分自身の未来に責任を持つこと。2、将来に対する不安を消すため、しっかりいくら授業料がかかって、いくらご両親にお金を借りるのか、また10年、20年という長い目で考えることも重要。3、いますぐ大きなものを返せるはずもなく、今だけを見つめたら、そんな額を返せないと諦めてしまうので、理論的にも自分自身の人間価値を高めることが先決。

人はあたかも株やギャンブルで一発儲けをし、起業で大成功することが、空から降ってきた幸運のように思うけど、自分に扱えないほどのおおきなものは、結局身分不相応なのでしょう。これは私にも言えることですが、大きなものをいきなり手にしたいと思いませんし、扱えるようになった時には、失敗する確立も一気に減ります。

たぶんね、たぶんあたっていると思う(爆)けど、成功は必然なのだと思う。たぶん頭のいい人ならDecision Treeを使いこなして、失敗しないのだろうな。今の私はまだまだ自分の将来一つ迷っているわけだから、あと何段階Decision Tree を踏めばよいのだろう。
[PR]
by aaandy0221 | 2006-12-12 18:18 | NYの話題

落ち込んだ時

月日が経つのは早いもので、もう師走ですね。
学生達は期末テスト、社会人は飲み会忘年会、主婦達はセール品を買い漁る(笑

d0039762_5373717.jpgニューヨークでは店頭に色鮮やかなクリスマス装飾が置かれ、ロックフェラーセンターではクリスマスツリーが点灯され、街中至るところでクリスマスミュージックが流れ、人間とは、こうも感情で楽しめる生き物なのだなと不思議に思うのです(笑)。でもね、さすがニューヨーカーだと思うのは、どんな有名なショップであれ、毎年同じクリスマスの装飾品を使うこと。だいぶ黒ずんでいるんだけどなぁ・・と誰しもが思うはずだけど、清潔観念の違いは文化常識の違いとでもいうのでしょうか、ちょっと笑ってしまいます。

最近、友人がちょっと落ち込んでいるのを聞いて、私自身も昔はよく落ち込んでいましたが、今思っていることがあるので少し書いてみようと思います。それはね、「落ち込むこと」は、物事をごくネガティブな部分ですべて捉えちゃっているということです。人間はどんな環境に置かれても悩む生き物で、人間関係も、勉学も、日常生活も、誰が見てもBESTはなく、自分にとってもBESTが分からないから悩む。私の意見においても、「いいね!」って言ってくれる人もいれば、「口先だよ」って言う人がいる。自分の調子がいまいちよくない時は、無理に悪評を悩みすぎる必要はないのだと思う。悩んでいる時は、「彼らは彼らの生き方!」と自分を大切にしてムードを回復させ、自分の意思が固まった時に彼らに話す。悩んでいる状態で話すとさらにややこしい事態になるので、楽しいことをいっぱいする。そうするとね、楽しい気分になった状態で、悩んでいた部分を相手に話した時、素直に自分の口から「ごめんね」と言えたり、相手からも「分かっているよ」って言われると思う。

d0039762_5394710.jpg人生さ、パートナーや友人次第でほんと変わる。頼りないパートナー、頼りになるパートナー、どちらを選んでも人は幸せになれると思う。ただ、金銭的であったり、精神的であったり、仕事的に、将来の道が変わってくるのは事実。でも間違いだと言われる筋ないんだよね~。お金に苦しくなって嫁が働くのは不幸か?旦那が成功し、さらに出世する嫁は見苦しいか?(クリントン前大統領とヒラリー婦人)、でも彼らが幸せならば間違いではないのだろう。ただ、幸せと思いつつも、この人ともし結婚していたらこういった人生が・・ってありえちゃうから、恋愛は気をつけたい(爆)。自分の夢を叶えるのも、結果的に諦めざるを得ないのも、恋愛しちゃうと盲目になるから・・。あ、でもさ、ダメ男が好き~って言う人もいるわけだしさ、敢えてダメ男になる時があってもよいのかもしれない(←なぜか心が揺れている爆)
[PR]
by aaandy0221 | 2006-12-05 05:32 | 僕について