05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

NYの諸事情

NYは本当に狭い!というのが初感。

現在NY暦2年、お陰様で色んな業種の方とパーティーや学校でお友達になったり、最近では異業種交流会や仕事上のお付き合いで駐在仲間やビジネスマンと知り合いになる機会が多い。そして「NYでは悪さできねぇなぁ」っていうのが最近思うこと(泣)。

先日も知り合いのお別れ会に参加したのだが、NY暦4,5年という方々と話していると必ず知り合いの話になったり、噂で聞いたことのある人物の話になる。特に威勢のよい若者連中は噂の渦中なやつと思ったほうがいい。世界中どこだって日本人はいるし、ある程度縄張りってーもんがあるのかもしれんけど、話によると「日系の人脈」というのもビジネスには重要な要素を占めているのだ。いやはや、おいらはまだ在米2年目の若手なもので、先輩のお話は素直に聞いているんっすけどね、笑。自分のテリトリーとして学生、不動産系、大使館系、新聞系はかなり拡大路線っぽくなっているのだけど、やはり日系の大本営、日系人会や芸術系の大元は何かと耳にすることも多く、広げてみたい分野である。

最近は意外と年上の人と飲むことも多く、企業側と学生側をつなげるような役割をしている。元々NYに住む日本人の団結力が薄く、お互い避ける傾向にあるんだが、改めて日本人同士の共闘や、日本人の雇用創出に力を入れていきたいと思うのが本音。実力ある学生なんてゴロゴロしているし、そんな彼らでも就職せずに日本へ帰れば厳しい現実が待っているのだ。ある意味意見のはっきりいえるすばらしい人材がたくさんいるのに、企業側に雇う能力がないというのは本当にもったいないことなのだ。逸物ある人がNYで成功を目指してやってくることを考えてみても、しっかり勉強もしているし、本も読んでいるし、考えももっている。少なからず、自分のNYでできる役割、雇用創出という分野で今回のプロジェクトを進めて生きたいというのがロングスパンでの目標!

さて、我が父と広告会社の方がNY入りした。我が片腕の相棒もNY入りした。この2,3週間で大詰め、開始の狼煙を上げることになりそうだ。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-08-21 13:59 | NYの話題
明日はいよいよ我が父と経営コンサル兼広告会社様のNY入りとなる。

家具の搬入作業は中盤まで進み、在庫チェックと在庫管理がメインとなっている。案の定、発注確認を取ってみると搬入ミスが一点あり、明日UPSとお店側に確認を取らねばならない。こういっためんどくさい作業もすべてやっている・・社長一人で切り盛りは本当に辛い。。

さらに来月オープンを控え、法律関係、ホテル&雇用保険、パートナーとの契約事項の最終チェックがあり。これは経営者として必ずしておかねば、信用と事業拡大の支障となる一番の原因だ!トラブルは外部からではない、内部で起こるんだ!!を常に意識し、パートナーがどれだけ会社のタメに尽くしたかを社長は常に把握しておかねばならない。その為にドキュメントを何枚作って時間をどんだけ費やそうが、必ず最後に信用を勝ち取るのは下準備を整えた者なのだ。ってーこれは何度も言ってきたことか。意外に巷に出回る経営本で書いていないのにはびっくりする。

そしてあさってにホテル計画最終段階のプレゼンテーションを社長(自分)自ら報告。広告の手段・業者、適切な用語、写真等、今後どうわが社が成功への道のりを歩んでいくかを広告会社は一から組み立てていく。正直自分の口からはいえないが、論理的な広告手段ってあるもんなんだと思うしかない。ここに投資家、経営コンサル、広告会社、ウェブ会社、デザイン会社総出で意見をバトル!どんなにいいものができるのか今から楽しみで仕方ない。


そ~して、今日やっと我が運営パートナーの一人が日本から戻ってまいりました。今までNYにいて魅力ある学生にはたくさん会ってきたが、僕の片腕となる彼は、僕とほぼ同じ経歴を歩んできている。有名大学卒業ってわけでもなく、ビジネス経験的にもない、僕の2つ下22歳だが、彼にも経営者としての素質を磨いてほしいというのが何より願いであり、楽しみでもある。僕は人事に自信があるなんて大層なことは全く言えないんだけど、人を見る目として常に僕は、「責任力があるやつ、情熱があるやつ、適切に物事を伝えられる能力があるやつ」に目を向けている。特に責任力のあるやつというのは1時間程一緒にいればすぐに分かる。人のせいにしたり、人の悪口をいうやつはすぐに自分自身のボロを出す。日本の社会ではなかなか責任力という分野が若い頃には育たない(いつも上司がおり、責任は分散される)のだが、そう訓練されてしまったらオシマイだと思うのが僕。自分が失敗したもんはどんだけ理由をつけようが自分の責任だよ。

「物事を的確に伝える能力がある」という分野に関しても学歴社会なんてものは全くない。状況判断がすばやくできて、的確に相手に自分の意見を伝えられるなら、最低限議論が成り立つ。ペーパー一枚でも書けねば、ビジネスも先へ進まない。ん~~あとはポジティブに情熱を捧げようー!ってことかな。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-08-20 14:08 | 自己啓発・経営哲学

最近のブログ

ここ数日入場者がなぜか格段にアップしているのは何だろう?と思う(笑)

どっから皆飛んで来るのかは分からないけど、広告を出していない為、毎日コンスタントに常連さんが訪れていることだけは知っていた。時々ひょいと紛れ込んでくる人がいるみたいなこともあった(笑)。うーん、自分で言うのもなんですが、このブログまじタメになります(爆)。なんせリアルタイムに起業ストーリーを語るもので、巷に出回る「こうすりゃ成功する!」って本より「俺はここでまた失敗した」ネタが多いので、素人以上の方にはウケます。「失敗が成功の素」と思っていらっしゃる方にはさらに面白いんじゃないかなって思ったり。

しかしながら、僕は基本的に偽善っぽく一般大衆に経営のノウハウを教えます~とかでお金を取るのは好きじゃない(将来そういう立場になったらね)。いくら大勢の前でレクチャーをしたとしても、そのお金の価値分だけのレクチャーだと人が思ったら僕はやる価値なしと判断します。俺はもっとガメツイので、どんどん質問くれたり、ツッコんでくれたりして親密にならないと嫌なんです(笑)。そしてレクチャーするなら、相手が満足するまでどんどん情報提供しますし、与えすぎで相手が困るくらいします。困って困って「将来恩返ししたいです」と吐かせるまでやります。僕がここまで話したってことは「君の将来期待しています」という逆メッセージでもあるので、ある一種のボランティアでもありますが、将来投資でもあります。もちろん僕の話が完璧なのではなく、あくまで情報をどう判断するかはその人次第、それを判断できる人を選んで僕は話しますし、僕自身も相手の反応から情報を得ているんです。

そしてニューヨークでは僕と同じような立場の人や、起業への夢を持った方がたくさんおり、中でも数人は互いの将来を見越して付き合っています。人からは「どんな判断基準があるの」って聞かれるんですが、僕の指標としては「お金」という響きに弱い方は目先の利益で人を裏切る可能性が出てくるのでダメですかね。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-08-18 01:45 | ビジネス会議・交渉

我が偉大なる父上様

我が偉大なる父上様・・・

な~んてご大層な男じゃーないけど、男として面白いと思える父はやはり尊敬できる。人望、人脈、経営力、そして衰えを感じさせないトーク力。僕は高校生の頃まで父は所詮夜までふらふらどこへ行っているのか分からない、父親としてはどうかと思ってきた面があった。実際に父親も「お前が俺を真似したくないと思うところは真似しなくてもよい」といってくれるので、いい点悪い点は息子なりに考えているし、父親も納得している。ただ、僕の母はすごく苦労して僕を育て上げ、家庭を切り盛りしてきたところを考えると、僕はやはり家庭人間になりたいと思っているのだ。仕事は時間を区切って終わらせ、その後は家族とのびのびしたいと常に思っている。

父がビジネスマンとして尊敬できるようになったのは、実はごく最近かもしれない。つまり、僕がニューヨークで会社を開き、社長として独り立ちする時に、周りにビジネスを的確にアドバイスできる人たちを紹介してくれた一人が父に他ならない。僕の父は2代目なので、彼自身で起業したり、ビジネスを切り開いたわけではないので、青年実業家のように仕事がバリバリできるのかといったら、なんかめんどくさがってやらないところがある。徳川家康でいったら、彼は徳川秀忠のように、地盤を固める仕事なのだろうと思う。つまり、彼自身それはいつも僕にしゃべってくれ、企業を長く存続させる為の仕組み作りは何より頭を使う作業であるし、計略が必要であろう。実際、僕のおじいちゃんの世代の人たちが作り上げた企業も、今やみな2,3代目となり、だんだん従業員同士の関係も薄くなる為、裏切りや離反などが相次ぐ。そこで多くの企業はつぶれてしまうのだ・・織田信長(信孝、信雄)、武田信玄(勝頼)、豊臣秀吉(秀次)の2代目もそうであるように、2代目で地盤を固められる器量がなくば、その企業は一代にしてつぶれる。まさに一国一城の主とは大きな責任と、広い度量が必要となる為、ある意味サラリーマンよりも嫌な仕事だ。

3代目といえば徳川家光、足利家満あたりだろう。2代目で基盤を整えられると、じゃあ次は3代目の生きる道か。。。歴史はまさに人生の指針を示してくれるものだと思う。だから学んでいる。僕は海外で起業という道を選んだけど、これもまた然りと思う。忙しいけど、自分の今まで学んできたことを実践するという意味で、いきなりこんなことはできない・・・だから納得している。

今月20日に父がNY入りする。経営パートナーやアドバイザーを引き連れてやってくる。ま、、不肖の息子で終わらなくてよかったと我ならが自分をほめてしまうんだけど、今回は少し緊張しています。父が築きあげた人脈を、僕はこのビジネスを通して初めて気づかされました。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-08-15 02:25 | 僕について
僕は夢を持っている人が好きです。

自分の夢さえ持っていれば、それを叶える為の道を探せるのだから人生すごく楽しいはずだ。夢を実現する為に何時間も我を忘れて情報を探し、成功例を見つけ、明確な道順を自分で計画する。何もないなかから自分の生き方を見つけるほど苦しいことはなかったと僕は記憶しています。もちろん僕も21歳の時から自分探しを始め、大学卒業22歳まではとにかく人の生き方を本で読んだり、調べたりしました。

僕は元々経営者の家系でしたが、そのまま平凡に継いで、幸せに事業を続ける自信がありませんでした。この混沌とした日本の世の中、やること何も失敗なくすべて成功でよかったね~なんて語れる人は本当のインチキだと僕は思っているし、自分が気がつかないだけで周りは哀れに思っているケースが多いのだろうと思います。むろん、それでも事業を継承すれば、決まったことを続けていけばお金には困らなくなるのかもしれません。しかし、逆に自分の人生見直して、自分が本当に幸せで、満足だ~って思う人は多いだろうか?皆、無いものネダリです。

金があるやつはいいなぁ~、彼女いるやつはいいなぁ~、なんて自分に無いものを人が持っていると羨ましいものです。僕は逆に親の事業をすぐに継いだら、自由に遊んでみたかった、恋愛結婚したかった、違う自分を発掘してみたかった、きっと後悔だらけかもしれません。自分にとって、僕が妬まれる理由のものは何もありません。やりたいことをやる、夢を持ってそれを探してみる、それができるように周りを説得したりする、そのすべてが膨大な時間と努力の結晶となるんだと思います。

確かにそうだなぁ~と思った方はたぶん、次にじゃあどうやって叶えるの?ってなります。答えは「すべて時間の管理」でしょう。毎日忙しくて考える時間がないという方、週末一日喫茶店に篭って10時間くらい座ってみたらどうでしょうか?やみくもにやらねばならぬ仕事を一日中考えて中途半端に仕事してないでしょうか?1時間でも自分の今やらねばならぬことを整理したら、1日24時間の中で寝るのが8時間、残った16時間のうちバイトと食事で10時間省いても6時間がすべて喫茶店で色々考えられる時間になります。答えを自分で見つけるための努力をすれば、だんだん自分の現状も見えてくるんでしょう。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-08-13 06:31 | 僕について

人生の成功とは?

皆からここ数ヶ月一気に老け込んだと言われています(笑)。変な意味で目が据わっているとか、しゃべることに説得力ありすぎとか言われたり、まぁ嬉しい評価もありますが、逆に30代?といわれることが多くなってきて、いやぁ~ん♪と思ったりします。この数ヶ月で実感したこと、それは状況判断力が恐ろしく発達したというんでしょうか・・。

昔から人懐っこい性格ではあったので、色んな人から話しかけられるんですが、笑顔で物事を説く姿は自分から見てもいいギャップだと感心してます。「不可能を可能にする男」ってーのがかっこええッス!なかなか物事うまくいかなかった自分・・・今も続いていることですが、人生の迷いの時期は本当に苦しんだし、逆にテストでいい点を取るという目標が到達できずに苦しんだり、、、でも人生真っ向勝負じゃダメだと思ったとき、かなり道が開けました。(王道というより、覇道ですね)。迷ったら自分で解決するより、他人の成功談見て真似てしまう。テストで皆と一緒に戦うより、先生を落として権利を勝ち取る!もちろん宅建や国家試験やっていた時は王道(法律には触れない)でとことん戦いました。だが、無駄に真っ向勝負で時間を費やすより、もっと重要なポイントがその先にあるならば・・・それは真っ向勝負を避けることが人生うまく切り抜けるやり方なんじゃないざますか?

自分の目標は・・・投資家の中でも、会社ごと買い取って立て直すコンサルタントのスペシャリストになることです。じゃあその為にはまず学校で知識をつけなきゃ・・と思うのが王道だとすれば、ビジネスを一発経験してから学校に行っちゃえ!と思うのが覇道です。最近分かりました。要領のよく知識を飲み込む秘訣は、「経験しながら学ぶ+知識で裏づけ」です。本ばかり読んで勉強していても要領悪い、知識なく専門職についても片輪です。

成功は金ってより、人生の発掘で見たいもんです。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-08-11 10:11 | 自己啓発・経営哲学

超山場

意見がかみ合わない。。。
日本側経営陣とデザイン側、そして我が社の意思疎通が飛び交っている。

現実のビジネスとはいえ、こんなにプロが広告宣伝、運営戦略を練ってきたのに2,3日ストップです。もうちょっと簡単に考えられないものか、、家から出られませんわ。。

デッドラインまで後2日と迫っているので頭痛すぎです・・・
トラブルないことは絶対にないと色々ビジネス経験を聞いてきましたが、うちもやっぱおこったかぁ・・・。これって俺が未熟なだけだからだけじゃないと思う。。。

B&B、アパートメントホテル、どれもチープなイメージがでてダメといわれ・・・
新しいムーブメントを興すニューヨークスタイルのホテル名、、なんだろう・・・
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-08-05 02:33 | ビジネス会議・交渉

一ヵ月後オープン決定!

最近はだいぶリズムに乗れているような気がします
もうすぐNYのデザイナーズ系アパートメントホテルが誕生する予定♪

当ホテルの特徴は数えあげればキリがないんですけど、まず何より安全さが第一です。結局現在日本人が経営するアパートメントホテルには違法経営が目立ち、一見安くてお手ごろなんですが、現地へついてはじめてトラブルにあったり、盗難にあったりします。特にニューヨークという立地もあり、観光客の身分からでは訴えることもできず、泣き寝入りするのは当たり前。でもせっかく観光に来て宿泊をケチっては思い出がすべて台無しになっちゃいます。お客様の目から見た安全と保証を法律に則って考えようというのが今回のコンセプトの1つ。

次に、アパートメントホテルといえばシェアバスでしょう。特に女性客はバスルームにかける時間こそ一日のスタート。何人もの人がシェアすることによってそれは不可能(特に4部屋に対して1つのバスルーム等)となり、さらにお腹が痛くなってもトイレいけない!という最悪の事態もある様子。それはお客さんが選んだのだから・・・といわれれば元も子もないんだけど、個室&バスルームがあればNY観光も楽しくなります。お風呂に入れる個室があるというのはNYでは贅沢なことなんです☆

そして一流デザイナーによるコーディネイト。Wホテルを実際にデザインし、NYでは売れっ子のデザイナーが同じ同郷出身ということで意気投合。今回の現地スタッフが望む「あったらいいな」のプロジェクトに参画し、最高のデザインを担当!ふかふかのベッド、選ばれた家具、デザインのあるバスグッズ、でもそこまで価格を引き上げない低コストでハイクウォリティーを重視。一泊200,300ドルが当たり前のデザイナーによるデコレーションを150ドルで仕上げる。宣伝もさらに一流の広告業者が入り、今のところプレオープン時に取材に来る予定の業者が少し決まりました。

何しろ、最初は部屋数が2室のため、セキュリティーや快適性はかなりありますが、予約に対応できない可能性があります。今後拡大はしていく予定ですが、楽しみな企画には間違いありません。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-07-29 10:58 | NYの話題
久しぶりに5月の頃のブログを読み返してみて、改めて過去と現在で得たものがすごくたくさんあることが分かりました。何気なくこう書くブログが僕の起業過程そのものであり、理想と実践の狭間の中で苦労しているものが何なのか分かります。特に僕のような起業1年生にとって、決して独りよがりで会社運営などできないし、法律や秩序を守る為にお金も色々かかります。予想外の出費に戸惑う時もあったし、パートナーたちと意思疎通が足らなくて失敗したこともありました。今日久しぶりに会ったパートナーの一人から「なんかやり手になってきたね~」と言われて少し嬉しかった☆だとしても、今はお金以上の強いパートナーや、一流企業からの投資と信頼、アイディアと法的ガードの強化が何なのか曲がりなりにも経験しています。

営業開始延期の理由に会社内部での意思疎通確認という問題が一つありました。パートナー、広告会社コンサルタント、デザイナー、現地広告、写真家・・等などが主に経営陣と呼ばれています。正直これだけの関わりある人のしっかりとした意思疎通、営業確認、状況把握をしっかりせずに仕事を開始しようとしていました。自分なりに何回もも文書化し直し、計画表を随時更新しながら確認していたので、誰もがある意味ほったらかしというありがた迷惑な問題がありました。また、自分で何もかもしすぎて、他人の力を借りなかったという問題もありました。要は代表だからって何でもでしゃばってやったり、できる作業をすべてやろうと思うと他人が入り込む余地がなくなります。お山の大将が動きすぎてはダメということを始めて知りました。すべての決定権を持つが自ら交渉の場に立つのではなく、横にマネージャーを置いてコンビネーションとして動かねばならないのです。つまり、若手刑事と親分刑事の強弱つけた交渉というんでしょうか、これが非常に大事でしょう。要は相手に自分の弱みを直接握られないようにする、王将を守るという金の役目を認識して連携し、対価を分配して、パートナーの動きをしっかり評価することです。

営業開始第二の遅延理由にお金の流れの把握です。つまりお金は賢く動かせば大きな節税対策と、お金以上の仲間の信頼を手に入れられる・・と思います。パートナーへの給与額は、それ以上に活躍の場を設けておき、情報をできるだけ集めることです。お金を使う時に使う、これは非常に難しい、、これには何回も失敗しました。しかし、良作はいくらでも転がっていますね・・自分の財産から投資していると必要以上に痛手と精神的苦痛を感じてしまう。僕がいえること、それは同じ100万円があるとしても、一方は実費で100万円同価の札を払い、一方は50万円を実際に払うだけで済む・・投資の種類によって同じ起業でも少し楽な起業に持っていけるんでしょう。

第三に宣伝広報をたくさん集めておくことです。すべて宣伝も広報もロジック(論理的)があります。マーケティング専門の広告会社があるかないかで売れるものも売れない、モームスの保田圭でも売れるんです(いいすぎ!?あら笑)。これは今後のブログの中で、僕が体験した広告如何を自分の目で見て書いていきたいと思う。企業秘密はあるかもしれないけど、それを抜いてでも十分価値のある報告にできればと思います。

第四に足並みを揃えた計画表の作成と収益目標の提示、未来予想をしっかり想定することです。ビジネスは株のように一発儲けの仕事ではありません。ビジネスパートナーと信頼をつないで次のビジネスに繋げるのが何よりも大きいものであると気づかされました。損益分岐点はまだまだ厳しい、少し間違えばまだまだ撤収の可能性もあります。十分色々学んだとはいえ、みなにいい形で次へつなげたい・・・これは誰もが望むこと。

アイディアが生まれればまた新しいビジネスだってできる。有能なパートナー陣がいれば次ができる!弁護士、税理士を含めて、誰もが僕のビジネスの他にも関わりあるので裏切りを必ずしない人を選ぶ必要があります。これは経営陣から最近厳しくいわれています。。皆、一回り離れた人たちばかりなので敬う気持ちを常にもっていきます。たとえ社長とよばれようが現状は厳しいもんです、、はい。

最後に、マーケティング調査を繰り返し、企画書を何回も繰り返し書いてきている僕は忙しいとは言いながらもしっかり楽しみもあるし、お金で買えない経験と学校以上に教えてくれる先輩たちによって支えられています。アイディアはたくさんあるけど、経営陣に法的問題や信頼の問題でぶっつぶされまくっています。悔しいとは思うけど、もっといろんな企画を取り入れてダメなことは絶対にありません。僕の余裕が生まれたら、色んな企画をサポートし、次のアパートメント企画に参入させる仕組みも考えていきます。アイディアは無限にみんな持っていますし、会社の運営さえ伝授すれば大きな信頼関係を結べると思っています。がんばっていきます!!

これからもいいものを書いていきたいし、このブログを見てくれた人が将来ニューヨークに会いに来てくれたりしたらすごく嬉しいと思っています。いずれ何かの雑誌や広告、もしくはウェブサイトでお会いできる日を楽しみにしています!
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-07-23 12:09 | ビジネス会議・交渉
経営陣はわが社を含め、3社の企業が足並みを揃えて動き出します。運営陣はボランティアを含め、意思を同じくする学生たちによって構成されています。

経営幹部会

先週、実はかなり山場となっていました。最終の収益予測と合法性の面でGOサインがでるかどうかの瀬戸際、僕を含め、広告会社兼コンサルタント、デザイナー、パートナー他、会計士、弁護士、コメンテイターを含む「経営陣」たちはそれぞれの役割と、それに見合う分配を話し合っていました。いくら個人的に仲がよいとしても、ビジネスがビジネスとして成り立つか、信用を勝ち取るかどうかは互いの結束力。先週以後、皆の仕事の早急ぶりは目を見張るものがある。こんなに収益予測が少ない中で、みなが情熱を捧げてくれるのには本物だと感じました。

ただ、ここで自分は社長としての決定権はあるかもしれませんが、現実的な采配はコンサルタント含む、先輩たちによって指導。俺にこんな現実的な数字が出せるわけないっ。すごい。


運営幹部会

こちらは僕が筆頭となり、初期設立メンバーは今後の運営の核となる。人数が多すぎてもまとまらないし、こっちは信頼性のある人を選ばないと経営陣の方からストップがきます。かの人材派遣会社テンプスタッフの篠原社長は会社設立時に数人の運営幹部陣とともに立ち上げ、今は運営幹部陣がコアとなって戦略の立案や統率を行っています。わが社も規模は小さいながら、地道に幹部候補生を育成していかなければいけません。

仕事多すぎる~~@@
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-07-18 22:44 | ビジネス会議・交渉