05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

覚悟と吹っ切れ

このブログを毎回読んでくださる方、どうもありがとうございます
このストーリーは常に最前線でビジネスを始める僕の気持ちを余すことなく書いていこうと思っています。このビジネスが成功するかどうかは皆さんの興味あるところでしょうけど、もはや金銭的な成功がビジネスではないことを伝えていきたいです。この3日、コンサルタントK氏がNYにいる間、もはや書ききれない程学んだことは多く、最前線で戦う一流ビジネスマンの本音を身をもって味わいました。僕に一番足らなかったもの・・・・それは覚悟でした。

精神的になんとか正常に戻りつつある僕ですが、これから俄然やる気になっていることはビジネスパートナーとの結びつきの強化です。以前はボランティアで仕事をやってくれる仲間が仕事のコストパフォーマンスと信頼を強化するものであると思っていました。今は金銭的な享受を通して、僕はパートナーの仕事を認め、対価を交換し、裏切りのない関係を築くものであると思っています。パートナーが僕のためにやってくれるすべての事をきちんと理解し、すべて箇条書きにあげた上で値段交渉をします。金銭的な価値以上に本当のパートナーとして頑張ってくれることに男の感動を覚えました。所詮タダほど怖いものはないということでしょうか・・・。

次にパートナーとの結びつきの確認も大切です。友人の紹介というだけではまだ仕事を一緒にすることに大きな危険があります。つまりその人の都合でやっぱ止めたと言った時に僕は何の保障もできないからです。逆にパートナーが、僕以外にも様々な仕事で僕と関わりがあり、裏切ったらその人のビジネス生命まで失うというものが伴ったとき、人は真剣に自分の仕事をするということです。金銭的な享受は責任と義務を見える形にするので、今後僕の運営スタッフとなる方々にはしっかりと金銭を渡します。これは経営者とパートナー、スタッフの信頼関係を一番理解できるものだからです。

そして、金を惜しむべからず。信頼できるパートナーには信頼の価値だけ対価の提示をすること。価格は最終的にお互いの合意によって成り立つが、ビジネスを立ち上げた以上後ろめたい気持ちが少しでもあるとよいものはできません。

最後に、僕が今回感じたもっとも為になったこと、それは「起業の先輩を見習え」です。目から鱗ですよ。つまり、起業はよい部分だけを聞けというわけじゃありません。逆に「なんでこんなにしつこく些細な問題をくどくど挙げるんだろう?」と疑問がわくものに対してとにかく注意して耳を傾けることです。違法経営をとことん注意されました。僕は「まぁお客にも安いホテルはいいし、こっちも税金や諸経費にかかりすぎる経営は収益がでない」と思っていたことがありました。だが、コンサルタントはとにかく「保証、規約、合法、従業員への保証」等等、福利厚生費を充実させよといいました。つまりこうです、会社の基本は「資産を守ること」です。違法経営ではお金を稼ぐことが第一となる為、何かトラブルがあるとオーナーは何も対処できません。またお客が訴えるとオーナーは自分の今まで稼いだお金をすべて失う危険性にさらされます。よって違法経営では危険性がかなり高いといえるでしょう。合法性にさせる為に当初の諸経費の倍近くになりました、、これが経営なんでしょう。

僕は疑問に思いました。なんでこの方は@@にこだわるのだろうか?答えは「一度失敗した経験に対して同じ間違いは二度としないという覚悟」です。一つの違法性があった為、外交問題に発展するくらいの規模の事件となった日系企業のケースがたくさんあります。それを教訓にして堅実に稼ぐことが精神的にも堂々としていられる。「不動産屋と契約するときは一人でいくな!」。次僕がいうとしたら、これを「おめぇ~ひつこいよ!」って言われるくらいに注意するでしょう。僕は不動産屋とのトラブルで必ず契約書への必要以上の注意、レシートのコピーを必ずもらう、相手に飲まれない!これで僕がどんな失敗したか皆さんには分かるでしょうが、失敗は成功の素ということですかね。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-07-16 22:12 | 僕について
今朝、広告営業兼コンサルタントのK氏がNY入りした
僕は今回少々ミスを犯したことで、逆の意味で僕の実力をみんなに分かっていただけただろうと思っている。むしろこのまま僕が順調に事が進みすぎていたら、営業開始後に多大な損失を生むところだった。どんなに情熱を傾け、自分なりの企画書に自信を持って仕事をしてきた所で、起業1年目という壁は誰もが通る困難の始まりだということを身をもって味わった。つまり、穴だ!経営に失敗することは専門家から言わせれば「必然的に失敗すべきビジネススキームであった」というのは悲しいことだが現実だろう。つくづく勉強させられました。


ビジネススキーム(ビジネスの骨格)経営の5P
経営の合法性(企業の信用力、他企業と合法的にパートナーを結ぶ)
ターゲット・マーケティングの確認(実際の広告戦略においてはっきりしたセグメント獲得を狙う)
ビジネスプラン計画日程表(いつ誰が関わって、どう動くか)
会計の勘定確認(損益分岐点計算、すべての収入予測、支出をエクセルに出す)
差別化(同じ業種の情報をすべて調査し、競合企業を特定する)

内部の経営(パートナーに誰がいて、どう利益分与し、どう今後の経営を行うか)
内部報告(投資家やコンサルタントにすべての計画プラン、情報を協議し、戦略につなげる)
法人化への有効性(法人化することの有利・不利を検証)


そして一番企業として存続する為に必要なのが訴訟対象、従業員との関係を協議することだ。

日本帰国時にすべてを新たに調べ、一つ一つ形にしていくという面で、すぐにGOサインは出せない。この企画で儲かるか儲からないかは、時の運にもかかるが、すべてできることをせずに起業してしまうのは余りにも損かな。

我思う、無力。。だが、無力を認め、きちんとアドバイスを受け取り、一流の経営を模索することも楽しいと思わねばいかんかも。無意味な自信は破滅だなぁ・・・
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-07-14 11:17 | ビジネス会議・交渉

自分の強さと弱さ

昨日は30時間以上眠れない日が続いた
なぜか食欲もなく、眠気もこない。ただ疲労感があるものの、何か見えないものへのプレッシャーを感じ・・・いわゆる情緒不安定というやつだ。以前は3ヶ月毎くらいに些細なことで情緒不安定が始まり、だいたい一週間程度でいつもの元気いっぱいに戻るサイクルであったが、今回は6ヶ月ぶりのそれだった。

とあるビジネス経験者が彼の精神的な部分について解説していたことを聞いたことがあった。NYではちょい有名なエンカレ(資格学校)の先生と直接話したことがあり、僕がその当時資格勉強をしていた時、将来の不安を抱えて落ち込んだときに聞いた言葉だった。「ふとしたことで落ち込むことは誰にでもあるし、表面上はどんなに明るく振舞っていたとしても、胸のつかえがどんどん広がっていくことは人間の一つの仕組みではないか」と。彼自身は「そこになんとなく周期がある」といっており、そこに僕は共感した。

僕も管理型人間の特徴として、自分の生活リズムをある程度コントロールして、重要な時期を乗り越える為に頑張る自己管理能力がある(努力してます)。つまり自分を管理できなければ周りの様々な人間の情緒をひとつにさせる仕組みさえも作れないとそう思う。例えば、資格で点数を取るというひとつの目標に、己をとことん集中させることで自分自身を管理し、それを達成できるように作る。ってーなことを言ったとしても、できねーよといえば俺だってできねー(笑)。

要は自分が情緒不安定期に入ってきたら自分自身でそれをわかっているのはひとつのプラスになるとは思う。なるべく引き篭もるとか(爆)、何かに没頭するとか(ゲーム)、そんなことを昔はやってきた。今、引き篭もることも許されず、ゲームもできず、しかし情緒不安定を乗り越えなければならない・・・さぁ大変だ。酒はますます俺をだめにするし、パソコンも何の解決へ向かわない。。。僕は最近一番仲良い友達と夜一緒にいることが僕なりの解決法かなと最近思い始めている。みなさんもそれぞれ主種様々な解決法があると思います。もしよかったら僕に色々教えてください@@

あ、最近はホテル物件に時々賃借人を泊め、自分は一室を住んでいます。周りにタイレストランやDELIがたくさんあり、でもマンハッタンとちょっと違うなというのは、たったタイムズスクエアから3分歩くだけで、周辺住民がみんな暖かいということかな。今日は隣のタイレストランのLORIさん(オーナー)と道端で30分近く話していたし、DELIの人とも話していた。オープンまであと1ヶ月超くらいになったけど、周りにお店やバーがたくさんあるのでそこに通うのが結構楽しいです。44STの10AVEにあるカフェなんかちょーいい感じですしね。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-07-13 14:00 | 僕について

NYへ戻る

時差ぼけ直らず・・
週末はあんまり調子がよくなかったのでずっと友人の家で寝たりしていました
平日は色々やることあるのでひとときの休暇でしたね

気分を入れ替えて頑張ろう☆
ネタが復活したら書き始めます♪
あ、日本滞在中はマジで忙しかったです。実家の会社系の手続きが多く、でもビジネスパートナーの方にも会えたり、広告宣伝についても色々聞けたし、内容は充実していました。夏はもうすぐー!
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-07-11 11:04 | NYの話題

経営の理念と現実

経営を存続させる為の「社会」への哲学を「経営の理念」というならば、経営に携わる「企業」への哲学を「経営の現実」と僕は呼ぼう。

つまり、企業のイメージや経営者のイメージは、実際に経営者が行う企業活動によって、消費者がそれを評価する(株価評価、購買意欲)。そして企業を存続するにあたって働く従業員やそれに関わる人々の利益を得るには経営の現実、つまり収益率と分配の理念の問題となる。会社を立ち上げて僕が一番直面している問題は後者である。

ま、そんな難しいことをいってもわかんねーよ!ってなりそうなので、簡単に言えば、経営の現実はまた厳しいということだ。例えば、インターネットなどで物を売ったりして得られるお金で結構稼いでいる人がいる。個人レベルで売買する事業を「起業」と言ってもよいだろうが、会社を設立してそれを運営することは「同じ起業である」とは最近思えなくなった。お金を稼ぐことは、既に株式売買をやってきた人間にとっては情報戦略と実行力があればできる。だが、会社を運営することは非常に難しい・・・

日本帰国までの数日、僕の経験不足な経営の現実によって様々な人に迷惑をかけてしまった。5W2H、いつ、どこで、何を仕事として、誰が関わって、どう将来へ繋げるか?ビジネススキーム(骨格)をしっかりさせなければ、企業内の活動がすべてうやむやになってしまう。最低でも会社を立ち上げようと思うならば50枚以上の計画書が絶対に必要になるだろう。そして会社の収益予測をMax からMinまで想定し、ビジネスプランを棒グラフで示して、誰にでも分かる、数字と絵で示していかねばならない。

今回ミスをし、少し損失を出しており、これが自分だけの損失かといったらそうではない。それによって収益を得られなければ企業全体に損失がでる、つまり企業に関わるすべての人に損害を蒙っているという意識がなければならなかった。こう見てみると経営者に権利がすべて集まってしまうことにすごく危険がある。コンサルタントから言われたんだが、「経営者が前に出すぎてはいけない。従業員をどれだけうまく使って対応させ、最後の交渉で冷静に判断できなければならない」。

この数日、日本で修行しています。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-07-06 00:19 | ビジネス会議・交渉

第一回総会議

コンサルタント兼広告担当の方が先日NY入りし、ここ2日急ピッチで僕のビジネスの総確認をしました。穴といえる穴をすべて埋める為に弁護士、税理士とみっちり合法性について話し合い、その都度計画に修正を加えながらよりよき戦略を練る。地道だが、会社というものがある以上、個人レベルで考えるだけではもはや成り立たない。恥ずかながら、僕の穴だらけの計画書をすべて埋めてくれました。

昨日はついに2大ビック企業の引き合わせを果たしました。どちらもやり手の実業家で、年は30前後、どちらも名古屋出身という面白い組み合わせでした。1人はNYで活躍するインテリアデザイナーY氏。日本で言うインテリアデザイナーのレベルとは全く違う、建築も空間デザインもすべてこなす超一流のデザイナーです。一方はマスコミ業界に精通した実力派。巷で有名なIT関連会社の繋がりがあり、TV,雑誌社と幅広く仕事をしている広告会社。その他、僕のビジネスパートナーで若手起業家の方、Web担当でもありこちらも若手起業を目指す方、インテリアデザイナーの最強パートナーが加わり、メインプロジェクトメンバーを集めたビックプロジェクト!?が実現したのだ。

会話レベルはさすがに高く、日本の名だたる企業と仕事をしてきた実績と経験が広告レベルの高さを伺わせる。一方で、Wホテルのメキシコやソウルをはじめ、世界で仕事をしているインテリアデザイナーの質の高さとコンセプトがこのプロジェクトの大きな力となることが分かる。それで経営者が僕・・というのは恐れ多すぎる。もちろん僕の後ろには父の存在があり、僕だけの信用力で彼らをひきつけることは不可能であったけど、これだけは自信にしたい!ということがある。プロジェクトをしっかり練って、計画書を何回も書き直し、何度もスピーチを繰り返して営業力を高め、観察力を磨き、間違いをしてもへこたれないで彼らと向き合ってみた・・と。う~ん、ただバカ並みにポジティブってのが前にくるけど、引け目があったらビジネスは絶対にできないと今は確信できた。

そして、何より僕は彼らと気がめっちゃ合うな~って思うのが所見なのだ。日本スタイルな真面目くさった建前だけの仕事は嫌い。仕事は仕事だけの付き合いにしとけという方も多いけど、彼らを見ているととっても楽しんでビジネスをしているように感じる。仕事とプライベートの区分けがはっきりしているってのがカッコいいなぁ。

Web担当のMさんが言った中で、「女性が起業する」ということについても、すべては実力という言葉が物語るんでしょう。インテリアデザイナー、ボランティアメンバー、Web、アロマセラピスト、石鹸部門、僕のプロジェクトには半分以上女性がいるというのも新しい風となるのではないかという期待があります。女性は結構自分の趣味を仕事にして起業するケースがあり、その多くが失敗します。それで女性が仕事に向いていないという見解が通ってしまうのが非常に残念でもある。つまり、どんな商品を売るにも、金を管理する人がいて、営業かける人がいて、人事を管理する人が必要になるからです。男女が仕事を分担することが最強の経営法であると僕は思っています。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-06-30 02:19 | ビジネス会議・交渉

一難去ってまた一難

素人が考えるような過信だけの起業は所詮ほとんど成功しないなぁ・・とここ最近実感中

どんなに情報を手に入れ、自分では完璧と思う仕事をしても、専門家から言わせれば穴だらけ。失敗するには必ず原因があると言われるが、言われてみて初めて気づいてからではもう遅すぎる。問題があると気づいていながらも、考えたくない問題が山ほどある。でもそれは最後に結局失敗という結果を招く大きな要因となってしまう。

最近、僕の仕事が無駄の多い動きをしていることに気づいた。確認作業を怠っているからかなとも思ったが、僕が知らないでは済まされない問題が多くなってきているので、僕の経験不足という新たな要因が浮上したのだろう。

起業とは「私がやりたいと思う仕事を実現化させるものだ」と思っている人がだいたいの認識だが、現実は忍耐と妥協をどれだけして、どれだけ元のビジネスのアイディアを保ち続けるかということだ。自分では10のことをやったら絶対に儲かる!と思っても、10のうち6は何かしらの問題を抱えており、こっから粘って2,3の問題点を解決させて起業という形になる。

僕が作ったビジネスプランには一応沿っているが、昨日は銀行口座開設で問題がおきた。法人の銀行口座の開設は1週間もあればできると人から言われていたが、足を運んでみれば、僕のビジネスカテゴリーは「投資」なので色々な審査を経て1ヶ月かかるかもしれない。今日はデザイナーとの契約におけるお金の流れとして、銀行口座がなきゃすべての計画を先延ばしした方がよいという決定が決まりそうなので、これも想定外の問題。

来週は税理士や弁護士と再確認の打ち合わせ、そして広告会社兼コンサルタントとのミーティング・・・すべて確認作業だ。あれだけ確認しているのに話せば話すほど問題点が考えられる。起業ってのはこんなもんかねぇ・・
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-06-26 06:54 | ビジネス会議・交渉

会社の書類

いい感じで板ばさみ状態が続いているANDYです。それは僕のプロジェクトに何人ものプロフェッショナル達が関わっているのでマネージャーとしては仕方のないことですが、ひとつの遅れが全体に響くというのも巨大プロジェクトではよくあることのような気がします。日本人だったらここで「あーでもない、こーでもない」と決断が鈍ってしまうところだけど、必ず提案を投げかける形に最近しています。「何月何日のどこどこで皆さん異論ありますか?」って。これは私生活でも提案型スタイルは変わらず、特にみんなでうじうじ話し合っている時には、選択肢を独断と偏見であげてしまいます(笑)。異論はその後で話し合えばよいですしね。


d0039762_649525.jpg今回の僕の山場は資金繰りですね。資金はもう調達する準備ができているのに会社の資金的な流れがはっきりしないと個人への贈与になってしまったり、会社の信用性を損なってしまう可能性があります。こんな知識どっから仕入れてきたんだ?といつも質問される方がいるんですけど、俺はこれです。「完全版 バカのガイド、世界一わかりやすいMBA入門口座」です(笑)。大学4年次はよく図書館に篭って経営哲学書を漁ってみたりしたんですが、最終的に実践で使える本は一番簡単な本で十分!減価償却の会計法も、基礎的な会計用語も見様見真似です。でもこれで会計士と話合えるんだから、バカのガイドとは言い過ぎですかね。


d0039762_6504236.jpgさて、我が社の設立登記が完了し、手続きはもう終わりなんですが、次にやるべきことは我が社の株式を発行することです。株式公開とかしない限り、株式市場には出回らないんだけど、自分の身内やパートナーには、直接取引できます。僕は株式を売買する形で資金を得る予定なので、この書類作成がまためんどい・・・・。英語でなんかよくわかんねーし!!一応こーんな感じでででんと立派な証明書があります。


d0039762_6512920.jpgそのほかにも、雇用者の名簿だったり、銀行やら印鑑の登録書類もたくさんあります。こんなようなブラックボックスに会社の秘密が隠されているんですね。僕が「うん」といえば一応H-1bビザの発行もできるわけですから、これは恐ろしいもんです。脅しに来ないでください。地道に色んな書類にサインを繰り返し、プレスリリースなどをしたりして会社の知名度を上げていくという感じなんですね。弁護士から@@ドル分の株式を発行しといたよ~って言われて、俺そんなにお金ないよぉ~っていったら、その位まで会社の価値はあるんだよといわれ、その額に添う利益性と評価を得ないとな~と意気込み新たに出発という感じです。
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-06-23 06:48 | 僕について

夢高き同士達と協力

挫けそうになった時、気持ちが焦っている時、ふとした瞬間にでも決断が鈍り始めている時にビジネスパートナーがいるということは大きな力となる。僕が目標を見失いかけている時に、僕のパートナーが冷静に分析し、その問題点を鋭く指摘してくれた。「今は資金面、税方面でたとえ話が中断していても、いずれやらねばならない問題を今の内に解決させ、よりネットワークを広げる時間を得たんだからチャンスだよ」と言ってくれた。経営者とて神の様に優秀でない限り、失敗なく、プラス思考で常にいることはできない。この3日間で僕のネットワークが格段に広がるチャンスを得たことはたしかだ。

今ある時間の中で、ボランティアメンバーとのコミュニケーションや、彼らが担当する営業面の確認をしながら、話がどんどん発展していき、今一番問題となっていた未使用の部屋の運用を手助けしてもらうことが決まった。新たに紹介してくれたメンバーやお友達がさらにアイディアを提供してくれ、それが僕のエネルギー充電にもなった。完璧~☆


そして、僕の起業のコンセプトには、「マネージャー、アーティスト達にとってビジネス経験を得、またアーティストの作品の宣伝など、様々な分野での活躍に向けて、大きなステップアップになれればよい」というのが狙いとしてあります。

企業がバックアップしてくれることによって、僕達は決して素人感覚で会社を運営しようというのではなく、もう1人前の仕事をしなければならない。逆に言えば、企業からの指示が僕達を一流としての仕事をさせてくれるチャンスを得ているということなのだ。企業と一緒にビジネスをし、税理士、弁護士、その他事業には欠かすことができないネットワークを手に入れた。これを今後NYで起業しようと思っている若者に提供することが次の僕の使命でもあると思う。アイディアはあるのに投資がなくて困っている人には、僕の知り合った限りでしかサポートできないけど、包み隠さず話そうと思う。

より多く起業をしようと思っている方と会いたいとも思います。彼らは同じように熱い想いをもち、ただ資金やネットワークだけ不足しているというケースが多いからです。もちろんタダというわけではなく、将来的な相互レベルアップを図ったものにします。世の中、タダほど怖いものはないですからね・・・
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-06-20 09:16 | ビジネス会議・交渉

一進一退の攻防戦

投資家から仕事の見直し辞令を正式に受理

これも最初は僕から提案したので勇気ある決断とは受け止めてくれているが、1週間のロスで10万円近くの損失がでることになる。

僕自身、お金の流れをすべて把握するのが困難なことは税理士がいない今は了解済み。会社の全部門を担当することが起業する者の責任だとするならばやはり仕事経験が少ないというのはきついですね。営業、マーケティング、会計、法律、人事はないにしても、色んな角度から仕事の行方を想定しなければならない・・無茶な(笑)。いや、まじここまで早急な決断で動かなければならないとなるとすごい楽しくなりますよ・・・。なんせ金はないのにデザイナーからプッシュきたり、物件決まっても動けなかったり、常に2,3つの行動を同時にしなきゃいけない。

そこで学んだこと。コンサルタントから「ビジネススキーム」を作ること。ようはチャート表を作ることですね。この1週間、別に全活動ストップというわけではなくて、さらにWeb関連の製作立案しながらチャート作りということになります。あぁ・・でも手際わるっ・・。企画書作っていたとはいえ、もっと正確なチャート表を常に作り直してパートナーに公開しなきゃいけないんね。

そこで、最近ビジネスの基本となりつつあるのが、Web上でのビジネススキーム公開。計画表を関係者がいつでも見れるような状況にし、コメントをつけくわえることによって、それぞれのパートナーとの意見交換ができるわけだ

すげぇ~☆
[PR]
# by aaandy0221 | 2005-06-18 03:04 | 自己啓発・経営哲学