05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

楽観主義者と現実主義

「あなたは裏表のある人間はよいと思いますか?それとも悪いと思いますか?」

ある人の言葉は自分にとってとても参考になった。
「楽観的に構想を練り、悲観的に計画し、楽観的に実行する」

楽観的な自分、悲観的な自分は明らかに2面性と捉えることができるかもしれないが、どちらも一面的な一貫性があると僕は思っている。自分は色んな人と会う中で、楽観的に構想を練り、楽観的に実行しようとする人にはいつも投げかける質問がある。それは、「その仕事をする上で5つの判断基準はありますか?」ということだ。5つの判断基準は何でもよいが、但し客観的な基準と誰もが納得できるものであること。

たぶん完璧な答えはない。僕にも出せない。ただ、その人の想いが「夢」ではなく、「目標」として捉えているのかが知りたい。僕自身も偉そうなことはいえないが、目標として捉えることのできる人は悲観的に現実も捉えられる人であり、現実にもできる人が多いと思っただけなので・・述べてみました。

実際のビジネス現場に関わると、一方で理想を追い求める自分と、ヒストイックなまでの現実主義者となる自分がいる。ビジネスプランニングに対して詳細な部分まで緻密に詰めて、それでもまだ詰めが甘くて、随時修正を加えながら道を作り出している。自分の指標は王道ではあるが、マーケティングの5Pと、経験からの感性3P、人間性2Pの10個の指標がある。そして面白いことに、経営者の原石の人と話していると、面白い判断基準を持っていることも、僕がみんなに尋ねる理由である(時々ぱくる笑)

マーケティング5Pは・・調べてみてください(調べない人も嫌い)

「感性3P」
価値の高め方をしっている(ブランド的価値の昇華)
感性の共有が好き(感性の昇華)
感性をクリエイトする興味心(感性の発掘)

「人間性2P」
間違った意見と思っても黙って聞ける人
自分のもっている物を無償で与えることができる人

僕自身、現実を見つめる上で注意していることは、成功体験・自己啓発本でバカの一つ覚えみたいに同じ部分に共感しないこと。例えば、とある本で「ポジティブ」の言葉が響いて、ポジティブバカになると非常に厄介です(笑)。逆に、自分にあまり響かない言葉を注意してみてください!それがあなたにもっていない必要としているスキルかもしれないので。

裏表のある人間でも一貫性を通せると僕は思っています。そりゃ若者には若者言葉を話し、ビジネスではビジネス言葉を話し、目上の方には敬語で話す。話している僕はすべて僕なのだから。ただ、すべてに共通するものがある、それは人間的なプライベートの自分ですかね。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-09-12 05:33 | 自己啓発・経営哲学

夢の未来

バインダー越しに見える景色、写す写真はすべて現実の風景なのに夢をたくさん与えてくれる

子供の頃に思い描いていた夢

それは物語の主人公になって夢をお仕事をすること


今日学んだこと、働いたこと、人と出会ったこと、それを価値のないものと思って一日を終えてしまうのならばそれも然り。

自分が今やっていること一つ一つが自分が本当の主人公になるまでの過程ならば・・やり続ける価値があるはずだよね。

夢をかなえる過程はとっても大変だけど、夢は必ず現実になると信じよう。


d0039762_246278.jpg

d0039762_2462232.jpg

d0039762_2464550.jpg

[PR]
# by aaandy0221 | 2006-09-11 02:46 | 僕について

携帯電話

東京・下北沢。僕はこの土地で4年間の大学生活を過ごした。

先日、昔の携帯を見つけて久しぶりに電源を入れてみると、旧友や、大学時代のサークル仲間、昔の彼女とのメールのやりとりが保存されており、改めて、自分の過去は今の力になっているんだろうと思った。

僕が大学受験をする際、東京の大学に行くことを勧めた父さんは、口々に「東京はとっても楽しいところだぞ!」と言い、自分の大学時代を想いおこしたように懐かしがっていたのを僕は今でも覚えている。しかし、勉学と規律を重んじた男子校育ちの僕には、勉強、ゲーム、漫画を描くこと以外に興味はなく、大学に入ったら勉強せずに漫画を自由に書けるぞ!という想いが強かったので「楽しい」=「自由」だったのだろう。

お父さんと下北沢周辺の不動産屋さんを周り、おんぼろアパートで1ヶ月7万円の下宿先を決めたのはもう8年も前。下北沢の改札口を抜け、階段を下りて南口駅を出ると、マクドナルドやカラオケのネオンが燦燦と輝き、飲み会を控えた学生達が大勢集まってなにやら叫んでいた。女子の集団に勇敢な幹事らしき男が話しかけ、飲み屋へ引率していく様子を横目に見ながら、酒も女も遊びも知らなかった僕が飛び込んだ、「初めての挑戦」が始まった。下宿先が決まり、その足で父さんと居酒屋へ向かい、異国の地で父さんが過ごした東京の昔話、むろん女の話や危険な遊びも数々したことを語ってくれた。それが今まで父と子であった関係が、男と男の語り合いになった最初の瞬間でもあった。

大学初日、さっそく友達が4人でき、やっぱり男同士は楽だと思った。しかし、東京育ちの3人にとって、名古屋弁を話し、ださい服を着て、学食で「カレー」ばかり注文する僕に、早速、田舎者のレッテルを貼った。女の子と話すのはやっぱり緊張するし、カラオケもサークルも、女性がいるのがとても嫌だった。それでも案外、田舎者な人気というか、うぶに寄る好きものな女性が色々おり、友達達もナウい男の「いろは」を教えてくれ、「携帯」っちゅーもんを始めた買った。「ポケベル」を知らない僕が「携帯」で毎日女の子とメールできる!そりゃ~嬉しかったのなんの、友人と番号が増えていくのを競いあったくらいだ。友達が「1日50件もメールしちゃった・・」と授業中に話した時には、それはそれは自慢に聞こえたことか・・

d0039762_1152199.jpg
昔の携帯
d0039762_11521578.jpg
今の携帯


今では携帯で「インターネット」や「ゲーム」もできる時代ですが、当時は「電話」と「メール」の機能だけでした。今、アメリカで僕が使っている携帯も、「メール」どころか、「電話」の機能くらいしか使えません。電話は何台も何台も変えながら時代と共に新機種になっていくと同時に、自分の歩んだ軌跡がそこにありますね。「新しいことへ挑戦すること」は、常に支障がたくさんあります。そう、東京で田舎者と呼ばれ、女の子に振られながらも、カラオケや遊びを地道に鍛え、悔しいと思って徐々に克服していかねば、次はなかった。

あなたの携帯電話にはどんなメモリーがありますか?

[PR]
# by aaandy0221 | 2006-09-08 11:52 | 僕について

TOP OF THE VIEW

d0039762_3572076.jpg46Street、Broadwayにあるマリオットホテルの46階、ちょっと話題の「TOP OF THE VIEW」へ行ってきました。マンハッタンの夜景を360度、レストラン自身が回転して見渡せる話題のバーです。




d0039762_3593388.jpg

景観としては、レストランビューの回りに鉄柵があったため、うまく写真に収めるのは難しいという感じです。雰囲気はとてもよく、ちょっと夜景に酔ってしまいます・・と思ったら回転酔いのようです(笑)。1時間くらいで一周回るようで、ちょっとしたイベントには最適なのかもしれません。

夜景ならば「TOP OF THE ROCK」もしくはニュージャージーからの夜景でしょう。TOP OF THE ROCKは49STの5Ave,ロックフェラーセンターの頂上で、この感動の絶景は・・実際に体感してみてください。写真に載せてしまうともったいないので載せられません。3月に撮影で同行した際は、男達ばかりだったけど、涙を流しながらフィルムをまわしていました。

d0039762_3555242.jpg今日から大学院・ブロンクス校舎でファイナンス系の授業が始まります。なんか色々頑張れそうな今日この頃♪

晴れたら写真をもっと追求していきたい野望ができた。ビジネスは理論、芸術は感性。ビジネスが適正な価格を決める判断基準であるならば、芸術はその価値を高める付加価値であることを教わった。周囲に感化されることなく、自分の判断基準で自分自身の中身も外見もどんどん磨いていこうかな。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-09-06 03:54 | NYの話題

創り出すもの

今日は気持ちよいくらいにNY日和

前日は友人宅のパーティーでまたお寿司&野菜ディップを作り、20人くらい集まって土曜のNYを満喫。日曜日はセントラルパークを歩きながら満喫。でも実は月曜日も労働感謝の日でお休みなのでショッピングをしようと思っています(仕事も半分)

1,僕の一番お勧めなCentral Park 74stの「Boat House」です。湖上のレストランという雰囲気でマンハッタンのビルディング群と森林が一体化したような絶景。
d0039762_13135313.jpg



2,緑の楽園とビルディング群
d0039762_1314411.jpg



3,ジョン・レノンのImagine
d0039762_1315110.jpg



価値は押し付けるものではなく、創り出すもの。誰もがよいと思うものを創ってみたいという永遠の憧れを追求していけば・・。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-09-04 13:15 | NYの話題

希望

1,「アスファルト」
d0039762_1381089.jpg



2,「果てしない夢を」
d0039762_1385865.jpg



3,「高級アパートメント」
d0039762_1383383.jpg


[PR]
# by aaandy0221 | 2006-09-04 13:09 | NYの話題

番外編な私生活

すべての始まりにはケジメを☆

大学院が今日からスタートし、お部屋も服もすべてピカピカにする、何でも形からスタートです!アメリカでは、洗濯機を一般家庭に置く事があまり許可されていない(排水問題)ので、近くのランドリーショップへ行き、コインを入れて、すべてセルフサービスにお洗濯をします。目の前でゴロゴロ自分の洗濯物達が回っているのを横目にパソコンを動かし、アメリカってなんて不便で汚く、生活費だけは高いのだろうと思いました。

この私生活における「不便さ」は地下鉄、交通、生活、仕事のいたるところで見られますが、これを嫌がるか、もっと効率的に物事をこなすように考えてみるかは本人次第。動物的な感覚で動くアメリカ社会で、「考える力」は異常に発達します。日本での日常生活の決まりきった生活をしながら生きてきた奥様方(僕の母を含め)にとって、3ヶ月過ごしてみたらどういう結果がでるか?というのは面白いかもしれません。(きっと楽しいことでしょう)

ちなみに、自分は洗濯中はPCを動かし(周りに見られても気にしない)、歩きながら本を読み(二ノ宮金次郎みたい)、どこか行く前にはついでに何ができるかをすべて考えて動く(時々優先順位よりも一括でいくつやることをこなすかに焦点が向く時もあり)。これを時間管理(タイムマネージメント)と呼ぶ人もいるかもしれないが、基本は「めんどくさい」です。

また、アメリカがオールドタイプな生活レベルであるというのも「考える力」を向上させてくれるキーなのかもしれません。お金持ちと貧乏人がはっきりしているアメリカ資本主義では、金持ちは最新の洗濯機もTVも車もあり、貧乏人(中流含)はランドリーショップへ行き、ぼろいTVを使い、汚い地下鉄に乗る生活レベルです(言いすぎ?)。日本人はやっぱり美しい「もったいない精神」が金持ちでも貧乏人でもあるので、自分のことには結構お金を使わないはず。そうなると、TVは見れない、暇つぶしは限られている(遊びは高い)、移動手段が限られているという条件の中で、新たな時間が生まれます(それでも遊ぶか、辞めるかの選択)。僕にとっては、特に帰宅途中にゲームしたり、帰宅後TVを無駄に見たり、お笑いを見たり、だらだらする時間が極端に減り、おまけに生活費も高いから、日本での1年はアメリカでの半年と考えて生活してます。

特にファイナンスの本(会計財務・証券・マーケティング)をトイレの中まで持ち込んで、暇だから読みます(爆)。

番外編ナアメリカ生活、いかがでしたか?この生活があうか、あわないかは人次第ですが、
結局、僕がいいたいことは、日本は豊かだべ!
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-08-31 04:11 | NYの話題

ひそかな父の哲学

4日間降り続いた雨もやっと落ち着き、今日は久しぶりの晴天となりました。

d0039762_3504633.jpg今回の父のNY滞在では、父が怪我をしたこともあり、お酒を控え、自宅で比較的ゆっくり話をすることができました。父は今年で57歳になり、肉体的にはだいぶ衰えましたが、精神的には年を増すごとにパワフルになり、考えていることには一貫した哲学のようなものを僕は最近感じはじめました。

何か偉大なことを成し遂げることが、「男としての成功」であると若い頃は思います。名誉を得る、仕事で大成功する、投資で一億儲ける等、もちろん若い頃は情熱や好奇心によって「新しい自分の開拓を支える精神」となりますが、一方で過ちや失敗を犯すことを前提としています(おいらはまだまだバリバリよ笑)。父も自分が若い頃にやってきた過ちや面白かった出来事(人一倍面白いおっちゃんなんで)をよく語るようになりましたが、「道徳」的なものを知らないうちに教えられていました。

よく小説などを読んでいると、なんでしょうか、恋愛とか、人間関係とか、幾つになってもおんなじ過ちを犯したりして人生厳しいのぉ~的ストーリーが多く、でもそういう経験話とか聞いたり読んだり、又は自分自身で体験しているうちに、それなりに最初よりはうまくいっていると気がつくことがあります。父から「お金の使い方と道徳心」という面で僕が知らなかった事をここ1年すごく教えられたような気がする。「お金さえあれば何でもできる」、いわゆる資本主義が浸透し、若くしてお金を手に入れられる時代、逆に若いから儲けられるような時代の一面性もある。村上ファンドの代表が「お金を稼ぐ事は悪い事ですか?」という問いかけに国民中が「悪い」といえない。お金の使い方はなかなか難しいから、普通はただ儲かりすぎな人に嫉妬しちゃうよね。僕の答えは「悪くない」です。

d0039762_3515948.jpgこれからも父から学んで生きたい精神はやっぱり一つの道徳でしょう。父は50になってやけに親族や友人の相続問題や家庭問題に親身になって取り組んでいる様子で、一時期僕は結構あほらしい(お金にもならない)~と思っていました。また、彼はしきりに「俺は他に子供なんて絶対に作らねぇ~残した家族に迷惑をかけるだけだー」とか、「家庭と仕事は別だ」とかいいます。僕が日本へ帰ってきたら必ず家族旅行をして、自分の息子・娘とお酒を飲める関係を作って楽しんでいるよう。感情的には好き嫌いがとてもはっきりしており、時に後輩を怒鳴りつけているような話題も出るが、本当に嫌いな人はたぶん悪口もいわないくらいに無視。お金は使いたいように使っているようで、しかしそんなに言うほど使っていない父は「使い方がうまい」といえるのかもしれない。こんな色んな父の一面を見ながら、でも昔の父はもう少し夜遊び好きで悪い面もたくさんあったから、父にとって色んな家族問題を克服してきたのだと思った。

「お金を上手に使いましょう」ってやっぱり考えてみるとあほらしい?大手を振ってそんなこと考えるのはちょっと嫌味?でも心の中ではやっぱり考えない限り本質は変わらない。家族を支える為のお金と責任、仕事はしなきゃいけないけど、自分にあった仕事はお金にならない!?でもニューヨークへ来て、この部分は回答を得た。「好きな仕事はやっぱ楽しい、時間を忘れて仕事できるからそれなりにお金になる」です。家族とは週末ピクニックをして息子と草原を駆け回り、毎月パーティー開いて人と人を繋げ、あとは結構子煩悩な父親になりたい。夜の世界は仕事で重要かつ刺激的だけど、世界を知らないまま遊ぶのと、知ってて遊ぶのとでは、気持ちの持ち方も変わりました。とある一つの書籍で、今、自分が「夢」だと思っていることをすべて書き出すことでこれからの生き方にとってもプラスになると書いてありました。これ、ぜひやってみてください!もし差し支えなければこっそりおしえてください☆(僕も参考になります)
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-08-29 07:47 | 僕について

雨続き

NYはずっと雨続きです。。
気候もぐっと冷え込み、8月下旬だというのに15度くらいです。
半袖ではもう少し肌寒いくらいなのでジャケットが必要かもと思うくらい。

一昨日は父がちょっと道でスリップしてしまい、足の側面の小指を骨折してしまいました。ビジネストリップの忙しい中での名誉の負傷です。大事には至らなかったので全治2週間ほどの絶対安静ということでした。

それにしても、ただでさえNYはでこぼこ道が多いのに加え、バーでは「デザイン」と称して低いステップ(階段)がちょこちょこ配置されており、大変危険なトラップとなっております(笑)。 

これからNYへお越しの方、でこぼこ道とトラップにお気をつけください。また父が戻ってからブログ更新します☆
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-08-28 01:35 | 僕について

明日より5日間

久しぶりの父のNY訪問で、明日より僕も5日間程忙しくなります。
といっても、前回来たのは2月下旬なので、半年くらいしか経ってないですけどね!

父は愛煙家なので、日本~NYの13時間はかなりきついだろうと思う。それでもM New York 2号店を視察するのは初めてなので、楽しみにしているようです。よく聞かれる、なぜ「M」なのか?僕が「M」であるとか、「マッチョ」であるとか、そんな怪しいものではなく(笑・おいおい)、「Musashiya」のMです。むさし家旅館80年の伝統と暖かさを受け継ぐニューヨークスタイルの旅館となりました。

きっかけは、2年前の父のNY訪問時に日本人経営ホテルに泊まって、爆発したことから、まずは清潔と立地を重視することとなりました。でも、そこのオーナーさんはすごくいい人だったので、とてももったいないなぁと思う事は多々ありました。やっぱり、どうしても人に依存してしまうのはB&Bホテルには欠かせない要因なのでしょうが、そこに経営感覚を身につけるにはどうしてもコスト高。でも、まだ自分にとっても出来てない部分、「哲学的」な部分は今回改めて父や先輩に聞いてみようと思っています。現在の「M」は経営を先輩にお願いしている部分も多いので、やっぱりすごくいいです。

自分にとっての、アパートホテル哲学の師はNYにいます。テロ前にNYでアパートホテルを長年経営してとても繁盛し、今は家族とNJで生活している方で、僕は彼がいなければ、やっぱり多くのホテルと同じように辞めたのかもしれないと思うくらいです。出会いは本当にご縁です。今は本当に観光業もテロ以来盛り返し、様々な滞在先が生まれていますが、彼にいわせれば、別にどんなホテルがあろうが、うちはうち。一度来たお客さんがまた新しいお客さんを紹介しながら、周りとは比較しない経営をすることだったのです。たぶん、僕が思うのは、比較しなくても、いいものはいい、つまり「楽しい」んかなってところです。数々の有名人の方々やタレントも彼のところに滞在したのも、彼の経営するホテルにいれば、NYでの色んな不安も一気に吹っ飛んじゃうんだろうなぁって思う・・って僕も一目会ってこうですから(笑)。

あと、哲学で気づいたことがもう一つあるかもしれません。では質問、「スターバックスは何屋さんでしょうか?」

答えは「コーヒー屋さん」じゃないんです!

本当の答えは「街のコミュニティーを支える集会所」なのです。

じゃあホテルは「人々にとっての滞在場所」ではなく、「旅の思い出作りを彩る休憩所」というところでしょうか。そうだとすれば、お金を払って当然のクォリティーの滞在場所というセレクトではなく、旅にとっては欠かせない「トラブルにしっかり対処してくれる」とか、「アドバイスをくれる」ことなどに対価が生まれるのかもしれません。まぁ、クォリティーはあって、それからの話でしょうけどね(笑)

最後に、そうそう、皆さんこれを読んでいるとすごく高いホテルのようなイメージを持たれるかもしれませんが、タイムズスクエアから5分くらいの立地で1人1泊$70~です。普通に驚かれますが、よろしく。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-08-23 20:47 | 僕について