05年6月にNYで起業、兼大学院にて国際ビジネス学科を専攻。夢と元気をニューヨークから発信していくと共に、日々のニューヨークライフを語ります。


by aaandy0221

最後の休日in Nagoya

ビザトラブルの為、少しだけ日本で長居しています。
明日にはNYへ戻る予定の為、また忙しい日々が始まるんだろうとは思うけど、今までの経験を踏まえて次のステップを歩もうと心に決めているものがある。

それは自分への余裕、そしてもっともっと自分に適した時間の使い方を追求したい。それは今までの生活や仕事の放棄ではなく、すべてのことに対してプラスの要因を引き出してみたいのだ(都合のよい言い方かもしれないけど)。仕事で言えば、自分が関わるべき所と関わってはいけないものがある。関わりすぎれば時間的にも精神的にも辛く皆に迷惑がかかるので、関わっているべきところがほんの少しの時間でも皆が満足できることに自分の価値を見出してみたい。今までの過去を否定せず、自分が素直に楽しいと思えることに時間を使うことで自分の幸せを叶えるだけでなく、きっと周りも満足いくのではないか?できないものはできない、それが自分。でも隣の人は僕のできないものがすごくできてしまう。そう思ったら人と比較するものくだらないから、ぽーんと捨ててしまおう。

MNYのお客さんがこのブログを何らかの形で発見して、いいと思ってくれれば、僕は素直に会いたいと思う。だからホテルはそんなきっかけの場所でよいのではないかと・・。逆に僕はいなくても運営は成り立つのでエゴもプライドもいらない。やっぱ自分の周りのことだけでいっぱいいっぱいだよ。

これからもM New Yorkをよろしくお願い致します。
2号店メインで元気なスタッフがやっています。



d0039762_19113069.jpg予想外でできた時間で家族と旅行に出かけました。父の大好きな蛸を食いに、蛸の名産地へ行ってね(笑)。ちょっと贅沢だったけど、あぁ自分は温泉に入ったりするのが好きなんだなぁ~って思う。小さい頃から知らないうちにたくさんのホテルへ泊まって、何がホテルで必要なものか!?ってなんとなく分かっているのかもしれない。ちょっとした気遣いをしてもらって、現地の人と友達になったかのように話し、最後にまた来るね~と挨拶する、これは大型ホテルじゃありえない。うちはおじいちゃんの代から始まる旅館の家系だから。

d0039762_1911417.jpg自分は何を求めて生きてきたのか?

久しぶりに見つけた小学校の卒業文集にあった。海外に行って城を建て(爆)、貿易関係の仕事をし、レスキュー922(911ではない!?)を作って他の会社を潰すそうだ(笑)。なぜ最後に過激な発言をしたのかは謎だが、慈善事業を行う意思だとしたら綺麗ごとだがちょっと当たっている。このアメリカ社会に来て、慈善事業の意味がなんとなく分かりつつあるから。それも前回に紹介した「ユダヤ人大富豪の教え」は参考になるかも。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-06-27 19:08 | 僕について
d0039762_1082563.jpg先日パーティーで知り合った冒険写真家のYさんから面白い本を紹介してもらったので、ここで改めて僕からも紹介してみようと思う。「ユダヤ人大富豪の教え」は日本でベストセラーとなっているようだが、著書は夢物語を書いているように感じる人がたくさんいるであろうと思う。だが夢は目標と捉えて、現実的に目標を達成するためのステップを描き出す!という信念をもっているならば、必ず力になるはず。縁あってこのブログを読んでくださっている方々に、このブログを読んで共感してくれる人ならばこの本は必ず満足していただける!と思って紹介します。

本書は副題で「幸せな金持ちになる17の秘訣」とあり、一見、巷によくあるようなお金持ちになるための啓蒙書と捉えがちだが、本質は絶対的な私達の価値観や社会観を問う、画期的な筆者の体験本だ「自分を知り、大好きなことをやる」、これは私達が生きていく中で重要なことであり、幸せを感じる一番の近道。僕も少なからず、会社を運営している中で大好きなことができる喜びがあるからこそ無償の努力が幸せに感じる。

改めて僕は今考えている。

僕が好きな事。それは人とお話したり、サービスしたりして楽しい時間を共有することだ。それは僕がMホテルのオーナー(リンク)をしていた時に、新しいサービスを開発したり、お客さんと夢を語りあったり、ニューヨークの魅力を共有したりすることである。最近では、そのサービス自身が仕事になる観光業やビジネスサポート業も楽しくなり、2倍クソ忙しかったけどとことんできて幸せを感じた。

また、このブログで正式に報告するのは始めてですが、僕自身は5月一杯でMホテルのオーナー職を退きました。現在はそのサービス精神と運営基盤を引き継いで2号店を僕よりはるかに上手に経営しています。経営は立ち上げ時メンバーが、4月より2号店と引継業務をはじめ、2号店はもっともっとアイディアの詰まった快適でよいホテルです。

ここで僕自身を正当化もしたくないし、かっこよく見せたいという気持ちもないので言ってしまえば、オーナー職と経営職をしながら学生をするのが辛いからホテルのオーナー職から退きました。精神的に何十倍も考える事が多くなり、肉体的時間的に満足のいく経営ができなければ逆にミスも多くなり、スタッフだけでなく、お客さんにとっても失礼だったからです。だからホテルのオーナー引継ぎをお願いしたのです。このブログは会社の立ち上げとホテル運営を通して、自分が仕事をしていく中での成長を書こうと思って続けてきました。3月には、とある経営者とお会いして、「経営の勉強」と言いながら実際の仕事を行っていくのは限界があるとも指摘されました。たとえ地盤を支えてくれるコンサルタントがいるとしても、代表である自分が「勉強」と口に出してしまうのはプロじゃないからです。誰でも最初は「勉強&経験」を通さねば、経営者のプロとしてやっていけないが、でも形的にいうべきじゃないという見方もありました。

現在、ブログを続けようかどうかは正直迷っています。

ただ、一介の経営者が、1年間の仕事経験を通して見えてきたものを書くのは一興かもしれません。話を戻しますが、「ユダヤ人大富豪の教え」を紹介したのは、自分がやってみたいものをもっと極めてみたいと思ったからです。今から簿記や資格を取ろうなんて思わない。自分の大好きな接客やサービス、アイディアを生かした幸せをもっと掴みたいと思う。旅をしながら感性を養い、写真を撮って表現力を高め、人との会話を通してプレゼンテーション力をもっとあげて、自由人として最高の幸せを掴んでみたいかな。

つまり新しい出発でしょう。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-06-26 10:10 | 自己啓発・経営哲学

ポジティブオーラの輪

日本へ帰国してからかなりブログの更新が遅れてしまった!!

今回の帰国はゆったり過ごすのも一興だったけど、楽しいと思える人たちと意見を交換し合うという幸せを求めてゆったり激動の日々を送ったという感じでした。

d0039762_20151395.jpg大阪の旅の締めくくりは家族と共に有馬温泉でゆっくり一休み。写真に目覚めてきたので、自分が「これはいい」と素直に感じたものをとにかく写真に収めています。有馬温泉で休暇を過ごした次の日には名古屋へとんぼ返りして2日間、接待を受けました。今までNYでお仕事を一緒にしたTV関係、雑誌関係の方々に名古屋の楽しさを教えてもらい、本当に充実した飲み会でした。自分がまだまだ経験不足なもの、つまりビジネスマナーや社交についても改めて学んでおります。NYで仕事をしていると、何かと個人プレーなイメージが強くなりがちですが、日本の大切な心、武士の魂と人間関係こそが仕事をより熱くさせるのだと感じました。

東京へ戻ってからは、キャラの濃い昔の友人と再会して夜明けまで飲み明かしたり、ちょっと飛びぬけた理念をもった経営者と熱く語った。日本は全然終わらない!こんな熱いおかしな仲間がたくさんいるんだから日本の未来は待ち遠しい。

d0039762_20133110.jpg先日はANDY帰国パーティーを出国前日に開き、これまた熱いNYの友人にたくさん再会する事ができた。世代を超えた幸せを運ぶYさんが素晴らしいホームパーティーを開いてくださり、昔は同じ学生仲間だった友人にも久々に会えた。それぞれ写真家、公認会計士、商社マンとして今は第一線で活躍している様子を見てやっぱすごいやつらだったんだと再確認。冒険写真家として活躍しているHさんの写真を見て感動したり、コンサルティングビジネスの中堅としてバリバリ活躍するNさんと話ができたことも、日本には熱い人達がたくさんいるんだと思った。ちなみにこの写真撮影後、夜更けになるにつれてどんどん倒れていきました(笑)。そう、彼らの生活スタイルの信念で共通しているもの、それは「生きる事が楽しい!」です。

下記の写真は有馬温泉旅行の途中で見つけた看板。うちの家族が1人1枚持ち歩いています(笑)
d0039762_20165910.jpg

[PR]
# by aaandy0221 | 2006-06-20 20:17 | 僕について
d0039762_2534247.jpg
これぞ大阪名物・くいだおれ人形じゃ!

どんな服装も似合うキャラクター性、必ず太鼓を持っている常習性、すらっとした背筋に威厳すら感じる。くいだおれをとことん褒め称えてみるのだ!爆

これには一種のカリスマ性を感じる。カリスマ性とは巷に存在しない、突出したスキルを持つ・人目を引く風貌と見るべきか。この人形のお陰でお店も繁盛するし、人は昔からそういうものに憧れを持つ。


d0039762_2542426.jpg最近逮捕されてしまった村上ファンドの代表。以前持て囃されたカリスマ投資家は見方を変えて攻撃の対象となってしまった。彼の突出した頭脳スキル、家族想いで責任感の強い性格は誰からも好かれる人物像のように思う。それをマスコミは善人か?悪者か?という題で街角インタビューを始めた。そこにはお金儲けという題目を「悪」の対象として、平等化社会の日本を取り戻すかのような印象を受ける。しかし、それはそれでよいのかもしれない。経済格差が広がる事による代償、それは犯罪率の増加、貧しいものへの差別、エリート社会の台頭。「これからの日本はできるやつが上に出ないとこの社会は腐敗する」とバブル崩壊後言われてきた経済学者達の意見には代償が存在する。結局ね、これが正しい!なんて論理が見つかれば、それはノーベル賞級の発明なんです。我々がこれから歩む道は資本主義になりつつある。時代の寵児といわれた彼らも、10年たてば当たり前のようにみんなそうなるのかもしれません。アメリカはそうです。時代の変遷に困難はつき物であり、カリスマ性を持つ者への代償は、それを阻止しようと思う者が邪魔に入ることだ。世の中を変えてやろうと思う人は本当にすごい。僕は自分とその周り、目に見える分だけの幸せを享受するだけでいっぱいいっぱいだから見守るのみである。僕も海外留学生を応援したいと思う気持ちをもってNYで仕事しているが、僕の見える範囲以上に話を広げるのはめんどくさくてやりたくないです。(笑)
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-06-12 02:55 | 僕について
自由なる発想を求めて、今日は大阪・住吉公園を訪れています。

d0039762_2125881.jpg「旅の思い出を綴る。」まさに言うはやすく行うは難しだ。知らない街へ行き、その場の景色、匂い、風を感じ、それを文字や言葉で表すことは昔から俳句や歌によって楽しまれてきた。しかし、昔から文章を書くのが苦手であった僕としては5、7、5の中で思いをすべてぶちまけられないのでたくさん文章にしなければならない。現代っ子な僕としては、じゃあ手持ちのノートパソコンで旅の想い出をその場で書こうと思い始めた。

まさに公園の木の下でパソコンを打つという何とも贅沢な時間の使い方♪いいでしょう(笑)

d0039762_21254235.jpg経営に携わるということは感性を表現する場に従事する事である。現場にいると目先の「やるべきこと」に囚われてしまう為、どうしても本当によいモノを創り上げるには限界を感じてしまう。「なぜここに木があり花があり人が集まるのか?」それは自然とリラックスできる空間がそこにあるから。「人はどこにその空間の魅力を感じるか?」人が好ましいと思う適切な緑や花がそこにあるから。人がもっとも快適と感じる全体空間とはいかがなものか?それはホテルの空間であっても同じだ。例えばホテルの電球が壊れているとか、立て付けが悪いとか、時間がたてば壊れるものに対してカリカリイライラするのは現場で一番考えることだ。しかし立場を変えれば、あぁもっとホテル内に緑がほしいと思ったり、音やデザインに観点が向く。そう思えばホテルに不足しているものが思い浮かんでくるのだ。たくさん感じすぎてこれはこれでイライラする(笑)。

経営者は何かな、自由にモノを組み立てられる権利を持っていると皆思うかもしれないが、実際はいつまで立っても思うように物事が進まずイライラしたり、あの時は完璧と思っていたことが今は全くダメダメだと感じたり、だからそんな経営判断の不足にいちいち責任を感じていたらやってられんのかもしれない。引継ぎ業務で「あれも聞いてない、これも聞いてない」とスタッフ言われて、そんな神のように一瞬で僕の脳を相手に移し変えられるか!!と腹が立ったものだが、それも自分が実は神のように仕事がうまくできるやつだと内心思うから腹が立つのか。もちろん仕事はうまくできて損はないですが(笑)、自然で素直に僕が不足な部分は謝る方が皆楽なのかもしれないね。

d0039762_2126542.jpgこの6月からは経営からも現場からも引いているのでもっと感性を磨きたいと思っています。この写真を見ればいつでも僕が実際に訪れた時の感性が戻ってくる、「初心に帰る。」花を見て木々を見てイライラした自分の心を落ち着け、そこに自然美を見つけだす。公園にあるレンガ造りのベンチを見て、おぉ、このレンガは16対9の黄金比率だ~とか?笑。たぶん、人が「これにならば喜んでお金を払ってでも見たい、知りたい」と思うものには必ずその製作者にしっかりとした感性があるのだろうと思った。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-06-11 21:26 | 僕について

名古屋

うみゃ~もん。
d0039762_10471984.jpgd0039762_10473243.jpg







d0039762_10474268.jpg











名古屋といえばひつまぶし。
浄心にある本店へ行きました。

地元愛です。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-06-10 10:44 | 僕について

我儘家族

日本に戻ってきてゆっくりできるかと思っていたけど、NYからくる仕事や連絡メールを毎日こなしていると、結局NYのスタバでやっていることと同じではないか!?と思ってしまいそうだ(笑)。

まぁこの時代、仕事は世界中どこでもできると改めて思った瞬間でした。ただ、どんな時代になっても人と人が重要なのは確か。信頼して仕事をする仲間がいつもおり、担当者がお客様や企業様から信頼を得なければ、どんなに自社商品が優れていたとしても内から崩壊してしまう。現実は泥臭くみんな激論を交わしながらあーだのこーだのトラブルばかり・・ね。

d0039762_10274366.jpgさて、今私はというと、実家の名古屋へ来てちょっとリッチな気分に浸っています。この自由な時間というのが何よりリッチ♪今冬には実家が新しい家(でも覚王山)に引っ越す予定なので、家族揃って毎晩激論しています。こんなに時間を無駄にしながら会議するのは久しぶりだ(爆)。これぞ人間の欲望というものか、あれしたい、これしたい、と我儘し放題。「もう我々は年だからやりたいことだけやりたいのだ!」と熟年パワーは年々高まり制御不能。俺なんかこんなに謙虚なのにスタッフから我儘だといわれ・・(笑)。

d0039762_10285980.jpgあ、でもね、「我儘」が重要と思う節はもちろんあります。例えば、経営者は奇天烈な発想で無理な注文を一杯要求し、現場スタッフを困らせるものだとよく言うが、それは逆にチャンスと思うべきかも。特に状況判断力に優れている有能な人が現場監督ならば、無茶な要求もしっかり対応&適応し、逆に可能性を広げてくれるからです。新しいアイディアはやはり自由な発想力と余裕がなければ生まれませんので経営者の役目―なぜなら現場を知りすぎるとそういったアイディアはみんな最初から無理じゃないかと思えてきてしまうからです。逆に切り込み隊長的な現場監督は頭の回転がよくなければいけません。経営側から新しい指示が来ても、スタッフと役割分担してきちんとこなせるならば、これほど優れているリーダーはいないでしょう。経営者はそれ以上に人生経験がほんっと物をいうなぁって思っていますので今の僕には限界があります。ひとまずNYへ戻ったら僕は中間的な経験をもう少ししようと思っています。

ひとまず我儘な両親といて面白いのは色んなレストランにいけることかな。彼らのコメントを聞いたりしていると、やっぱ普通じゃない(笑)。この奇想天外なコメントがどう生かせるか?いつどこでもアンテナを光らせると案外この世の中面白いはずです。

ちなみに、写真は、人生勉強ということで、レストラン、御茶屋さんを巡っているときに撮ったものです。デジカメで最近「マクロ」付きで接写可能となったらしいので会社で買いました☆やほー
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-06-06 20:38 | 僕について

名古屋入り

6月2日夜より~6月10日まで名古屋
6月10日~12日まで大阪
6月13日~15or16日まで名古屋

その後6月16日~21日昼まで東京となります。

宜しくお願い致します。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-06-03 17:32 | 僕について

日本の感想

今回より3週間ほどは日本からお送りします。
来日より早々、寿司、焼肉、ラーメンとグルメづくしな毎日でございます(笑

日本へ来て改めて思う事がありました。
それは人のオーラがすごく分かります。

ニューヨークでは自然と身に着いた、「この人危険!」「この人うざい」「この人ならだいじょうぶ」というような野生的な感覚というのでしょうか。日本に住んでいる人たち一人一人を見て、「目の輝き」「吐息遣い」「歩き方」から顕著にその人のオーラの違いを感じ取れます。全体的にいえば疲れている印象が強いのですが、覇気のなさが蔓延している電車の中はその最たる例です。

逆に感じ取れないものは、人の視線です。誰かが攻撃をしかけてきたり、話しかけてきたりする際、必ず目があったり、視線を感じます。別に相手も無理に話しかけてくるというよりは、「トイレいくから荷物見張っててください」とか「道を聞きたいんですけど」といったたわいもない会話だけど、それでも人を選んで話しかけてくるので視線を感じます。NYは特に物乞いも多いから、その視線が道のあちらこちらで感じられるのかな。日本は敵がいません(笑)

オーラを感じさせる人の特徴といえば歩き方や喋り方はもちろんですが、積極的に動いたり、ずっしり自信のありそうな態度をしている人とかです。いや、ただ我儘野朗では意味ないんですけどね(爆)。でもオーラある人は街中にたくさんいました。ホストにもできそうな人、できなさそうな人がいたり、ビジネスマンは電車の中での座席への座り方からピリっと感じたりします。なんかそう見ているとたのしくなってきます。

まぁ~そんなこんなな体感をしながらも、お買い物で服を買ったり、メガネ買ったり、、新宿や下北沢を探索したりしました。特に服はじゃんじゃんお金ふっ飛ばしているようです(笑。そして!!なによりPSPを買ってやっちゃいました!!さすが技術大国日本!見事な画像、洗練された操作ボタン、そしてコンパクト!でかい、かたい、壊れやすいなアメリカと全然違います!かたいと壊れやすいがなぜ違うかというと、外見は固くて、中の精密機械がすぐ壊れるということです。ひとまず最初の東京生活は自分のために費やしました。今日から名古屋です。
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-06-02 06:58 | 僕について

日本帰国を明日に控え

1年半ぶり、待望の日本帰国。
これまでの沈黙を破り、日本で思う存分羽を伸ばし、思う存分休みまくる筆者の会心のバケーションストーリー!

と・・まぁ名付けてみたものの、ホントに日本に帰って休むだけなので取り入って話はないかも(笑)。今週はたまった12冊の新刊書籍紹介をひとまずやり続け、NYへ帰ってきたらまた書きまくらなければいけない(泣)。出発前日まで仕事が山のように積もっていき、さらに仕事を皆増やしてくれるので日本でのスケジュールは全然立っていません。

NYはなんか夏っぽくなってきました。暑いです。
せくしーな人が街中に出てきました。
ちょっとみんな冬の間に冬眠していた為に、ボリュームがありすぎてきついですね。
昨日もTV番組で「Jerry Springer」という、ほんとばっかな番組で、ボリュームある女性に向かって「せくすぃ~」とおっしゃっていて、夏ダナァって思った。(なぜ)

あと、最近バングラデシュの家族と一緒に食事に行っています。まぁバングラデシュ人というのはまた国際派な付き合いですが、彼らは家族を大切にするとても心暖かい人たちです。彼らとは僕がまだ英語を話せない時分に空港で知り合ってから2年以上付き合っており、彼らは日本人には最近忘れがちな、家族の団欒や親戚づきあいをとても大切にする、さざえさんのお手本のような人たちですね。もう彼らの子供達と「アディ・ガシャ!」とか「コンボル・ダグィ!」とか言っているだけで楽しい(意味不明)。もう言葉がわけわかんないほどにアボビボ言っているんですが、僕もアボビボいうとANDYは賢いと言われます。子供になった気分です(爆)。

そんな僕でも4歳の子供・サラに英語を教えていた時がありました。彼女はアメリカ生まれの2世なんですが、僕が英語と絵の描き方を教えると次の日にはなんとなくみみずのような形が生まれ、一週間もすれば文字や絵に近づいてきます。彼らの家にホームスティしていた時は、帰ってくるとすぐに「ANDYぃぃ!」という声が家のどこかから聞こえてきます。しかし、この知的好奇心は日本人が嫌いそうな「勉強」という概念を超えて、本当に心からもっと知りたいと思う興味なんです。この好奇心、私達は忘れていませんか?何かできるようになりたい、何かをしりたい、だからそのことを追求する。そこに苦労とか、不幸とかは存在せず、無心に没頭する。それは幸せを生み出す鍵かもしれません。僕は勉強を、ただ教えられるものとして捉える概念が好きじゃありませんので成績というものに拘らずに大学院の勉強をしているのもそのひとつ。

留学するにはTOFLEの点数が必要だし、自分が何できるかわからないし、行き方も分からないし・・ならば留学なんてしないほうがいいのかもしれませんね。そしてマニアックに追求しましょう。最近、少し引き篭もりの話題について相談された事が少しありましたが、ならばマニアックに追求できるものを作り出してあげればいいんじゃないか。生きる為にお金を稼ぐ、それは手段が先に来ているので目標がありません。目標の為に金銭的、精神的、肉体的苦労が伴うのは楽しいものなのでしょう。(かといっても苦しいけどね~~)

次は日本帰国してからにします。最近、理数系の親友と、理論系な僕が話した面白いストーリーがありますので♪
[PR]
# by aaandy0221 | 2006-05-29 05:10 | 僕について